| main |
武庫之荘駅前に、津川ともひさ候補者来たる。
 兵庫知事選挙も最終盤を迎えました。兵庫県内という大規模な選挙のためか、いまいち盛り上がりに欠けるところがあります。
 そんな中、精力的に県内を駆け回っているのが津川ともひさ候補者です。先日は武庫之荘駅南に立候補のあいさつに来られました。広場で座っている人、バスを待っている人、ビラを配りの応援に来た人達でにぎわっていました。津川さんが現れて、一層の盛り上がりを見せました。
 演説が終わったら一斉に拍手が鳴り響きました。津川候補のお話は、お人柄が伝わる演説に、聞く人の心をとらえます。
 右から堀内てるふみ衆議員、津川ともひさ候補、庄本えつ子県議、徳田みのる市議らが勢ぞろい(徳田議員のブログから拝借しました)

 私は駅前で、「今日は津川候補、本人が来ていますよ」と声かけて、ビラを配りました。

masakiichiko | - | - | - |

神戸元町大丸前で、日本共産党大演説会
 当初は穀田衆議員が、来神戸で大演説会の予定でしたが、やむえない事情があり、穀田衆議員は来られませんでした。堀内てるふみ衆議員が大民衆を前に堂々と街頭演説をされました。
 すごいプレシャーの中、一日のエネルギーの9割を使い果たしたと、演説会の後話されていました。やり遂げた充実に表情で話されていました。一つ大きくなった堀内さんを見たような気がしました。とっても紳士的で素敵でしたよ。同じ国会議員でも、「安倍チルドレン」国会議員とは次元が違います。

 津川ともひさ候補者は生き生きと輝いていました。選挙戦本番になって市民の反応も日増しによくなってきています。あの優しい、穏やかな表情が市民の共感を呼んでいます。
 やさしさと力強い演説には定評があります。

masakiichiko | - | - | - |

「国保が高くて、払えない」と市民から悲鳴の声が
 6月になって今年度の国保の決定通知書が国保加入者に届きました。その後私のところにも「国保の通知が来た。こんなん高くてとても払えない」との相談の電話がありました。
 その方は本人パート収入があり、夫は息子と二人で自営業、昨年前半は大きな仕事も入り収益があったが、後半は夫が病気がちで仕事が出来ず、今年になってはほとんど仕事していない。息子は友人のところでアルバイトしているが、仕事があったりなかったり。そんな状況のなか「国保決定が58万円(年間)月6万近くの保険料なんて払えない」との内容でした。早速国保課へ交渉に行きました。夫はガンで明日入院し、手術を受けるとの事。当分仕事ができないこと、妻のパート収入で生活していること、等説明をして、払える金額で分納制約をしました。
 取りあえず今年は払える金額を払い、来年の1月に1年間の収入証明を再提出し、国保料を改めて精算しなおすというやり方を行います。これで58万円(年間)が見直され、保険料の負担も軽くなると思います。
 聞くところによると、同僚議員のところにも「国保の決定通知が来たが、高すぎて払えない」との市民からの相談が複数寄せられたということでした。
 

masakiichiko | - | - | - |

津川ともひさ知事候補の宣伝カーで市内一巡
 津川ともひさ候補者カーに乗って、つかしん、園田、JR尼崎、尾浜、阪神尼崎、アマdo、阪急武庫之荘等を道案内をしました。地理・道順がわからずに苦労しましたが、事前に道順の下見に行ったり、地図上でイメージトレーニングしたりと、日頃はあまり行ったことのない場所の道案内はわからないことだらけ。JR尼崎から尾浜まで行くのは、方向が分からなくなるなど戸惑うことばかりでした。
 決められた時間を間違えたり、時間通りに行けなかったりと珍道中でした。津川さんの話を聞こうと待っていた地域のみなさんには大変なご迷惑をおかけしました。
 13時〜18時30分までが長いこと、疲れ切りました。津川候補はこの状態を16日間も続けて、兵庫県内を駆けずり回るという過酷な選挙です。私が愚痴を言うなんてとんでもないことです。できるだけスムースに予定通り行きたかったのですが、本当にごめんなさい。でも一日無事に予定通り終わることができホッとしています。
 ツーショットの写真も撮る余裕さえありませんでした。今度は写真をバッチリ撮りたいと思います。

 今日は夜中から雨が降り、早朝のしんぶん赤旗の配達には、どしゃ降りでした。雨に打たれて体も心もぐったりしています。少し熱っぽい感じがあり、今日一日はお休みすることに決めました。朝、夫の弁当を作り、送り出したらひたすら眠ります。

masakiichiko | - | - | - |

まさき一子の市議選報告・祝う会
 みんなでがんばった。報告・祝う会

 新しい地区会館で、報告・祝う会を行いました。みなさんの労をねぎらって、持ち寄りの軽食とビールで乾杯しました。
 参加者全員にインタビュー

 みなさんにマイクを向けると、一人一人からお祝いの言葉や選挙の感想、市民の反応など出されました。今回の選挙は反応が良く、手ごたえを感じた楽しい選挙だったという、話が飛び交いました。

 私からもみなさんに感謝の言葉を

 子どもや孫たちも来てくれました。

masakiichiko | - | - | - |

2つの阪神バス停のベンチ
 武庫之荘駅行46番の阪神バス「武庫之荘西口」のバス停ベンチが壊れているの修復していました。という内容をブログで掲載しました。今回行ってみると、新しいベンチになっていました。修復のままで終わるのかなと思っていたら、ちゃんと新品を備えてあったので、感動しました。

 一方で、尼宝線沿いの「時友」のバス停のベンチはどうかな?と期待して見に行きました。いまだにベンチがないままです。もう半年になります。私は「阪神バスにベンチをつけてほしい。バスを待っている人が大変困っている」と何度も当局に訴えていました。当局は「県道なので、県と阪神バスに要望はしています」との返答に期待をしていました。しかしなかなか動いてくれません。もともとが阪神バスの路線であり、旧市バス路線ではないからなのか? こちらの件では少し不安と怒りがあります。もう一度掛け合ってみます。この間、時友の地域の人から「ベンチがなくて、バスを待っている高齢者が地べたに座っていた。何とかしてほしい」という声がありました。直接県に掛け合った方がいいのか?

masakiichiko | - | - | - |

さぁ、知事選挙。いざ出陣
 告示になって市議選で出遅れた尼崎での活動を強化しようと、津川候補の候補者カーや憲法県政の会の車が入ってきます。私たち議員団も車の運行、道案内、弁士と交代で発動です。
 弁士では、一応は5分間の原稿をまとめました。困ったことが道案内です。私は尼崎市内でも、武庫之荘地域は隅々までわかりますが、園田や小田地域等の地理がわからずに、運行表と地図を見ながら道順を頭の中に入れていますが、どの道なのかがイメージできずに困っています。
 「この方面はわからないので替わって」等とは言えません。みんなも自分の区域以外を走るのですから。「公園のどこに車を止めたらいいのか」と各地域の議員に確認をしながら、担当当日の運行がスムーズに進むように下見をしとかないといけません。議員は責任重大です。わからないと候補者を路頭に迷わせるわけにはいきませんから。

 ビラ配りも炎天下の中脱水症状や日射病にならないようにしなければ。梅雨に入ってからいい天気が続いています。津川ともひささんの勝利を獲得しなければ。意気を高くがんばります。


 6月18日は12時から「まさき一子の市議選報告会と祝う会」とします。新しい武庫地区会館で行います。会費は一人1000円です。食べ物はそれぞれが持ち寄ります。応援して下さったみなさんのご参加を待っています。

masakiichiko | - | - | - |

今日、兵庫県知事選挙の告示
「国会会期末(18日)を目前に控えた14日、自民、公明両党は内心を処罰し、監視社会を強める「共謀罪」法案の強行成立を一挙にはかる暴挙にでました。同法案は参議院法務委員会(秋野公造委員長・公明党)で審議中にもかかわらず、その審議権を取り上げ、いきなり参院本会議で採決に持ち込む委員長の「中間報告」という異常な強硬手段をとりました。
 学校法人「加計学園」疑惑をめぐり、安倍首相・官邸による圧力で行政がゆがめられたことを示す事実が次々と判明しました。
 共謀罪法案は審議すればするほど新たな論点が噴出するなど、国民の批判に追い詰められた政府・与党による議会制民主主義を根底から破壊する前代未聞の暴挙です。」15日しんぶん赤旗の一面から、抜粋

 この国は確実に危ない方向に向いている、自由と民主主義を掲げた日本国憲法が、すでに破壊されているのではないか。平和な国のパズルが音を立てて剥がれ落ちようとしている。自民・公明与党は良心が壊れてしまったのか。
 この怒りを、兵庫県知事選挙で良心の一票にしたい。私たち国民は選挙で自分の意思を示すしかないのです。知事選挙では政治への怒りの一票にしましょう。
 私はこの怒りの一票を「津川ともひさ」さんに託したいと思っています

masakiichiko | - | - | - |

〈論点〉乱れる政治の言葉
 6月9日の毎日新聞〈論点〉乱れる政治の言葉 不破哲三・日本共産党前議長のインタビュー記事がなっていました。ここに掲載します

乱れる政治の言葉
毎日新聞2017年6月9日 東京朝刊
 安倍晋三政権の閣僚の言葉が崩壊現象を起こしている。被災者の思いを逆なでする復興相、憲法違反の疑いをそらすために言葉を言い換える防衛相、重要法案の答弁ができない法相……。安倍首相の言葉もまた、論点外しや感情的な言い回しが目立つ。政治家たちの言葉はなぜにこうも雑で、また無頓着なのだろうか。

国民に語りかける真摯さ欠如 不破哲三・日本共産党前議長

 安倍晋三政権の空虚な言葉の背景には、政治に対する真剣さの欠如がある。国会での質疑や記者会見は、野党議員や記者の後ろにいる国民を意識して語りかける場だ、という真摯(しんし)な姿勢がない。講演や身内の集会になるとなおさらだ。「何を言っても平気だ」という意識が、失言や暴言を生んでいる。

 「共謀罪」法案を巡る金田勝年法相の答弁が批判されている。与野党対決法案の成立を目指す時、以前の首相は担当閣僚の人事は慎重に行ったものだ。だが、今の与野党の力関係なら成立可能と踏めば、法律を知らない法相でも平気で任命し、熟慮なく国会に臨む。

 最近驚いたのは、「共謀罪」法案について国連の特別報告者が安倍首相に、プライバシーや表現の自由の制約を懸念する質問の書簡を送ったことに対し、菅義偉官房長官が記者会見で「内容は不適切で強く抗議した」と述べたこと。「国連ごときが何事だ。日本の政治に口を出すのか」と言わんばかり。国際社会ではあり得ない。自民党政治の末期症状だ。

 僕は55年体制下の1969(昭和44)年の衆院選で初当選し、その後、党書記局長として、歴代首相と多くの国会論戦に臨んだ。当時の自民党の首相は、もっと国会の討論を大事にしていた。

 たとえば田中角栄元首相。自らの政治の弱点を野党に突かれた時も、そこに重大な問題があると思えば、逃げずに機敏に対応した。

 74(同49)年の衆院予算委で、米原潜の放射能測定データの捏造(ねつぞう)を追及した時には、首相自身が「万全の体制をつくるべく全力を傾けたい」と答弁。新しい測定体制が確立するまで、183日にわたって原潜の日本寄港を停止させた。二十数年後に米政府の公文書公開で分かったことだが、キッシンジャー国務長官(当時)から「この事態は日米安全保障条約の重要部分の廃棄に匹敵する」など強硬な抗議が寄せられていた。それでも体制確立まで頑張ったわけだ。

 福田赳夫元首相には78(同53)年、米軍が千葉県柏市に設置を計画した「柏ロランC基地」について質問した。原子力潜水艦が自らの位置を測定するための基地で、米国の軍事文書には「核戦争になれば真っ先に攻撃される」と書かれていた。このような基地を首都圏の人口密集地に置くことの是非をただすと、福田氏は「よく調査して決定する」と答弁。基地は1年後に撤去された。

 どんなに激しく対立しても、当時の自民党は野党の指摘にも対応する姿勢があった。安倍政権が沖縄県の普天間飛行場移設問題で「辺野古が唯一の選択肢」として耳を貸さないのとは大きな違いだ。

 そう言えば、当時は折に触れて与野党の党首会談があった。特に日米首脳会談などの重大な事案がある時は、歴代首相は野党党首とも事前の意見交換をした。そういうゆとりも、今は失われている。

 70年代は国民の支持率で自民党は今よりはるかに強かったが、国会での論戦にはそれなりに真剣な対応をした。政権党に不可欠の、国会と国民に対する誠実さの欠如が、安倍政権の言葉の乱れ、政治姿勢の乱れを生んでいるのではないか。【聞き手・尾中香尚里】
.
 日本共産党の不破哲三氏や志位和夫委員長の言葉は、そのまま論文になるほど、言葉を大切に、正確に使っています。
毎日新聞の記事を読んで、感動したのでブログに掲載しました。

masakiichiko | - | - | - |

津川ともひささんの決起集会
 尼崎では市議選があり、ちょっと出遅れましたが、兵庫県知事選挙が6月15日告示、7月2日投票で行われます。
 今日は、憲法が輝く兵庫県政をつくる会の津川ともひささんの決起集会がありました。津川さんは6つのお約束,呂燭蕕人のくらしを大切に ➁中小企業と農林漁業をまもる 6軌蕁子育て安心の兵庫に ぐ緡鼎畔〇磴房蠍く ナ刃造鬚泙發蠅劼蹐欧襦´Ω業リスクのない社会 を掲げ具体的な公約を示しています。
 津川さん本人は、兵庫県を走り回っています。今日は前知事候補者として頑張られた「田中耕太郎さん」の講演がありました。質問コーナーでは、会場から「知事選では耕太郎さんは2回も井戸知事と闘って、頑張っていいところまで行ったのに、今回降りたのは何故?」という質問がありました。耕太郎さんは「私はこれでも自治会の仕事や県政をつくる会の仕事と結構忙しい、今回津川さんという立派な候補者が出来たので、バトンタッチした」との報告でした。

 耕太郎さんの講演、今でも大人気です。

 津川さんのDVDでは、高校教師時の教え子から「津川先生はけっして怒らない。生徒自身に自分のおこないを考えさせる、判断させる、反省するように指導していただきました」と、津川さんの人柄がよくわかるDVDになっていました。

 各団体の決意表明では、私も市会議員団の団長としての初仕事でした。緊張しました。3分ほどの原稿を準備して、市会議員選挙の報告と感謝、とっても真面目に知事選挙への決意表明を述べました。
 
 写真は徳田みのる議員の、ブログから拝借しました。

 
 

masakiichiko | - | - | - |

独居老人のけがと入院
 病院に入院している知り合いから連絡がありました。「リハビリの病院への転院を言われているけど、どこに行ったらいいのかわからない。ちょっと来てほしい」との相談の電話。
 病院の地域医療室から提案された病院リストがありました。しかし私もどこがいいのかわかりません。相談の結果バス1本で行けるところ2か所候補にあげました。
 またリハビリの進み具合で、住まいを考えなければなりません。その方は2階の文化住宅に住んでいます。2階の階段昇降は無理な状況です。空いている1階部分に移るのか、サービス付き高齢者専用住宅に移るのか、リハビリの状況をしばらく見て判断することにしました。
 本人には「リハビリを頑張って、買い物くらいには行けるようになろうね。そしたら今の環境を変えずに生活できるから」と励ましています。家族とは疎遠な中、私や近所の人たちが介護保険の力も借りて、しっかり見守ってしていかなければと思いました。

masakiichiko | - | - | - |

辻議員・松村議員の送別、新人議員の歓迎会
 笑いの絶えない歓送会でした。松村議員と辻議員に心ばかりの、プレゼントを買いに行きました。松村議員には素敵なポーチを、「どんな時に使ったらいいの」と問われ、「旅行とか・・」と答えましたが、松村議員は遊びを知らない仕事人間なのでこれからどうやって日々を過ごされるのか少し心配です。
 徳田議員から松村議員へ

 プレゼントの中身は、素敵なポーチでした。

 辻議員は、財布をプレゼントしました。古くなったボロボロの財布だったから。しかし愛着のある財布のようで、新しい財布を使ってくれるのか?
 財布の中から、若い時から持っている古い紙幣を見せてくれました。ボロボロです、人に見せるたびに亀裂が入るのではないかと心配です。たぶん一生持ち続けるのでしょうね。最後はお札が一片になるのではと思います。
 喜ぶ辻議員

 財布から古いお札を、大切にいとおしく取り出し、みんなに披露していました。
 1次会の最後には記念写真を撮りました。私のカメラには収めておらず、ブログに掲載できません。
 2次会では、久しぶりのカラオケに行きました。何年ぶりかな?あまりカラオケにはいきません。歌は苦手です。でも聞くのは楽しいので、今回はついて行きました。みんなうまい!特に川崎議員は、リクエストに応えてくれました。私は吉田拓郎の「洛陽(らくよう)」をリクエスト、難しい曲をうまく歌ってくれました。辻議員とは初めてのカラオケ、絶対に歌わない人です。器用な辻議員の唯一苦手とするところです。

masakiichiko | - | - | - |

たまっていた生活相談
 選挙中に、宣伝カーの前にひとりのご婦人が「あなたに相談がある。パンフを見て相談したいと思い会えるのを待っていました。」との出会いがあり、選挙中なので終わったら電話してきてと、名刺を渡しました。その方と喫茶店で2時間くらいお話を聞きました。夫婦間、家族の問題でした。結局はお話を聞いただけでしたが、ご本人は「また何かあったら電話します。また聞いてください」といって満足して別れました。こんな風に何か行動するでもなく、話を聞くだけの相談事も多くあります。すぐに行動したら失敗することも、ここはじっくりと。

 また入院中の知り合いの話、私の選挙中に階段からこけて救急搬送され、骨折で入院中の独居高齢者です。選挙が終わったので、早速お見舞いに行きました。 転院の手配、手続きと住居の問題です。2階の文化住宅に住んでいるのですが、階段と段差がが困難になりました。今市営住宅に申し込み中(エレベーター付き)今回も外れたら、文化住宅の1階が空いたので引っ越しをする話をしました。家族が疎遠の状況なので、私が全面的に支援しなければと思っています。
 ご本人は歩行器で歩くリハビリ中です、割と元気そうで安心しました。
 地域の方の悩みに寄り添って、良き相談者として頑張ります。

 県知事選挙が始まります。尼崎は市議選があったので、選挙運動が乗り遅れました。早速決起集会のご案内を。
6月15日告示、7月2日に投票日です。
 早速、梅雨の合間を見て地域のビラ配りから始めます。宣伝もしないといけません。地域のみなさんと頑張ります。


『憲法が輝く兵庫県政をつくる会』代表幹事の 津川ともひささんの応援をします。

masakiichiko | - | - | - |

当選証書授与式
 今回当選した、候補者が一同に集まり当選証書授与式がありました。みなさんの顔が輝き議員になった瞬間でもありました。
 日本共産党議員団も新たな顔ぶれで活動開始しました。新人議員となった、小村潤さん、広瀬若菜さんも輝いていました。不安もありますがわからないことは先輩に聞いて、調査して一緒に成長していきましょう。
 全員集合の記念写真です。

 私も3期目、議員団を引っ張て行く立場になりました。気が引き締まる想いです。新たな緊張感が。

 共産党議員団の中で、新たな役職が付きました。団長がなんとまさき一子です。幹事長が徳田みのる議員、副幹事長が川崎としみ議員。政策委員長が松沢ちづる議員。私が3期目、徳田・川崎・松沢議員が2期目、大変頼りになる優秀な2期目議員です。
 私が新人の頃、何もわからないのを故田村いくお議員が1から教えていただきました。今度は私が新人の小村・広瀬議員を丁寧に育てていきたい。それが私の田村議員への恩返しです。新しい体制の中でそれぞれが成長しあえたらいいと思います。あせらずにゆっくりと・・・

masakiichiko | - | - | - |

市役所前での当選報告
 武庫之荘駅前での、当選報告の朝宣伝をおこない、そのまま市役所前で6人揃っての宣伝でした。堀内てるふみ衆議員と庄本えつ子県議も早朝から来てくれました。

 堀内衆議員はは、宣伝の後国会へ直行しました。

 全員揃って? あれ一人足りない。

 自民党は12人の公認候補者のうち、5人の重鎮を含む現職5人、新人1人が落選し、安倍首相と連名ポスターで安倍カラーを前面に出した候補が議席を失いました。安倍人気は尼崎市では通用されません。

 公明党は全員当選。維新は現職1名が議席を失いました。
 共産党は、1名新人の議席を失いました。得票数・率とも増えましたが、1人落選したのは残念です。
 今回の大争点は、やはり「アベ首相の憲法破壊か、憲法を守り、憲法9条を守る政党か」ではなかったかと、思いました。後半は憲法問題に市民が、「憲法は変えなあかん」「憲法を守ってくれよ」という声で、市民が分かれていように感じました。私は「憲法を守ろう、9条守ろう」と憲法問題を前面に出して選挙を闘いました。

 まだまだ疲れが抜けなくて困っています。やはり気分を一転させなあかんな。映画、温泉、風呂屋、買い物・・・いやいやひたすら寝たい。まだ頭がボーとしています。これからの自分の立ち位置を考えると、眠れません。
 「まさきさんは、そのままのまさきさんでいいから。」と言ってもらいました。そっか、ありのままの私で行こう。根はとってもまじめで素直な人間ですから。

masakiichiko | - | - | - |

おかげさまの、当選でした
 尼崎市議会選挙、おかげさまで当選しました。
 3349票、18位(42人中)立候補者61人。前回は2848票22位からの、巻き返しで当選しました。うれしいです、でも責任の重さを実感しています。
 開票96%の結果です。後で1票増えました。

 みんなでバンザーイ!

 応援していただいた、兵庫県丹波・三田地域、大阪豊中・福島北区のみなさん、応援ありがとうございました。また恩返しできると思います。今日はここまで開票が夜中になりました。翌日は駅前でありがとう宣伝です。おやすみなさい

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER