| main |
あかりちゃーん、出番ですよー
 先日孫が通っている保育園で「生活発表会」がありました。あかりちゃんの保育園最後の発表会です。(もう一人の孫はまだまだ保育園が続きます)
 障害のあるあかりちゃんを、赤ちゃんの時から見ていただきました。そして健常児の子と同じように保育・教育をしてもらいました。本当に感謝です。
 そのあかりちゃん、年長さんの歌、ダンス、合奏、劇等全く同じように出番をつくって頂き、ダンスなどは本当に上手に踊っていました。最後のきめポーズも完璧でした。言葉が出ないのに口を大きく開けてリズムをとりながら歌っていました。合奏では鈴で、カスタネットと鈴の演奏を完璧に演じました。最後ぴたっと音が止まったのが感動的でした。ほんとうにすごいのです。涙涙で感動して見てました。
 保育士さんはどうやって教えるのでしょうか?まるで魔法使いのようでした。でも確実に保育士さんの粘り強い指導と本人のがんばり、お友達の支えがありました。 赤ちゃんの時からあかりちゃんがいるのが当たり前だったクラスの子ども達、自然な姿で手をつないで導いてくれます。ペアの劇でも、ダンスでもあかりちゃんと一緒にやってくれます。
 イルカ組さんとくじら組さんの歌

 正面を向いている子が、あかりちゃん

 小学校は自立支援学校に行きます。娘夫婦は地域の学校へ行かせたいという思いがありましたが、悩んだ末に自立支援学校を選びました。娘夫婦の選択には間違いないと思いました。これから大きくなるにつれて健常児との発達の差が出てくるでしょう。でもゆっくり成長しようね。確実に成長していますよー、あかりちゃん。中学生のお姉ちゃんが「あかりが一番賢いねん」と、そうなんですよ、自慢の妹です。

 もう一人の孫のハル君。 
 ハル君も忘れていませんよ。去年までは泣いていたのに、今回は張り切って演じていました。

masakiichiko | - | - | - |

武庫庄児童ホーム、子どもクラブへ視察
 児童ホームに入れなかった待機児童は、こどもクラブの通っています。こどもクラブでの子どもたちの様子を視察したくて、待機児童が比較的多かった武庫庄小学校のこどもクラブへお邪魔しました。

 こどもクラブは15時30分現在では7・8人の子どもが遊んでいました。これから上級生の子どもが遊びに訪れます。子どもの放課後安心安全な居場所になっていました。登録制で、出席をつけます。2月は学年末でもあり通ってくる子は年間通じても少なくなります。4月から夏休みにかけてがピークとなります。多い時には指導員も合わせると、40・50人になるそうです。

 児童ホームも見学しました。60人定員で弾力化で70人の小学1年から3年までの子どもが通っています。当日は61名の子どもがおやつを食べていました。施設の中にびっしりです。テーブルが7個あり、1テーブルあたり10人の子どもが班に分かれて座っています。おやつの後はかたずけに各自動きますが、それぞれが自分の役割を果たし無駄のない動きをされていました。今日はけん玉の検定の日です。班に分かれて一人ずつ検定をします。先生の笛に合わせて、やる子も見てる子も真剣そのものです。この集中力には見学している私たちも引き込まれました。武庫庄児童ホームはやめる子が少なく、待機児童が途中から入ることは少ないそうです。70人の定員はやはり多いなと思いました。でも指導員の方々がしっかり統率しておられ、子どもものびのびとやるべきことをしっかりやり、仲良く遊んでいました。
 待機児が多い中で、児童ホームを2クラスに分けて、40人定員に出来たらいいなと思いました。保護者や指導員からもそんな希望があるそうです。

児童ホームの前で

 徳田、小村、松沢議員と、まさきで視察しました。

masakiichiko | - | - | - |

一瞬の雪に感動
 11日、午前中は宣伝を計画していました。連休3日間宣伝計画です。朝気が付くと雪が降っていました。「ワーォ、雪。お父さん見て」と夫を起こして、しばらく眺めていました。
 ベランダから撮影、よく見ると雪の粒が見えます。

 寒そうな雰囲気はわかります。

 10時からは雪が雨に変わるとの天気予報。宣伝中止の連絡をしました。「なんか寒気がするな・・」寒さのせいだろう思ってエアコンを。それでも寒気が、体温をはかったら、えっ!37.5度ありました。それから38.5度まで上がりました。午前中は休憩することにしました。解熱剤を飲みグッと眠りました。汗をたくさんかいて元気になりました。
 昼から富松のKさんと58件の訪問をしました。少ししんどかったです。

masakiichiko | - | - | - |

はじめまして、赤ちゃん
 「おばちゃん、木曜日空いてる日ない?」と久しぶりの甥っ子からのメールが入りました。「2月7日ならいいよ」ということで、大阪の八尾市から初めて、奥さんと生後4か月の赤ちゃんを連れて来てくれました。
 私はごちそうをつくって、まだかまだかと待っていました。甥っ子とも何年かぶりです。今年で30歳になる青年は新米お父さんの顔になっていました。
 甥っ子と赤ちゃん 「ののか」ちゃんといいます。

 夫が抱っこして、人見知りして私が抱くと泣きます。

 パパにあやされてご機嫌です。

 長女一家は娘の受検がまじかで、次女一家は子どもがインフルエンザで、会いに来ることが出来ませんでした。何かあるとみんなが集まるのが、うちの約束事ですが、いろいろな事情で叶いませんでした。

 優しい甥っ子に、しっかりしたお嫁さんが付いており安心しました。一生懸命に働いてお嫁さんと子どもを幸せにするんだよ、と激励しました。

masakiichiko | - | - | - |

医療生協西昆陽支部の新年会
 医療生協の西昆陽支部新年会に呼んでいただきました。あいさつさせていただき、豪華お弁当をみんなと食べて、間違い探しのゲームを楽しみ、映画を見ました。とっても楽しかったです。毎年参加していますが、今年は知らない方も参加され人数も多かったです。梅酒を少し頂きました。
映画の準備中

 間違い探しにみなさん一生懸命

 新年会の後は事務所に帰り、自転車で宣伝に行きました。一時間半で7回の演説を各辻々で行いました。1回目はボロボロでしたがアドバイスをもらって、2回目以降は上手にできたとほめてもらいました。これからは宣伝を頑張って行っていきたいと思います。県会議員選挙、庄本えつ子必勝のために頑張ります。お会いした人に「この前家まで来てくれたんですね、ありがとう」と言われました。宣伝と訪問が効果的に作用しあっています。

 夕方は、駅前で宣伝行動を、6人で行いました。候補者が来るのかと思っていたら来なかったので、Kさんと半分ずつ演説しました。その後は夜9時まで会議でした。今日も慌ただしく過ぎていきました。昨日子守で休んだので、今日はその分まで頑張ろうと思っていたので良かったです。
 

 

masakiichiko | - | - | - |

孫の子守
 早朝に電話が「お母さん、あかりが熱が高いねん。見れる」という娘から。先日も子守の依頼がありましたが、団会議があり断りました。今回も団会議の日です。でも今回は子守を優先にしました。だれも見れる人がいないから仕方ありません。
 4番目のあかりは、先天性の障害があります。こちらのいうことはちゃんと理解しますが、お話が出来ないのでなかなか意思の疎通ができません。でもおしっこやのどが渇いた、アイス欲しいなどの要求はなんとなくわかります。
 「お母さんといっしょ」が大好きで録画を繰り返し見て、一緒に踊ります。テレビを見せとかないと間が持ちません。一日中部屋の中をうろうろしています。
 可愛いあかりちゃん

 これがインスタグラム?

 お茶の取り合い

 日中は解熱剤で熱はなかったのに、夕方再び高熱が。これはインフルエンザではないか?夕方にパパが小児科につれて行きました。インフルエンザではなかったようです。明日も子守か?と覚悟を決めました。
 あかりちゃんが帰ったら、次女から電話が「遅くなる、保育園に迎えに行って」「えぇー保育のはしごかい」仕方ない、保育園に迎えに行きました。今日は一日子守、夜は会議がありました。しんどい一日です。
 保育士さんは多くの子どもの保育、本当に大変です。私は単なる子守ですが保育士さんは集団保育をするんですから。苦労が身にしみます。

masakiichiko | - | - | - |

なくなったネックレスの縁
 10日くらい前に、検診に行ったときレントゲンのためにネックレスを2回外すしました。2回目にポケットにいれました。
 2日後首にネックレスがないことに気が付きました。探しても見つかりません。悔しくレあきらめきれずにいましたけど、とうとうあきらめて代替えを買うことにしました。
 ネックレスを購入した翌日、「まさき議員トイレに落ちていました。これ議員のですか?」と議会事務局の方が見つけてくれました。
  仝つかったネックレス、30年も前のものですが、大切にしていました。

 ➁購入したネックレス、パールでかわいいのですが、,吠がいいと思いました。

 昨日3月に結婚する姪っ子が断捨離をすると、いろいろもって来てくれました。その中に「前の彼氏から貰ったネックレスがあるんだけど、もってお嫁に行くわけにいかない」と私にくれました。
 L磴辰織優奪レス、SWAROVSKIだそうですが、私にはわかりません。でも素敵なネックレスです。

 ➁とネックレスが3つになりました。一時はゼロになったのに驚きです。落としたネックレスが手元に帰ってくるなんて、,六笋箸留錣強いようです。それがうれしい!やっぱり一番のお気に入りは,任后

masakiichiko | - | - | - |

「幼児教育・保育の無償化と保育行政」について、議員研修に参加しました。
 朝3時に起きしんぶんの配達、5時に帰宅し5時半に東京へ向かいました。ハードスケジュールです。新幹線で品川駅に着き山手線で代々木へ。帰りは全く逆のコースで帰ってきました。もちろん日帰りです。東京と言ってもビルの中、お昼休みに街に出ようにも帰って来れるかが心配で、ビルから一歩も出られず帰りも移動は駅構内のみ。

 午前中は保育をめぐる状況について、保育研究所の逆井直紀氏の解説でした。やはり待機児解消に向けた子育て安心プランの実施、保育士の処遇改善、幼児教育と保育の無償化の概要等のお話でした。
 3歳以上児が無償の対象(0・1・2歳児は低所得層が無償に)
 ➁認可外保育施設、新制度に入っていない幼稚園や幼稚園の預かり保育等は、一部の補助
 9垰費、通園バス代、給食食材料費は対象外
 財政負担は国1/2、都道府県1/4、市町村1/4。無償化になっても自治体の負担は大きい。
 講義される逆井直紀氏

 午後からはシンポジュームで最初は、鹿児島大学の伊藤周平教授の「消費税10%増税で保育・社会福祉施策はどうなる?」
伊藤周平教授のおはなし

 次にジャーナリスト猪熊弘子氏の講義は、「保護者・住民は保育行政に何を望んでいるのか」

 元佛教大学教授・大阪保育研究所の奥野隆一氏は、「保育施設の整備・再編状況と無償化の影響」


 最後は元帝京大学教授・保育研究所長の村山祐一氏による、「保育士確保困難問題を克服する視点」

 
 無償化になった場合、保育の状況はどのようになるのか?先の見えない不安があります。
 保育所が国からの公定価格で安定するわけでもなく、保育士の処遇が良くなるわけでもありません。低所得世帯の負担増の可能性もあります。待機児が減るどころか増えていきます。保育がパンクしてしまうのではないか。大規模保育に変化し保育の質が保てなくなるのでは?等の不安の方が強くなりました。
 消費税が10%になる今年10月から、保育の無償化も実施されます。保護者は保育の無償化は歓迎するという人も多いと思います。しかし保育所や自治体では不安材料の方が多くあります。
 保護者もこれまでは保育料を払っているから、問題があったら指摘をし良い保育が出来ているのかチェック機能が働いていました。無償化になったら保護者は物言えぬ立場になるのではないか。お互いに保育の質を高める力が落ちるのではないか、自治体の財政負担がどれくらいに膨れるのか、非常に心配です。

 保育士の処遇改善は、待機児解消のためには待ったなしの課題です。保育士アンケートでは希望項目として、―5日の勤務 勤務時間は8時間以内にすること G収を300万円以上にすること等です。こんな当たり前の希望が叶う処遇改善が急がれます。村山先生が言われていました「自治体が公私立園を含めて各園の開所・閉所の日程調整を行い、土曜休日保育の当番交代制、センター方式など地域の実情を考慮したシステムを構築し、各園の閉所日の保育保障の体制を築く。今年の5月の10連休をどう対応するにも連動する課題」だと言われていたのが強く印象に残りました。
 

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER