| main |
友達からの励まし、動きたーい!
 お見舞いの花束 とってもきれいです。

 友達が病気を心配して、お見舞いに来てくれました。励ましの花束を頂きました。いつも励まされています。心配させてごめんね!
 最近は体調がよくなって、安静が苦痛で動きたくて動きたくて、いらつきます。早く疲れるほど動き回りたい。体が動くことを要求しているようです。来週に病院に行って血液検査して結果が良かったら、全快です。
 ビールを飲むのをやめたせいか、少し痩せました。ちょっとダイエットを兼ねてこの際ビールを飲むのはやめようと思っています。どれだけ続くかは???ですが。
 実は2ヶ月前から田舎(熊本の天草)に帰る予定を立てていました。でも体調を悪くしたので帰るのをキャンセルしました。田舎の母親に心配かけたらいけないし、体力に自信がなく悪化したら大変だからです。また元気になったら帰る計画を立てたいと思っています。
 母はとっても元気そうです。帰る日を待っててね。

masakiichiko | - | - | - |

ウイルス侵入、自宅療養中です
 10日前から高熱が続き、体調を崩していました。長引いているので病院に行ました。白血球が低下していて正常値は4000〜8000のところ2400しかなくて、医師があわてて大きな病院に紹介状を書いてくれました。ウイルス感染か白血病も疑うとのことでした。
 兵庫医大に受診すると、あっさり白血病は否定されましたが、白血球が1500まで低下していました。ウイルス感染は薬は利きません。自分の免疫と体力で戦うしかありません。しばらくしんどい日々が続きました。内心「薬もないし、白血球が低下していてウイルスと戦う免疫力もないな、後は体力だけか・・」思いつつ寝ていました。
 昨日、病院に再診すると白血球は3000に増えていました。安心する間もなく「肝臓機能が低下しています。後1週間は安静に」と言われました。肝臓機能の数値が150まであがっていました。正常値は30以下です。自覚症状はよくなっているのでウイルス感染は回復に向かっています。肝臓がウイルスによって打撃を受けたようです。
 今、薬を飲みながら自宅療養しています。気力も病んでしまいそうです。それにしても大きな病気でなく良かったと、ホッとしているところです。もう少し家でダラダラします。病院の先生が「肝臓はダラダラが一番の治療なんですよ」と教えていただきました。大好きなビールもお預けです。

masakiichiko | - | - | - |

大変貴重な体験をして、帰ってきました。


 いわき市の港のあちこちに原発の怒りの表明が・・・

 木造の仮設住宅 いい感じでした。

 元気なひまわりの花が咲いていました。

 ボランティアスタイル(当日は雨)

 いわき市の高台のニュータウンの広大な公園に、仮設住宅が元の集落ごとに400戸建っていました。周りには知り合いが多く孤独という感じはありませんでした。
 5人で2組に分かれて、支援物資を配りながら、困っていることや今の思いをお聞きしながら回りました。一件に20分くらいの時間をかけながら丁寧に話を聞きました。困っていることを県や自治体に届け、改善されたらいいなという思いからです。
 物資はお米やタオル、洗剤、食用油など生活必需品を届けました。皆さんに大変喜ばれました。
 農業を営んでおられた方は、成長した稲穂を見たら「今年のお米は出来が良かったのに、原発さえなかったら農業を続けられたのに悔しい」と涙を流しながら話されました。「東電から送られてきた賠償の書類は難しく必要書類が多く、わしらでは書くことが出来ない」と分厚い書類を見せてくれました。
 「広い家でのびのびと暮らしていたのに、家族がばらばらに暮らし、狭い仮説では圧迫感と窮屈で大変だ」「ここで死ぬのはいやだ、家に帰って死にたい」「着の身着のまま家を出てきた、すぐに帰れると思ってなにも持ってこなかった。こんなことになるとは・・」「5分10分後に、家を出ると車に乗らされた、エプロンとスリッパ姿で避難所に連れて行かれた」などあちこちの避難所を転々としてやっと仮設に落ち着いたとのことでした。つらかった思いを話されました。
 高齢者は風呂の湯舟が高くて深い、「30分風呂の中でおぼれそうになりやっとの思いで風呂から出た。このまま死ぬかと思った。手すりをつけてと頼んでいるがすぐには出来ないといわれた。それからシャワーしか使っていない」と足の悪いお年よりは、シャワーしか使っていないという人多くいました。木造の仮設住宅はロフトがあって、一見おしゃれな建物です。でも2階の物置に上がるのに急なはしごを使わなければなりません。足に悪いお年よりは怖くて昇れないといっていました。それに畳がなく板張りにカーペットをひいて布団で寝ておられます。硬くて体が痛いそうです。これからの季節は底冷えが心配です。木造なので夏はダニなどが多かったそうです。いろいろな問題も抱えています。
 そのほか、ポストが雨ざらしで郵便物が濡れる。ひさしが短く洗濯物が濡れるなどの不都合なこともお聞きしました。買い物や病院に行くのに、交通の便が悪い、子どもさんが仕事の休みのときに買い物に連れて行ってもらうなどいろいろな話をしてもらいました。
 とりわけ東電に対しては、「東電は安全だとしか言わなかった。危険性に問題は一度も聞いたことなかった。原発があったために、私ら家が残っているのに、田んぼがあるのに家に帰れない、財産をすべてなくした」と怒りをあらわにされていました。もう原発は要らないがすべての避難者の声です。
 ある東電に20年間勤めていた方は、「国が示す基準は、私らが危険とされていた基準であり安全基準は信用できない。放射能が怖くて仕事を辞めた。子どもの内部被爆は20年30年後にどんな形で出てくるのは分からない、甲状腺だけでなく内臓被爆の検査を今やっておかないと、症状が出たときに放射能によるものとの断定が出来なくなる」との危機感を話していました。
 訪問は時間がかかり2日間回ったけど多くは回ることが出来ませんでした。皆さんから聞いた貴重な問題点や意見は、国や自治体を通じて改善していきたいと思います。
 配りきれなかった物資は、最後はバザーですべて人々に手に渡すことが出来ました。喜んでもらえて本当にうれしかったです。
 私は、2日目に高熱を出してしまいました。解熱剤を飲んで熱のコントロールしながらの参加でした。でも避難している皆さんの話を聞いていると、体調が悪いのも忘れてしまいました。でも帰ってきた夜に、また高熱でうなされました。体調管理もボランティアには大切なことだと反省しています。
 行きは東名高速が工事でかなり渋滞したので、帰りは新潟方面から帰ってきました。渋滞もなくスムースに帰ることが出来ました。それでも12時間かかりました。東北は遠いです。長くて短い5日間でした。

masakiichiko | - | - | - |

被災地の視察
 福島県いわき市のボランティアの合間に、被災地の視察に行きました。海岸付近の津波が押し寄せた場所です。7ヶ月たっても手付かずのところがおおくありました。
 焼きだされた車の残骸

 当時のままの家屋

 倒壊した家の壁にペイントされて残されていました、いずれは壊されるのでしょうが、元気をもらいました。

 湊の陸に壊れた船が山積みでした

 海岸の防波堤に、鎮魂の祈りがなされていました。

 廃墟となっている港の漁港に、横断幕に「福島の豊かな海を返せ、原発の早期収束を。祈り」と書かれてありました。住民の怒りとねがいを感じました。
 今日は、仮設住宅に暮らす方々に救援物資を届け、聞き取り調査を行ないました。

masakiichiko | - | - | - |

福島県いわき市に震災ボランティアにきました。
 やはり東北は遠い!
 13日の朝8時に神戸を出発して、夜の9時ごろに到着予定でしたが、東名高速道路が工事中で、大変な渋滞に巻き込まれてました。到着したのが夜中の11時30分でした。
 途中の浜名湖で昼食

 神戸から東京までが、長いこと!運転してくれた辻議員と県の共産党のTさんにはご苦労をかけました。途中何回かサービスエリアで休憩を取りながらやっと東名高速を抜けました。たくさんの話をしながら楽しい道中でした。首都高速に入ってからは、割とスムーズに高速は流れていました。まるいお月様がきれいでした。

 前の車がネコバスに見えて、写真をパチリ!

 深夜に到着し、私はご当地に世話役さんの家に泊まらせていただきました。明日からボランティアにがんばります。
 明日は、救援物資の仕分けと津波被害の視察に行く予定です。

masakiichiko | - | - | - |

市民まつりとお月見会
 ゲームを楽しむ子ども達

 お姉ちゃんがんばれ!

 9日には市民まつりがありました。人、人・・でいっぱいでした。
ボーイスカウトがゲームラリーをしていました。10種くらいのゲームでスタンプを押してもらいます。多くの子ども達が夢中で遊んでいます。
 私は娘と孫達と一緒に行きました。土ぼこりにまみれながら大いに体を動かし遊びました。
 一日だけのおまつりで、天気もよく大盛況でした。中央舞台のイベントは見る間がなくて残念でした。子どもを連れて行くと疲れますが、結構楽しめます。

 夕方から支部のお月み会でした。歌あり、踊りあり、三味線の先生が演奏していただき会を盛り上げてくれました。
 手作りのおでんとおすしとビールあり、楽しいひとときでした。準備が大変だったと思います。ご苦労さんでした。29人の参加でワイワイガヤガヤ、月を見る間もなく夜が更けていきました。
 炭坑節の振り付けって、どんな歌にも合うんですね。誰でもが知っている振り付けで、踊りへと引っ張ってくれる〇〇さんはすごい人です。
三味線と見事な歌声に聞きほれてしまいました。いろいろな人を巻き込んで毎年恒例に行なっている地域の支部です。
 楽しいひとときをありがとうございました。また来年も楽しみにしています。

masakiichiko | - | - | - |

今も苦手な、街頭演説
 週に一回阪急武庫之荘駅前で、早朝宣伝をしていますが、なかなか上手に言えません。前日から何を話そうかと思案をします。台本を作らないと安心して眠れません。やっぱし週に1回じゃ足りないのでしょう。うまくなるまでは週に複数回は練習を繰り返さなければ・・・
 昨日は、「県立病院の充実と地域医療を守る会」の署名行動がありました。私も参加させていただきました。たくさんの人(15人くらい)と一緒に行動しました。塚口病院跡地には医療機関を用地すること。新病院は防災の拠点病院にすること。などを要求する署名です。
 最初に行ったら議員は松村議員と私だけだったので、「もしかしたらしゃべらなくてはならないのかな」と思いながら署名していたら、広瀬議員やよしむら議員が来られたのでちょっとホッとしました。結局「私に街頭演説をさせないで・・」と断りました。
 2時間の行動で疲れたので、20分前にそーっと帰ろうとかばんを取りに行ったら、先輩議員に見つかってしまい「もう少しだから最後までいなさい」と言われ、「ハッ、ハイ」と最後までがんばりました。先輩に言われて早めに帰れなかった自分が滑稽で笑ってしまいます。
 それにしても議員になって3年目です。いいかげん演説をうまくならなければいけません。1人だけでも街中に出て演説をやらなければと思いながらも行動が伴わない私です。

masakiichiko | - | - | - |

県立西武庫公園の存続について
 「県立西武庫公園の存続を守る会」は公園の存続を願って、今年1月から短期間で3万筆の署名を集め県議会に届けました。しかし、県議会で公園を廃止または市に移譲する案は「第2次新行革プラン」の中で可決されました。
 「守る会」は公園の行方を見守る中で、8月中に県と市に経過説明の申し入れに行きました。県は尼崎市が移譲を受ける方向で検討中。交通教育については学校などで行なっているので「交通公園の機能」は廃止する方向で、施設の改修については市と協議を行なっているとのことでした。
 9月議会の一般質問で私は、^楙を受けることは決定しているのか?公園のあり方については利用している市民の声を聞くような機会を設けてほしい。と質問しました。都市整備局は「広く親しまれている施設である事から、尼崎市としても引き続き都市公園として存続する必要がある。県としてはH23年度をめどに県立公園としては廃止していくという意向を変えないことから、市への移譲を前提に老朽施設の改修や維持管理費などの財政負担や移譲時期などについて、県と協議中である」また「県は今後、地域のみなさんに説明会を開く予定であること、市としても地域に説明を行い、意見を聞いていきたいと考えている」との答弁でした。
 私は県が言う地域への説明というのが、地域の代表者への説明のとどまるのではという懸念がぬぐいきれません。
 「守る会」としては引き続き県と市に対して、地域住民に説明会を開催するように求めていきます。
 

masakiichiko | - | - | - |

今日は心の洗濯日、日当たり良好!
 先週は、決算委員会が終わって、息つく間もなく経済環境市民委員会があり、私にとっては本当に大変な1週間でした。同日にあった文教委員会では、「公立幼稚園統廃合」「県立高校学区拡大」の審議がなされていました。私が一般質問で掲げた問題の審議なので、経済環境市民委員会が終了後に文教委員会の傍聴をしました。熱心な審議がおこなわれていました。文教委員の田村議員が一歩も引かない姿勢で臨んでいました。幼稚園の保護者の方や学校の先生の傍聴も多く、活気ある委員会でした。
 10月1日(土)は、高遠菜穂子さんの講演会を聞きに行きました。イラクやその周辺の国へ人道支援に行って、内戦が続く現状を訴えられました。多くの一般市民が犠牲になった戦争の残酷さを身をもって体験された話には説得力がありました。イラクの人たちが高遠さんに問うそうです。「憲法9条をもつ日本が、なぜ戦争の支援をするんだ」と。日本の政府の姿勢が問われています。
 2日は、一日会議でした。昼休みに「新婦人フェスタ」を広瀬議員と行きました。短時間でしたがバザーあり、多彩な出し物ありで楽しそうでした。ずーと見ていたかったけど、後ろ髪引かれながら午後からの会議に帰りました。
 今日は、何もない一日です。議会では健福委員会と建設委員会が行なわれていますが、私は一日家で過ごします。昨日本を買ってきました。
 母の語る、小林多喜二

 本を読んだり、買い物もしたいし、テレビのサスペンスも見たい・・・心を洗います。家の掃除はしたくないけど時々はやらないと。あっという間の一日になりそうです。
 

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2011 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER