| main |
子ども・子育て新システムの学習しました。
 28日に「どうなるの?幼稚園・保育所」子ども・子育て新システムって何?
鹿児島大学の伊藤周平先生の学習会がありました。
 政府が進めようとしている新たな保育制度案です。すべての子どもに切れ目のないサービスを保障するとしていますが、そこには2つの重大な問題があります。
1つは、それぞれの理念のもとで実践を積み重ねてきた幼稚園や保育所を、目的や方向性を示さず唐突に一体化しようとしていることであり、もう1つは、児童福祉制度として機能してきた現行保育制度の解体です。

 新システムは第1に児童福祉法24条に基づく保育の実施義務がなくなり、市町村は保育が必要であるかどうかを認定するだけになります。市町村は保育所入所に責任を持たず、保護者は保育所を自力で探し、直接契約をしなければなりません。

 第2に国が定める最低基準がなくなり、保育の地域格差がいっそう広がるだけでなく子どもの命、安全が危険にさらされます。

 第3に保育料は保護者の所得にかかわらず利用すればするほど負担が増える仕組になります。お金がなければ必要な保育が受けれなくなってしまいます。

 第4に保護者の就労時間などを基準にした認定になるので、保育所の利用時間がばらばらになり、集団での生活や遊びが困難になります。

 第5にこのシステムでは保育所の経営が不安定になり、保育者のパート・非正規化など労働条件の悪化も避けられません。その結果、保育の質が低下し、子どもの健やかな育ちを保障することができなくなります。

 様々な問題を抱えたまま、来年の通常国会で通そうとされています。待機児童解消には、保育所の増設が必要です。子どもは社会全体で大切に育てる、このことが政府や自治体の仕事ではないでしょうか。このシステムでは、子どもの命が危険にさらされます。知れば知るほど政府が新システム案を撤回し、国と自治体が責任を負う現行制度を拡充することを強く求めます。

masakiichiko | - | - | - |

子どもをめぐる貧困を考えるシンポジウムに参加
 経済協力開発機構(OECD)の報告では、日本の子どもの相対的貧困率はOECD諸国の中でアメリカに次ぐ第2位で、貧困率は14%でした。1クラス40人とすれば、5〜6人は相対的貧困の状態にある子どもということになります。

 しかし、貧困の実態はなかなか目に見えるものではありません。貧困から来る子育ての困難さを支援すること、貧困から来る子どもの虐待、放棄から子どもを守ってあげることもできません。子どもの貧困はどのように見ていったらいいのかを知りたくて、参加しました。
 シンポジウムは、福祉事務所の立場から、多重債務被害者の会、学校現場から、子ども達の生活実態を聞くことができました。そして子どもや親と心を開いて話し合うこと、その中から解決の道筋が見えてくる場合もある。子ども達がゆめを見出すことで困難さを乗りこえることができる。そんなことを会場の参加者みんなで、考えることができたシンポジウムでした。とっても勉強になりました。

 「学校で保健室で見てもらい」「保健室で休ませてもらい」と親に言われたと、病院に行くことが出来なくて、保健室にSOSを求める子ども達がふえています。お金の心配せずに病院に受診ができるように「子どもの医療費の無料化」の実現をしなければと強く思いました。
 兵庫県の中では子どもの貧困率が高いのが尼崎市です。だからこそ子どもの医療費の無料化が急がれるのです。

 
 

masakiichiko | - | - | - |

地域要求、車椅子やベビーカーが危険な歩道
 急な傾斜

 傾斜と狭い歩道が続く

 武庫之荘5,6丁目の大庄武庫線の歩道です。車道と歩道に高低差があり、歩道が常に傾斜が付いています(車乗り入れのため)おまけに1mくらいの幅しかありません。自転車も歩道を走ります。こんな歩道が300mくらい続いています。

 相談者の方は、障害を持つお孫さんのバギーの通行に苦労されていました。荷物を下げて通ると倒れそうになります。何とかしてほしい!と相談がありました。選挙期間中だったので、終わってすぐに道路維持課に相談しました。

 するとすぐに現地確認に行ってくれました。以前から障害者団体からも要望が出ていた所でした。『今年度中に斜面を緩和する工事を行ないます。でも予算上、来年度と半分に分けて行ないます』との返事でした。斜面の角度を今の28度から8度まで緩和すると説明を受けました。歩道の幅は道が狭い道路なのでどうしようもないとのことでした。自転車の乗り入れは、車道に自転車道の色分けをして、意識つけをしますとの返事をもらいました。

 生活道にこそバリアフリーが必要であることを強く思いました。道路維持担当者も安全な道路を目指してがんばっています。

masakiichiko | - | - | - |

市長選挙・県会補欠選挙、ご苦労様でした。
 ブログが久しぶりになりました。選挙期間中は候補者のニュースを載せることができません。私自身は選挙一色だったので、ブログが書くことができませんでした。
 それにしても、2つの選挙が勝利できなくて残念でした。県会選挙は6ヵ月後の本選があります。今度こそ当選をしなければと決意を新たにしているところです。

 選挙翌日から熱が出てしまいました。39℃以上の熱で一晩苦しみました。疲れが出たのでしょうか。翌日(23日)はプライベート休養日と決め、映画でも見に行こうかと思っていたのに、丸一日寝込んでいました。

 今日から、『いちこ通信』の内容を考え、発行します。この間の地域ねたを多くためていました。もちろん『ホッと一息』も・・・これが一番話題になる一こまなんです。今日からまた元気いっぱい頑張ります。

masakiichiko | - | - | - |

大失敗しました
 夫が朝早く仕事に行くのに、5時に起きたつもりが6時でした。大あわてで夫を起こし、そのまま仕事へ。とっても不機嫌でした。
 朝ごはんも弁当もなしで、仕事に行かせてしまって本当に悪いなと思いました。
夕方、朝のお詫びにケーキを買って帰りました。『このケーキおいしいな』と喜んでくれました。
 仕事は少し遅刻したそうです。でも日頃は早くに行っているから、なにもおとがめがなかったそうです。ホッとしました。

 2つの選挙で毎日忙しく、家のことができないのでたいへんです。食事もできあいが多いこの頃です。でも選挙は期限付きだから頑張れます。
 市民のために働いてくれる市長さんと県会議員さんを選びましょう。

masakiichiko | - | - | - |

FW:

まったく同じ格好して寝てた6才と4才の孫です。
血筋はあらそえませんね!
笑ってしまいました。


血筋は正直者です〓〓〓

masakiichiko | - | - | - |

健康福祉委員会で、陳情審議をしました。
健康福祉委員会で、継続審議しているのは
ー立支援給付と介護保険制度との適用関係についての陳情
浜保育所の民間移管凍結についての陳情
 立花南保育所の民間移管凍結についての陳情
子どもの医療費無料制度の拡充についての陳情
 これらについて審議しました。

 前回の委員会は、松村議員が入院中のために、私一人委員会でした。共産党委員が一人と言うこともあって、意気込みと傍聴者のプレシャーで思ったことがいえずに、途中で気持ち的にあきらめてしまって、とっても不満足な委員会になっていました。
 今回は松村議員が一緒なので心強いのと、審議の深まりがちがうので、とっても楽しみな委員会でした。特に△鉢については、準備してのぞみました。
 △砲弔い道笋蓮愡毀栄垪澆里△衒検討会でつくられた基本方向は、保護者にとって納得できるものでない、白紙に戻すべき』といいました。
 松村議員は『保育は子育て新システムの国の動きがある今、自治体として子どもの育ちをどのように責任取るかが問われる時、保護者を不安にさせるような民間移管はこの際凍結せよ』と訴えました。

 については、入院なら小3から中3までの無料にした場合の費用は2300万円、近隣市のように尼崎も実施に向けて前向きな検討が必要だと訴えました。市民派の議員さんが『子どもに医療費無料化の拡充は必要だと考えている。前向きに考えるべき』と言ってくれました。松村議員が『福祉の充実が、街の活性化とお金が循環し、経済効果につながる』と審議を深めてくれました。

 今回は、半日に短い委員会でしたが、面白い委員会となりました。

masakiichiko | - | - | - |

農業祭に行ってきました。
 昨日は尼崎市農場祭、朝小雨の中開会式が開かれました。
 私は、農業委員です。農業祭を楽しみにしていました。初めての参加で、来賓席へ、少し緊張・・
 白井市長の祝辞の後、来賓の祝辞がありました。衆参議員の室井議員ご夫婦をはじめ3人の方のあいさつ後、次が市会議員の番です。私はあいさつの言葉も考えておらず。どきどきしていました。隣の高岡一郎議員に「あいさつあるんですかね?何も考えてこなかったのにどうしよう。」とひそひそ話していると『なーに、わしらはあいさつはないわ。紹介だけや、わし、農業祭に始めて来たわー』とのこと。高岡さんは同じ農業委員になって、気軽に話しかけてくださいます。

 結局、時間の関係上紹介だけになりました。ホッと一安心。紹介で「まさきかずこさん」と紹介され、大きな声で『いちこでーす』と訂正しました。ちょっと宣伝になったかな?なんて思いつつ。あとで、司会者の方が名前間違ったこと誤りにこられました。『いやいや気にしないでください』と慰めました。私は名前をアピールする機会になったんだから。

 小雨もやみ、農業祭がにぎやかに始まりました。黒枝豆と大根売り場は長蛇の列でした。買うのをあきらめ、干ししいたけとおにぎりを買って帰りました。野菜がりっぱでした。丹精込めてつくられたのでしょうね。今年は猛暑で米の出来が悪かったと聞きました。(『農業祭』の写真を撮るのを忘れていました)

masakiichiko | - | - | - |

宮田さんと宣伝中ですよ。

宣伝カーで止まるところに、応援団がかけつけ、楽しく、にぎやかにできました。
県会予定候補宮田しずのりさんの話も、ちからが入り心に響きました。
安心してかかれる医療体制つくり、若者の就労支援や子育て支援を訴えています。
12日告示、21日投票です。公営掲示板が設置され、選挙の雰囲気になってきました。

masakiichiko | - | - | - |

コスモスの花見に行きました。




午前中、市長予定候補の徳田みのるさんと宣伝カーで地域を回り、お昼にコスモス畑に行きました。後援会の人たちが待っててくれました。
コスモスが満開でとってもきれいです。緊張の合間に、ちょっとホッと一息です。
徳田さんと宮田さんは、緊張の表情がきえません。
でも、話の内容が身の上話で、とっても和やかな雰囲気で良かった。
お二人とも誠実で素敵な人生を歩んでこられた人だなと思いました。
これからもっと素敵な人生が待っていますよ。だって人のための仕事をやるんですもの。がんばりましょうね。

masakiichiko | - | - | - |

今日は街頭演説デー
 今日はAM/PMとも宣伝カーに乗ります。なかなか台本から抜けきりません。先日は夕方の6時から駅前宣伝でした。暗くて台本の文字が見えずに、演説がたじたじでした。一緒に行なった、市長予定候補の徳田さんに申し訳なくて・・・。もうトラウマになりそうです。
 今日は朝から昼間の時間帯なので、台本がよく見えます。そもそも、台本なしでしゃべらなければいけないのに、覚えられないのです。
 街頭演説は、市会議員の試練です。しっかり話せるようにならなくては。頑張ります。

masakiichiko | - | - | - |

自宅前の道路がきれいになりました。


  工事前の道路



  こんなに整備されました。

 夏ごろに近所に人から、「道路の段差でこけた。お年寄りがつまずく危ないから整備してほしい」と頼まれました。市の道路整備課に依頼しても穴凹だけをパッチワークのような補修で、満足いくものでありませんでした。
 私は、3回電話して(しつこかったけど)もっと丁寧になおしてと頼みました。3回目に「大きな工事になるので、業者に頼んでいます。時間がかかります」との返事をもらいました。待つこと3ヶ月、みごとに舗装されました。
 これで見た目も、安全性もよくなりました。当局にはしつこく言ってごめんなさい。ありがとうございました。(お礼の電話を入れておきます)
 「この道きれいになったね。この前工事していたんだよ」と親子で話しながら通っておられました。地域に役に立てたことが、うれしいです。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER