| main |
手が付けられない土地
 常松2丁目に、比較的大きな尼崎市の土地があります。どれくらいの広さでしょうか?学校の運動場の3分の2程度でしょうか。昔は田だったような土地です。
 相談がありました。その土地(公園用地になっています)に通じる道がなく、入り口がありません。雑草が生え放題での湿地となっています。土地の周囲には大きな家やマンションが建っています。
 隣に住んでおられる方が、隣接地に埋まっている下水管が破損し、地面が亀裂が入っていました。シロアリに悩まされ、今は家を改築されていました。土地はもう50年以上前からそのままだそうです。「何回も市役所から見に来られているが、道がない八方塞がりの土地なので、結局はそのままの状態で放置されています。時々草刈りに来られますが・・・」とのことでした。歴代の市会議員に相談しているが、なかなか進まないとのことでした。
 どうしたらいいのか、50年間市当局を悩ましい続けています。私もどうやったら解決するのか、テストされているようなものですが。どうしたらいいのか、かいもく見当がつきません。
 相談者もあきらめているようです。「公園などにしてもらったらいいのですが、工事にも入ることができない」
 なんでこんな土地が、尼崎市のものになったのか、区画整備などされなかったのか聞いてみたいと思います。

masakiichiko | - | - | - |

本番さながらの、消防訓練
 尼崎市の消防訓練、初めて参加しました。消防団総がかりの訓練です。市長をはじめ、局長や市の幹部、OBなど、こんなにも大がかりだとは思いませんでした。プログラムが20もあります。消防車はもちろんのこと、パトカーや救急車、救助ヘリも出動していました。
 6行政区の消防団の方の、土のうを積んでいく競争もありました。
 土のう積み作業のコンテスト

 川に流された人の救助にヘリも登場(奥に方に見えます)

 バケツリレーで火災の消火活動

 薬品タンクの火災には、化学の泡を噴霧します

 10数台の消防車による、本番さながらの 消火活動

 NTTによる臨時電話の設置、水道局による水道管破裂時に補修と臨時水道の設置、がれきの処理にゴミ収集車など、様々な職種が一斉に、力を発揮してくれました。災害時の人命救助、勉強になりました。

 

masakiichiko | - | - | - |

ランチで祝勝会
 以前から、女性の同志が多い支部から「ランチを食べながら、話をしよう」と誘われていました。今日はその約束に日で楽しみにしていました。
 ランチがおいしい喫茶店で、女性8人と男性1人でハンバーグランチとビールで乾杯!!
 小池あきら参議院議員が「どこいっても祝勝会。こんなうれしいことはない」と言っていたように、集まれば祝勝会です。もう参議選が終わって1か月以上もたつのに・・・楽しいことはいいことです。
 選挙のことから、学校教育のこと、夫の愚痴や孫のはなし、出産の話までなんとにぎやかなことだったでしょうか。

 この支部は、不思議なことに女性ばかりが集まる支部なのです。黒一点の支部長さんがそんな女性たちを、あたたかく見守ってくれています。だからこの支部の女性たちは居心地が良くて仲良しです。
 支部長さんは「男性が入ってこないかな」と言っていますが、女性に中に違和感なく収まっています。そしてやんわりと仕切ってくれています。私は真のリーダーシップであると思います。

 選挙の時は、私と一緒によく歩いていただきました。ウグイス譲や電話かけも炊き出しも何でもしてくれる支部です。なんといっても地域とのかかわりを大事にしているのは、女性ならではのコミニケーションの発揮です。
 今日は、楽しい活動ができました。夕方、しんぶんの集金に、地域を回りました。2時間ほど回りますが、それがまた楽しいんです、自然と笑顔になれます。最近、9月議会の準備で行き詰っているので、気分転換になりました。

masakiichiko | - | - | - |

文教委員会の視察に行ってきました
 市役所の近くの、日新中学校に「学力向上クリエイト事業」と「チャレンジアフタースクール」の視察に行きました。クリエイトは中学3年生対象に、夏休み期間中高校受験のための勉強ししていました。中には2日しか休まずに通っている子もいました。志望校に合格できるように頑張っていました。
 チャレンジアフタースクールは、1・2・3年生が対象です。テスト前や学期末に年間50日程度、2時間ずつ勉強をします。大学生や先生が教えていました。ここでは夏休みの宿題をやったり、学期初めに行われる課題テストに向かって頑張っています。
 学力クリエイト事業

 次は、新築した2学期から子どもが入る「武庫東小学校」を一足先に見学しました。とっても素敵な学校でした。こんな学校で勉強できるのは幸せだと思いました。
  正門を入ったところ、モダンな建物です。

 屋上に太陽光パネルがあります。

 広い廊下と教室がオープンでした。開放的でした。

 コンピューター室です。

2クラスの特別支援教室もありました。全教室クーラーがあり、エレベーターもあり、バリアフリーになっています。
 
 ピロティといいます。子どもたちが自由に遊べるところです。
 これから、古い校舎を取り壊して、運動場にします。まだ子どもたちは校庭で遊べませんが、快適な勉強の環境を作ってもらってよかったね!
 ちなみに、私の孫が1年生と4年生で通っています。1年生の子が「2学期から廊下と教室がつながっている校舎に移るんや」と楽しみにしています。
 1歳の孫も、小学校になったら特別支援教室に通うことができるかな?
 

masakiichiko | - | - | - |

昨日の豪雨で大変な事態になっていました。
 昨日の激しい雨は、尼崎市にも大きな痛手で及ぼしました。
 最大で、本庁と園田地域が時間当たり70mmでした。大庄地域が40mmでした。尼崎の下水道が対応できるのは、時間当たり46.8个世修Δ任后昨日の雨は当然のことながら、下水道が対応できる雨量ではありませんでした。
 8月26日の13時時点で、床下浸水が57戸、床上浸水が7戸だったそうです。地下に駐車場があるマンションなどは、車が浸水しました。道路でもアンダーパスになっているところは浸水しました。
 私の住んでいる地域は、被害の声は聞きませんでしたが、私は地域を見て回りませんでした。反省しています。雨があがってからでも、街の状況を見に行くべきでした。
 今日の団会議で、改めて尼崎市の下水道事業について学習しました。ポンプ場や下水浄化処理場がある地域、下水道管の配備状況もを確認しました。
 新聞によると、西宮市は時間78.0个抜兮史上最多の猛烈な雨を記録しました。尼崎市も同じことが言えます。私はマンションで外を見る限りでは、そんなに深刻な状況だったという認識がありませんでした。もっと危機感を持って対応すべきだったと反省しています。

masakiichiko | - | - | - |

「生活保護問題議員研修会」に行ってきました  
 8月23日・24日と名古屋市中小企業振興会館吹上ホールで「生活保護問題議員研修会」に行ってきました。
 生活保護基準に引き下げ問題をどう考えるか?基準引き下げは、生活保護への影響だけではありません。市民税や所得税の非課税の所得金額、最低賃金決定、学校の就学援助の対象者、保育料、国民健康保険の減免、介護保険料、公営住宅の減免基準など、生活のあらぬる場面で影響してきます。
 行政による生活困窮者支援では、滋賀県野洲市の職員さんの話がとってもよかった。ワンストップ窓口で、例えば国保料滞納している市民の生活実態を丁寧に聞き、援助が必要な専門職員に救いを求めていきます。そのことによって生活再建を行ない、税金や国保料の滞納をなくしていく。市民の生活にとっても市税収にとっても効果をあげている事業の紹介でした。

  研修会の後、交流会にも参加をしました。

 2日目は、分科会でした。私は「刑務所からみた貧困とメンタルケア・DV被害者支援」に参加しました。犯罪の陰には貧困があります。高齢者が最後の社会福祉施設として軽犯罪を犯し刑務所に入る現実があるそうです。そこには貧困と孤独があるそうです。

 全体会の「生活保護と地方財政」の講義がおもしろいと思いました。若い大学に先生が、とっても興味深く生活保護の国負担と地方交付税の話、高い国保料や医療費によって生活保護費を特に医療扶助を大きく膨らませている話が、大変興味深く聞きました。
 最後に、尾藤廣喜弁護士による「真の生存権保障を確立するために」、研修会のまとめを講演されました。
 国民の権利である、生活保護基準は守らなくてはいけません。いやもっと引き上げるべきである。ヨーロッパ諸国に比べると、貧しい日本の社会保障制度です。外国並みに引き上げるべきとの話に、感動しました。
 勉強できて良かったと思いました。兵庫県からは、西宮市と加古川市の共産党議員さんの参加もありました。

 尼崎からは田村議員・徳田議員と私が参加しました。最後に記念写真を撮りました。

 名古屋市は、私にとっては初めて訪れた街でした。さすが大都会、高いビルがそびえたっていました。地下鉄が発達していました。私たちが泊まったホテルは繁華街にあり、人人でいっぱいでした。
 徳田議員が、地図を見ながら案内してくれ、迷子にならないように、一生懸命についていきました。 よい研修会に参加できて満足で帰ってきました。

masakiichiko | - | - | - |

「尼崎総合医療センター建設、より良い医療環境を求める要望書」を市長に提出
 H27年5月完成予定の、尼崎総合医療センターの建設に伴って、地域からの要求をまとめて、稲村市長に要望書を渡しました。

要望内容
1、新病院への交通アクセスを充実させるために、市バス路線を見直すこと。特に阪急園田駅、阪神武庫川駅から直通のバス路線を新設すること。
2、県道五号橋線とJR神戸線が交差する陸橋は、急勾配で高齢者、自転車、車いす利用者は通行が困難なので、緩やかな傾斜の陸橋または地下道、エレベーター設置など関係機関に求める。
3、「県立尼崎病院・塚口病院跡には医療・福祉施設等に誘致に努める」とある基本計画の完全実施を県当局に強く働きかけること。県立塚口病院跡地の師所有地部分については、尼崎医師会の構想を受け止めて、前向きに検討すること。

 を求めました。

 要望が終了し、議員団室で反省会を

 要望書

 市長室室長と保健企画課長さんが対応してくれました。誠実な対応で安心しました。

masakiichiko | - | - | - |

乳ガン検診を受けました
 毎年1回は、特定検診と同時に人間ドックを受けます。今年も尼崎医療生協病院に検診の予約を入れましたが、超満員で予約は2ヶ月先の10月に受けます。
 一足先に乳がん検診を、今日受けてきました。私の母親がもう10年前でしょうか?乳がんで手術を受けました。今もとっても元気です。そのために私も年に1回はマンモグラフィーを受けて検診を欠かさずにやっています。
 乳がん検診のパンフレット

 乳がん自己触診方法が載っています

 乳がんは、女性の中では一番多いガンです。乳がんで亡くなられる方も年間約1万人以上に達しています。女性の30〜60歳におけるガン死亡率の原因の第1位になっています。
 私は、今年も乳がんの兆候はありませんでした。また1年間安心して過ごせます。本格的な検診は10月です。
 2年前まで少し太り気味でした。そのために少し血圧が高めだったり、高脂血しょうでした。それが痩せてからは、数値がすべて正常になりました。体もよく動かすようになりました。走れるようになったと実感しています。
 健康な生活と体が一番ですね。でも、最近この暑さで、ビールがおいしい!
止めていた、ビールをまた飲み始めました。ビールを飲むと、おいしいけどそのあとが眠たくなり何も出来なくなるのが辛いです。もうスグ9月議会、ビールは止めて準備に取り掛からなくては・・・。

masakiichiko | - | - | - |

高齢者保健福祉専門分科会が開催されました
 私はこの1年間「高齢者保健福祉専門分科会」に出席します。その1回目の会がありました。
 市会議員は、新政会の寺坂議員、公明党の福島議員、私の3名です。一般市民の方や大学の教授、老人看護の講師に学者さん、医師会の医者さん、介護保険を利用されている家族さんなど20名ほどのメンバーです。

 今年のメインテーマは、介護保険がH27年年4月に制度変更があります(3年ごとの見直し)。現在は介護区分が「要支援1・2」「要介護1・2・3・4・5・」に分かれてそれぞれ介護を受けるための点数がちがいます。H18年に要支援1から要支援1・2ができ要介護1や2から要支援に区分変更された方も多くおられました。利用者さんの不満が噴出したのを覚えています。

 H27年の変更では、要支援の項目がなくなり、介護予防にひとまとまりなるようです。介護予防が介護保険内で施行されるのかはわかりませんが、市の政策で介護予防に取り組みになりそうです。
 高齢者が生き生きと暮らせるように、福祉や保健の分野を充実させなければなりません。介護保険は保険料が高くなり、介護内容は厳しくなる「保険料あって中身なし」の介護になっていきます。

 私は、この審議会に向けて発言しようと準備してきましたが、何か自分の発言が的外れのような気がして、あまり発言できませんでした。初めての審議会だったので、どんな会なのかあらかじめ職員に情報収集しておくべきだったと、思いました。話を聞くことができたのが当日の朝でした。大失敗です。
 高齢者の声を聞き、介護保険充実にいかしていきたいと思います。

 久しぶりの(お盆休みでした)議員団会議でした。この間の学習会や盆踊り、灯ろう流しなどの行事参加な報告をしました。いよいよ9月議会に向けた具体的な準備に取り掛かります。9月議会は新体制になって、初めての本格的な議会になります。みんな戸惑いながらもはりきっています。
 私は、9月議会では、4年に1度の「決算委員会」に臨みます。新人の川崎議員と一緒に頑張って学習し、臨みたいと思います。先輩としてリードしなければと思いつつ、リードされるんやろな・・・。
 一般質問もあるし、忙しくなりそうです。また目いっぱいになって泣きそうになるんやろな。

masakiichiko | - | - | - |

孫の子守
 今日は、娘が小学生2人の子どもの工作つくりに、六甲山に行きました。そのために一番下の子を預かりました。
 子どもの面倒を見ながら、明日「高齢者保健福祉専門分科会」の準備をしました。資料を見ながら、尼崎市の高齢者福祉の状況や介護保険の利用状況を勉強しました。「要支援」がH18年から「要支援1・2」と2段階になりました。そのためにそれまで「要介護1」だった人が「要支援2」に区分変更になっています。介護サービスが削減されたのではないかと思いました。
 介護保険料は毎年高くなっているのに、介護認定が下げられこれまで受けていたサービスが受けれなくなってきている人が増えていることを示しているのでしょうか。
 高齢者ができる能力があるのに、過度にサービスをする必要はありませんが、その人らしく生きるためのサービスの質は保たなければなりません。
 介護保険についてもっと学習しなければと思います。

 夕方にスーパーに買い物に行くと、入り口のところで「あっ、いちこさん」と呼び止められました。素の顔をしていたら「いちこさん、笑っとかないと。笑顔のいちこさんじゃないとあかんやん」と言われました。思わず苦笑いしてしまいました。なにもないのに笑っているほうが怪しいと思うのですが。やはり私は笑顔が一番似合っているようです。そばでやり取りを聞いていた、知らない人が「そうや、そうや」とうなずいていました。私は知らなくても、相手さんは私のこと知っていることを、肝に銘じて行動します。

masakiichiko | - | - | - |

「ひまわり」という映画知っていますか?
 午前中、「ひまわり」の映画を見ました。1959年6月30日、突然、米軍のジェット機が沖縄の宮ノ森小学校に墜落しました。ひまわりを愛する少年の夢も、少女の未来も、一瞬のうちに奪われてしまいました。生き残った少年は、一緒に遊んでいた幼馴染、一緒に机を並べていた初恋に少女をうばわれ、50数年たった今も、アメリカの基地を恨み、助けられなかった自分をくやみ続けて苦しんでいました。
 実際に起こった事件をもとに今の日本を問う、基地と人間の壮大な物語でした。現在の若者が、そんな大人の思いをさらけ出させることで、沖縄に日本にアメリカの基地はいらないと表現する映画でした。
 実際にあった事実に基づいた映画であって、常にジェット機の爆音と墜落に危険性が隣り合わせの沖縄の現実を考えさせられました。またそれが日常の県民の暮らし、基地で働き生計を立てている人々の現実を突きつけられました。

 阪神尼の戎神社

 戎神社の境内にこんなポスターが・・・ありました。

 2時間時間があったので、三和商店街と戎神社をあるきました。神社に上記のポスターがありびっくりしました。神社に国旗を掲げる由縁などあるのでしょうか?ちょっと引いてしまいました。日の丸を掲げるなどは個人の自由ではないのでしょうか?掲げない自由もあると思います。

 午後2時から。「生活保護引き下げに異議あり」の学習会がありました。
 久しぶりの早川節、健在でした。

 早川元市会議員は、今生健会の事務局長代行をしておられます。とってもわかりやすく、生活保護基準の引き下げは、憲法の基本的人権に反することを解説していただきました。不服審査請求で、生活保護基準の引き下げに抗議しましょう。人間らし暮らしを守るための福祉の低下は絶対に許してはなりません。
 会場からも活発な意見交換があり、とっても励まされる学習会でした。

masakiichiko | - | - | - |

平和祈願武庫川灯ろう流し
 毎年8月16日は、武庫川で行われる灯ろう流しに参加しています。
 いつも世話人として頑張ってくれている、辻議員が今日は、特別な急用ができて参加ができませんでした。私は、毎年灯ろう流しの夕べを被爆者の家族さんとともに過ごしたいと参加をしています。今日は小学4年・1年の孫とともに参加させてもらいました。

 厳粛な祈りをささげました

 川に灯ろうを流しました

 尼崎市議団は私一人でしたが、西ノ宮市から佐藤議員と杉山議員が参加していました。庄本えつ子さん、元市議の義村たまみさんも参加していました。
 私は孫たちと、この平和がずっと続きますようにと願いながら、灯ろうを流しました。

 孫たちを連れていくのが大変でした。武庫川河川敷を甲武橋から阪神武庫川駅まで自転車で行きました。子どもたちも自転車で、帰りは真っ暗の中自転車を走らせました。途中で1年生の孫が疲れてきました。自転車を途中でおいて、私の自転車の荷台にのせて走りました。
 暗い中子どもたちを励ましながら、安全に注意しながら走りました。途中なんかあったらどうしようという不安の中、何とか無事に帰り着くことができました。やはり夜は無理な計画を立てるのは、無謀なことと思いました。
 子どもたちもかなり疲れたと思います。

 今年に灯ろう流しは、多くの方々と共に、平和祈願をできたことをうれしく思います。

 さてさて、お盆休みの終わりです。これからは9月議会の準備が待っています。

masakiichiko | - | - | - |

今日は、終戦記念日
 12時頃にテレビをつけたら「戦没者追悼式」が行われていました。今日は終戦記念日です。
 特攻隊として志願して、終戦があと2・3日遅かったら、人間魚雷で自ら相手の戦艦に飛び込み自爆していたであろう方々が、生きて帰れるとは夢にも思わなかったと語っておられました。15・16歳の子どもにそこまで覚悟をさせる、戦争ってむごい、愚かな出来事だと思います。あの戦争の最後の生き残りとして「戦争はしたらあかん」といまでも戦争の傷跡を背負って生きてこられました。
 お昼の12時ちょうどに、黙とうを捧げました。甲子園でも高校野球の試合を一時中止して黙とうを捧げていました。
 ブログを考えながら書いているうちに、眠ってしまいました。日づけが代わってしまいました。

masakiichiko | - | - | - |

心に残った、しんぶん赤旗の記事
 私が心に残った、しんぶん赤旗日曜版(7月21日付)の記事を紹介します。女優の奈良岡朋子さん(83歳)の話です。
15歳の時、一晩で10万人が焼き殺された東京大空襲にあいました。翌日の東京は、「昨日まで生きていた人がみんな死んで転がっている。電柱に死体がぶら下がっている。高台から見ると焼野原。涙も出なかった」と。70歳までは、戦争の体験はほとんど語りませんでした。話せば生々しい場面がいやおうなしに浮かぶからです。しかし「人生の幕をそろそろ降ろさなきゃと考えた時に、戦争を知らない人たちに伝えなければと思うようになりました。戦争は嫌だ。二度と起こしてはならない。年寄りがなにをほざくか、と言われるかもしれません。でも黙っていては、生き残された意味がないと思うんです」と語っています。
 戦前、奈良岡さんの叔父は、国鉄労働者で日本共産党員でした。特高警察に逮捕され、拷問をうけました。乳飲み子を抱いた叔母と駆けつけた時には死の間際でした。
「まじめで勉強家な人でした。あの時代、自由を求め、非業の死を遂げた人が大勢いたと思う。戦争はしない。戦力はすべて放棄する。その一文だけでも、日本の憲法は大変に価値のある憲法です」と語っておられます。
 私は、この文章を読んだとき、あの小林多喜二を思い、そして父のことを思いました。父は若い時、八幡製鉄でレッドパージにあいました。父が10年早く生まれていたなら、奈良岡さんの叔父さんと同じように逮捕、拷問を受けていたかもしれない、私はこれまで、歴史上の出来事だとしか思っていなかったのではないか、と。
 
 若いみなさん、あなたは戦場に行きますか?女性のみなさん、あなたは恋人を、夫を、息子たちを、海外の戦場に送りますか?それがいやだと拒否したら、軍法会議にかけられて死刑もしくは懲役300年となる日本を望みますか?
戦争できる国なんて真っ平御免です。先輩たちが命を懸けてつくった憲法9条を絶対に守り抜きましょう。

 今日、映画「少年H」を見に行きました。私の父はHより3つ年上でした。父は終戦間際に戦争に行きました。そしてシベリアで捕虜になりました。Hの姿が父の時代と重なり、涙が止まりませんでした。映画に出てきた、特高警察に捕まった共産党員の若い青年は、生きて帰れなかったのでしょうね。多喜二の小説で読んだ拷問とが重なり、感情移入して見てしまいました。
 8月は、先の戦争の愚かさを考え、二度と同じ過ちを繰り返してはいけないと心に刻み込む時です。

masakiichiko | - | - | - |

水族館で遊んできました
 今日は、お盆休みです。
 この夏休み、初めての孫たちと一緒に遊びに行きました。外は暑いしどこがいいかな?と考えた時、やはり水族館しか思いつきません。須磨の水族館に行きました。娘と孫4人、私と6人で出発しました。魚たちが涼しそうに泳いでいました。しかし、魚を見るどころか、着いたらすぐに「おなかすいた、何か食べたーい」とせがまれ、すぐに昼食にしました。
 野外での昼食は暑かったです。子どもたちはすごい食欲でした。

 カメに餌をやりました

 カメって、近くで見たら怖い顔をしています。

 やはりクーラーのきいた、館内がいいですね。

 イルカショーは超満員でした。大人気です。

 お盆とあって、子ども連れの家族でいっぱいでした。冷たいものを売っている売店は長蛇の列でした。
 外には、ミストで熱中症予防のオアシスがありました。気持ちよさは最高でした。
 イルカが観客に向かって、水しぶきをかけるんです。前列の観客はびしょ濡れでした。とっても楽しいイルカショーでした。子どもたちも大喜びでした。

 夕食も一緒に食べて、風呂に入って、今日はうちに上2人が、お泊りしています。子どもはかわいいけど疲れますね。

masakiichiko | - | - | - |

支持者訪問しました
 今日も暑かったのですが、支持者のお宅へ訪問しました。
参議院選挙でお世話になった、地域訪問をして選挙での躍進を喜んでいただきました。
 以前にお世話になっていたお宅に訪問すると、ご主人が対応していただきましたが、奥さんが亡くなっておられ、驚きました。そんなにご高齢でもなかったのに、このお盆が初盆だそうです。ご主人は一人暮らしで寂しそうでした。「困ったことがあったらお電話ください」と名刺を置いてきました。

 訪問の後は、事務所に帰ってクーラーで涼みながら「日本共産党91周年記念講演」のDVDを見ました。参議院選挙で当選した8人の国会議員の決意表明を聞きました。力強くて輝いている、旬の方々の話は本当に心地よいものです。私も元気と勇気をもらいました。今日の「しんぶん赤旗」にも掲載されていたのに、8人の国会議員の話を3回も繰り返し聞きました。もう覚えてしまいそうです。

 今回の日本共産党の躍進で、志位委員長のうれしそうな顔を見ながら、記念講演を聞きながら、本当に「演歌歌手の大川栄策にそっくりだ」と思いました。

masakiichiko | - | - | - |

議員団総会
 今日は、議員団の総会が行われました。朝9時30分〜夜8時30分まで、みっちり充実した総会でした。
 「地方議員の活動の手引き」と「新人議員、これだけは知っておきたい」を全文読み合わせ、討議しました。
 3人の新人議員を迎えての学習会で、地方議員の役割と地方議会のしくみをみっちりと勉強しました。初心にかえり、そして4年間の経験を活かして市民の願いを、9月議会でしっかりと届けられるように、準備に取りかかりたいと思います。
 議員団の役割分担も決めました。新しい議員団は市民運動を経験してきた、運動のリーダーです。私も、自律した人間をめざしてもっともっと頑張っていかなければと、改めて気持ちを引き締めた一日でした。

masakiichiko | - | - | - |

「中学校給食実現してほしい」市民の声
 昨日、支持者のお宅へあいさつに訪問しました。
 「孫が小学3年生、中学校になった時に中学校給食をぜひ実現してほしい。子どもたちの中には、お昼ご飯をパンで済ましたり、コンビニ弁当で済ます子供たちがいるのが心が痛い。給食ならみんなが栄養ある食事を安心して食べることができる。尼崎でも絶対に給食を行なってほしい」との声をお聞きしました。
 「真崎さんは、中学校給食を実現したい!ということ話されていましたよね。私もおなじ思いです」と言っていただきました。

 私たちの年代は、子どもたちに中学校からお弁当を作って、学校に送り出していました。でも私も働いていたし、夜勤があったのでそんな時はお金を持たせたりしました。夜勤明けに弁当を作って、学校に届けたこともありました。そんな弁当作りに頑張ってきた年代です。
 そんな中、毎日の弁当の栄養バランスまで考えて作る余裕がないというのが現実でした。ただただ、子どもがお昼ご飯時にみんなと一緒に弁当を食べてくれたらいい、という思いだったと思います。
 このご婦人も、自分の体験を通して、孫には栄養ある食事を保障してあげたい。みんなと同じ給食を食べれたらいいという願いが伝わってきました。
 市民の願いにこたえるために、これからしっかりと取り組んでいきます。

 
 もう一人の方は、子どもさんがアルバイトしながら、お笑いタレントを目指しているとのことでした。下のお子さんは、就職活動をしている、正社員として仕事についてほしいとのことでした。私もこのお母さんに想い、痛いほどわかります。うちの息子もまじめに働いていますが、アルバイトです。

 今の派遣法は3年したら正社員にするという規定があります。しかし法律が変わると、一生派遣社員はずっと派遣のままです。若者を使い捨てにし、ボロボロになるまで働かせ、心に病気になったら解雇するなどのブラック企業を規制する政治が必要です。日本共産党は、「ブラック企業、雇用問題対策チーム」を作りました。山下よしき、小池あきら参議院議員が中心となって、雇用対策に攻勢的に取り組んでいきます。大いに期待したいと思います。
 

masakiichiko | - | - | - |

危うく、熱中症に!
 今日も炎天下、最高の暑さでした。こんな日に無謀にも「いちこ通信」のビラまきをしました。早く配布してしまいたい、という気持ちがあったんです。
 pm1時から3時まで、750枚を配布しました。途中で体がだるく、吐き気がしてきました。手が震える感じがありました。それでも「もう少しで終わるから・・」という気持ちがあり、我慢して配りました。あいにくお金をもっていなくてお茶も買うことができず「もうすぐ終わる」そのことばかりを思って配りました。
 しんどいと思った時に途中でも終わったらいいのは分かっているのに、もう少しと思ってしまう。本当に危険です。
 やっとの思いで事務所に帰り、クーラーとアイスノンで体を冷やし、水分補給をしました。不思議と喉は乾いたという感じがありませんでした。30分もしたらしんどさが緩和されました。暑いときの我慢はしたらいけません!そして、自分の体を過信したらいけません!
 こんなに暑いときに、「ビラを配ってほしい」仲間に頼むことは無茶だと、自分の体験を通して思いました。ビラ配布は早朝や夜に限ります。日中は避けたほうがいいですよ。決して無理しないように・・・。

masakiichiko | - | - | - |

あわただしい一日でした。
 研修から帰って来て、今日こそ「いちこ通信」を配ろうと心に決めていました。
 朝一番に生活相談が入りました。借金の相談です。「あすひらく会」に相談。午後から事務所に行って相談しましょうと約束をしました。
 さあービラ配ろうと思っていたら、事務所に飛び込みの相談がありました。1時間ほど話を聞き、時計を見ると12時です。
 昼からは、議員団に行って「共産党議員団のニュース」つくり、明日までになんとか仕上げなければと・・・なかなかうまくできず、少しイライラ・・。
 2時半から、あすひらく会で相談にご一緒しました。何とかうまく解決できそうでよかった!とホッとしました。
 それから、また議員団室に帰り、またニュース作り、何とか出来上がりのめどがついた時には、すでに6時を回っていました。
 武庫之荘の事務所に帰り、写真とカットをUSBに撮り、やっと家に帰り着いたのが8時前でした。
 今日の目標であった、ビラ配りが出来ずじまいの一日でした。トホホ・・・です。明日こそ早く帰って来て、配ることにします。あわただしい毎日です。でもニュースのめどがついてよかった。私は今回のニュースつくりの編集長です。

masakiichiko | - | - | - |

「自治体学校in新潟」に参加してきました。
 私にとって、新潟県は初めて訪れた街でした。
朱鷺メッセで開かれた自治体学校は、すぐそばを広大な信濃川が流れていました。水と緑の都の静かな街でした。

 初日に議員団6人で記念写真

 初日は一橋大学名誉教授の渡辺治先生の記念講演でした

 渡辺先生の話は、「参院選の結果と安倍政権」でした。1、参院選の結果は何を示すか。  2、参院選後の「アベノミクス」の強行でくらし、社会保障はどうなる? 3、参院選、安倍政権の改憲、軍事同盟強化の新戦略  4、構造改革・改憲を阻み福祉を実現する国民運動を。 自民党政権に立ち向かうのは草の根で保守と共同して構造改革に終止符をうつ、広範な国民運動を発展させる。
 これからの時代は、日本共産党の政策を実行することで、日本の展望を示すことです。

 2日目の分科会では、尾林芳匡弁護士の「公務公共サービスの質を考える」に参加しました。
 1、公共施設の指定管理者制度、2、PFI法、3、地方独立法人、交付金削減 4、市場化テスト、などの問題。公務公共サービスの質の擁護の運動と官製ワーキングプアの根絶の運動との合流が重要だという話を熱く語って頂きました。

 信濃川をバックに記念写真

 研修が終わって、美味しい昼食です。

 共産党尼崎市議団は、6人で参加しました。とっても中身の充実した研修会でした。2日目はナイター学習会にも参加しました。その後は、みんなで食事をしながら親睦を深めました。
 新潟空港から伊丹空港までの1時間は、乱気流で飛行機が揺れて、とっても怖かったです。無事帰って来てホッとしています。

masakiichiko | - | - | - |

ブログに収めたい1枚
 今日の赤旗しんぶんの一面です。

 躍進議員団、国会へ!

 8人の参議院議員の輝くばかりの表情が、力強さを感じます。これからが本当の自共対決です。
 国民の願いを抱えて臨時国会が始まりました。
 「共産党が多少増えても、政治は変わらないと考えるのは、大きな間違いだ。共産党の10議席は民主党や第3極など、政権と戦わない野党の数十議席とは、破壊力が違う」(7月12日週刊ポスト)
 共産党が伸びれば、政治がよくなります。私たち地方議員も一緒に政治を変えていきます。

masakiichiko | - | - | - |

「いちこ通信」が出来上がりました
 市議選、参議選が終わって、いちこ通信が出来上がりました。
 この暑いのに地域に配ってもらう、仲間の人たちには、本当に申し訳なく思いますが、良いニュースができたので、気持ちよく配っていただきたいと思います。
 1面と4面

 2面3面です

 カットが素晴らしく、いつも好評です。市議選では、「いちこ通信楽しく見ていますよ」という言葉を頂きました。
 これからも多くに方に、楽しく読んで頂けるニュースを目指して作っていきます。

 明日から、新潟県に「自治体学校」に行ってきます。ブログは3日間お休みします。しっかりお勉強して帰ってきます。

masakiichiko | - | - | - |

議員団の歓送迎会でした。
 4年に一度の、議員団の歓送迎会です。
 送られるのは、議員生活20年の早川進さん、16年の広瀬早苗さん、12年の義村たまみさんです。お疲れさまでした。(写真を撮らなかったので残念です)
 歓迎されるのは、新人議員の徳田みのる議員、川崎としみ議員、松沢千鶴議員です。これからよろしくお願いします。
 
 私は二期目の議員として、幹事を務めました。準備では少し大変なこともありましたが、みなさんの協力で無事務めをを果たしました。みんな言いたい放題で楽しいひと時でした。 少し飲み過ぎた感もありましたが・・・楽しいお酒はいいですね・








masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2013 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER