| main |
「鹿児島から生活保護を考える」に参加
 8月24・25日と生活保護問題を考える研修会、今年は鹿児島へ行きました。台風明けの飛行機は順調に出発しました。1時間ちょっとで鹿児島へ。遠いところに来たという実感がないまま、高速バスで鹿児島中央駅へ、そこからタクシーで研修会会場へ。お昼ご飯はバスの中で、「さつま揚げ」を食べました。唯一「鹿児島へ来たー」という実感がさつま揚げの美味しさでした。

 研修一日目は、基調報告とシンポジューム。花園大学の吉永純先生による「生活保護基準の度重なる引き下げとあるべき生活保護制度」2017年に貧困率は15.6%(6人に1人は貧困)子どもの貧困率は13.9%、ちなみに2014年は16.1%(子どもの貧困率は16.3%)でした。少し下がりました。これは貧困線以上の収入を得られるようになったが、中央値を超えるほどの所得が増加した人は少なかったことを意味しています。
 2016年の保護率は世帯で言うと3.2%、捕捉率(最低生活基準以下で生活している世帯で保護を受けている割合)はわずか2割です。これは先進国と比べると日本は貧困率は高いが、保護率は低く、捕捉率の低いことを意味しています。その原因は、厳しい資産条件(保護が始まる時の貯金は認めない。自動車は原則保有や使用は認めない)扶養義務が異常に広い(配偶者間、直系血族、兄弟姉妹、3親等内の親族)その上に水際作戦などの申請抑制等があります。
 一日目のシンポジューム
 
 今テレビで、火曜日の9時から「健康で文化的な最低限度の生活」見ていますか。この番組がリアルに生活保護制度のこと、問題点、申請する人の困難な生活状況等を表しています。そして一生懸命に人を救おうと頑張る生活保護ケースワーカーの心境を物語っています。この番組の監修も生活保護問題対策全国の会が行っているとの事でした。私もDVDを撮ってみています。

 一日目の最後のシンポジュームでは、鹿児島県地元の取り組みとして「身寄り問題の解決に挑む」という報告がありました。NPO法人「つながる」の活動です。地域で生活保護の独居者が「地域見守りキーホルダー」の携帯をを条件につながるファイルを作成し、お互いに倒れた時や病気入院した時の身元引受人になる、一人をみんなで支え合うシステムつくりです。孤独に亡くなる人をなくすためです。またSNSで毎日ラインを通して安否確認をする。お互いにラインしあえるよう交流を持っています。5人で1グループとして活動しています。
 孤独な高齢者が多い中、孤独死の問題は深刻です。命の尊厳から誰も知られずに死んでいくことは悲しいことです。

 夜はコーヒーと茶菓子で、全国から集まった議員さんたちと交流しました。兵庫県からは加古川市の議員さんたちが参加されていました。熊本の天草から参加された議員さんにもあいさつすることが出来ました。

 2日目は、分科会でした。私は第6分科会「多様な課題を抱えた方々への支援」の研修に参加しました。主に障害を抱えた生活困難者との支援を通じて理解しておかなければならないこと、またひきこもりや屋敷問題への対応など、解決困難です。20年・30年と長期にわたって支援・見守ることの必要性、ケースワーカーも定期的な訪問で少しづつ心を開いて行っています。解決をあせらないことが大切です。精神疾患の相談に携わっている報告者の人が言っていました。「引きこもりは社会から自分を守るために選択した手段なのだから、私は生きるために引きこもりを選んだ人を尊敬する。無理して社会の中に入って行ったら自殺を招くことになる。だから20・30年という引きこもりは、生きるための手段だと思っている」という言葉が印象的でした。

 最後の尾藤廣喜先生の「あるべき生活保護とは何か」は、2日間にわたっての研修会のまとめを話されました。
 貧困が深化し、格差だ拡大している原因は、〆眄的な圧力の下で、自助、自立が強調され、制度の継続性を理由として、社会保障制度の保障内容が大きく後退したこと。➁労働環境が悪化し、非正規雇用の割合が増え、労働者への分配率が低下し、賃金収入の格差が開く一方で平均的な収入が低下してきたこと。
 とられるべき具体的な対応策として、^緡邸η金・介護・住宅保障など社会保障制度の保障内容を抜本的に改革し、全体的な底上げを図る。➁郎ドイ環境を改善し、非正規雇用の規制を強化し、労働者への分配率を上げ、最低賃金の増額をはかる。7鮃で文化的な最低限度の生活を保障する生活保護を受けやすくし、制度の底上げを図る。
 
 たいへん内容の濃い研修会でした。会場に缶詰状態で、ますます鹿児島に来ているという実感がありません。このことを隣の地元の議員さんに言うと「隣の県庁18階の展望台から鹿児島が一望できますよ。桜島が目の前に見えます」と教えてくれました。お昼の弁当を展望台で食べました。ついでに桜島が目の前に見えました。感動!

 頂上が雲がかかっていました。みどりが鮮明で美しい桜島

 
 

masakiichiko | - | - | - |

まさき一子の「市政報告会」
 8月26日は、いろいろな催し事があり、日程を決めるのを失敗しました。「誰も来てくれなかったら・・・」ととっても不安でした。でも赤旗の日曜版と日刊紙にビラを入れたので一人でも来てくれたらやらなければと、思って会場へ行きました。
 すでに一人の仲間が来てくれていました。しかし待てども誰も来ません。時間まじかになり2人の方が、ちょうど時間になったら3人の方と来てくれました。総勢11人で市政報告会を始めることが出来ました。
 最初に小池晃さんの「小池さんに聞いてみよう」のDVDをみました。続いて市政について私から3項目を、仝民館がなくなりました。生涯学習プラザに名称変更します。それに伴い機能も一部替わります。➁雨水貯留管の整備事業について。時友団地に住民主導型のスーパーができますよ。という話をしました。みなさん雨水貯留管への関心が強くありました。大変盛り上がりました。「初めて聞きました」という方もいました。東武庫公園周辺には説明会の案内を配っていますが、少し離れるとなかなか情報が伝わりません。みなさんの関心も薄れていきます。以前にいちこ通信ではお知らせしましたが、地域のみなさんの関心が薄かったのか、伝わらなかったようです。
 何とか1時間半で終了しました。「初めて参加しました。来てよかったです。知らないことが聞けてよかったです」と地域への関心が深まったようでした。最後はやってよかったと思える会になって、めでたしめでたしでした。

 

masakiichiko | - | - | - |

市政報告会をします
 「まさき一子の市政報告会」を行います。8月26日に武庫地区会館の学習室でおこないます。地域のみなさんぜひ尼崎市の事について良いところ、問題なところ等、一緒に話し合いましょう。公民館が「生涯学習プラザ」と名称と機能が変わります。尼宝線の地下15mに埋設する雨水貯留管についてや、時友地域にミニスーパーの誘致の進捗状況について等、市民生活に密着した話を聞いてください。またみなさんのご意見・ご要望をお聞かせください。
 案内のチラシです

これまでは、ビラの作成は「ページメーカー」というソフトで作っていました。しかしソフトが入っていないパソコンからは作れないという弱みがありました。今回は「ワード」で作りました。まだわからない機能もありますが、もう大丈夫!使いこなせるようになりました。今さら・・という声が聞こえてきそうですが。

masakiichiko | - | - | - |

ふるさと、熊本天草へ帰ってきました。
 一年ぶりの故郷でした。母親(90歳)が兄夫婦と一緒に暮らしています。脳梗塞になってから左半身が不自由になり、大分認知症が進んでいました。田舎の家はリビングには冷房がありますが、母親の部屋や座敷などには冷房がなく扇風機だけです。高齢者の熱中症の危険性を目の当たりにしました。暑いと感じない、冷房や扇風機は寒いという。お茶は勧めなければ飲まない。暑さにとっても鈍感です。夜は部屋を閉めっきって扇風機もかけず、毛布をかけて寝ていました。本当にびっくりです。私は縁側のサッシは開け、扇風機をつけていても暑くて眠れなかったのに。田舎でも今年の夏は異常気象でした。
いつも変わらない故郷の風景は最高です。空も海も最高の青でした。

 母親はいつも同じことを、ものすごい勢いでしゃべります。とっても話し上手な母親です。そこのところは私は父親ゆずりです。

 甥っ子夫婦に2人目の子どもが誕生していました。とっても幸せそうです。ママは働こうと思っていたら、二人目の妊娠がわかって、働く機会の逃したと言っていました。田舎では就職口が厳しいけど、若い二人は働かなければ生活・子育てができません。がんばれ、若いパパママ。甥っ子はイクメンで子育て一緒に頑張っていました。
 甥っ子は休みの日には一日中子どもの相手をしています。この日は2回もプールで遊びました。

 赤ちゃんは2か月目です。赤ちゃんも暑いでしょうね。ジジババも育児の参戦しています。

1歳10か月の孫が、可愛くて仕方ない私の兄

 帰省時は、私が食事を披露します。1日目は美味しい刺身とお寿司をとってくれていました。天草の刺身は何よりもごちそうです。2日目は焼肉をしました。
 焼肉をみんながおいしいと食べてくれました。冷房のあるリビングがみんなのたまり場です。朝から晩までリビングに入りびたりです。ほかの部屋はあつくて、あつくて。

 3日目は、お盆なので精進料理を、筑前煮ときんぴら、サラダと唐揚げをつくりました。唐揚げがおいしいと好評でした。妹夫婦をも来て、総勢11人で食べて飲みました。九州は飲み方も豪快です。

母親の面倒を見てくれている、兄夫婦には苦労を掛けています。まだトイレに行ったり食事をしたりは自分でできますが、週に3回はデイサービスにいって風呂に入れてもらっています。とっても楽しいようです。(直腸がんの人工肛門があるので、風呂は自宅では大変です)
 朝6時、目覚めと同時に「仏さまのお花を買いに行く」と言って、出かけました。後をついて行くと店のドアをどんどんと叩いていました。外を歩く時の足取りは早いです。これは大変だと思いました。でも外につれて行くと、通りがかりの人たちが声かけてくれました。90歳になっても、いまだに同級生がいるのですから、地元の強みです。みんなが知り合いですから。
 私は年に一回しか帰らず、みんなに苦労かけています。すまない気持ちでいっぱいです。

 あっという間の帰省でした。帰りは熊本城を見て帰りました。去年から修復は進んでいません。時間がかかりそうです。暑くて観光客も少ないようでした。


復興は大変困難を極めていました。でも「熊本は負けない」ののぼりがあちこちにありました。

masakiichiko | - | - | - |

3日間の保育合研が、感動の中で終わりました。
 2日目は、大阪茨木市の立命館キャンパスでの分科会に参加しました。私が参加したのは「保育制度のシンポジウム」でした。保育が子ども子育て新制度になって4年、どのように変わったか?今の保育制度の問題点がありらかになりました。
 まずは保育施設・事業所のあり方、待機児童対策についてを保育研究所の逆井直紀さんから講義を受け、保護者負担と保育の無償化について、佛教大学の田中智子先生から。待機児童の解消と「保育の質」についてはジャーナリストの猪熊弘子さん。保育施設の民営化・統廃合については奈良女子大の中山徹先生の話でした。
 待機児童の対策は国が勧めようとしている企業主導型が中心でいいのか、保育基準の引き下げで保育の質は保てるのか、幼児教育の無償化の具体的なイメージを説明されその問題点もあきらかになりました。2017年12月に閣議決定した「新しい経済政策パッケージ」で子育て安心プランを前倒しして、約32万人分の保育の受け皿を2020年度末までに整備、待機児童を解消するとしている。「幼児教育無償化」もこのプランの一つとされている、ようです。
 保育の問題は今大きな社会問題になっています。2日目の分科会では会場いっぱいに参加者が多く、みなさん熱心に聞き入っていました。尼崎市の法人保育園の保育士さんや保護者の人もたくさん参加されていました。
 保育の問題は働く労働者の問題でもあり、子育て、少子化、生活の質等の社会の問題として国、自治体で真剣に考えていく問題です。議会活動にも大いに生かしていきたいと思いました。午前午後とびっしりの分科会で、大変疲れましたが勉強させていただきました。
 広い教室で私は前の方で聞きましたが、後ろには人がいっぱいでした。

 3日目は、全体会でした。最終日の講演でした。月曜日ということもあり、少ないのではと思って参加しましたが、なんのなんの多くの人が最後まで熱心に聴いていました。「今、子どもの育ちにとって大切なことは何か」という題で、龍谷大学教授 白石正久先生のお話でした。子どもの気持ちの変化、成長の記録を保育士の目線、気づきで接することに感動してしまいました。保育園という集団生活の中で、コミュニケーションをとる過程での子どもの成長を見逃さない感性を持つ保育士は、何という素敵な専門職なんだろうかと、あらためて敬意を表します。子どもの一人一人の成長する変化を、とらえられるようになると、保育士がおもしろくて、やりがいが出来てくるのだろうなと思いました。そうなったら、保育士はやめれなくなりますね。がんばれ!保育士。そしてがんばれ子ども達、ママさん・パパさん。

 3日間の参加者は、9,339人の参加者でした。来年は愛知県で開催されます。もうすでに準備がされているところです。3日間の参加は通勤が大変で、たいへん疲れました。でも最後まで参加してよかったと思います。これも大阪で開催されたおかげです。準備されたスタッフのみなさんの頑張りに敬意を表します。
 最終日それも月曜日なのに、最後までの参加者でいっぱいでした。

masakiichiko | - | - | - |

感動の「第50回全国保育団体合同集会in大阪」
 保育所待機児童が多い中、保育への期待と需要がますます増えてきています。しかし、保育士は安い給料で長時間労働、保育士の確保ができない、保育基準の引き下げによる責任の重圧など、保育現場は大変な中、真摯に「よい保育をしよう」という若い保育士さんの現場の声を聞きたくて、はじめて保育合研に参加しました。8月4日〜6日まで大阪で行われます。


 オープニングから大変な盛り上がりでした。子ども達もたくさん参加していました。

 初日で全国から5000人以上が大阪に集まりました。保育士、保育職員、保護者、保育運動家、OB、学生、大学の先生、おじいちゃん、おばあちゃん等保育にかかわるすべての人たちのお祭りです。
 開会のあいさつで実行委員長の渡邊保博さんが参加者が対等に子どもに必要なことは何でも取り上げ、学んできた保育合研の歴史を紹介されました。
 当初は一回だけの催しのつもりで始められたそうです。それが「また来年も会おう」ということになり、今年で50回目になります。踊り、歌、保育現場のお話し、子どもが置かれている困難な生活状況等の報告には胸が詰まりました。会場は笑い、かけ声、涙ありの感情豊かな保育士さんの姿にたいへん元気をもらいました。
 みなさん熱心に聞き入っています。会場いっぱいの人・人・ひとでした。

 一日目の最後は、ステージと会場が一体になり歌を・・知らない歌でもつられて歌ってしまいました。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER