| main |
(仮称)「健康ふれあい体育館 タウンミーティング」の開催
 地区体育館と老人福祉センターの複合施設の建設にあったての市民説明会とタウンミーティングが福喜園で行われました。8回の開催予定で初めての催しとあって、日頃福喜園を利用されている方が多く参加されました。100人は超えていたのではないかな?
 最初の説明で、どこに複合施設が建設されるのか? どんな設計図で建てるのか? 教室の数は? 等公表すべき内容が出ていないままのミーティングとなりました。私たち議員や社協の役員さんにはちゃんと「どこに」「間取りは」などの説明はされたのに、なぜか市民には公表されずに、市民の意見を聞くという何と中途半端なミーティングなのかと思いました。内心「情報を明らかにされないまま何を話し合うというの?」と少し怒りが・・・。
 会場では、グループワーク形式で、職員がそのグループ内に入り市民の話を聞くというものです。「どこに建設されるのか?遠くなったら通えなくなる。市バスの交通費は出すのか?」「風呂がなかったら、福喜園に通う意味がない。福喜園はたてなくてもいいと思う」「全体のまちづくりという観点での計画が必要」「高齢者が多くいるのに、建つ場所によっては一部の高齢者だけが得することになる。この場所で立て直してほしい」等の意見が出されました。立つ場所を教えてほしいの声が多く、武庫体育館と福喜園の複合施設は、「西武庫公園内を考えています」との口頭の答弁がありました。
 みなさんの意見を市の職員さんが、発表してくれました。最後は和気あいあいとなりました。自分の意見をくみ取ってくれたとの参加者の満足があったようです。市民の意見を参考に複合施設の建設を行うとの説明がありましたが、どこまで取り上げてくれるのか、これから見ていく必要があります。

masakiichiko | - | - | - |

台風19号の猛威、一夜明けて
 昨日の台風19号に日本列島直撃しました。昨日は一日中テレビで台風の状況を見守りました。関西地方は台風の直撃がなく被害はなかったようです。ベランダから外の様子を見ても、雨風はあったものの建物、木々への影響はなかったようです。外出を避けている人も多く家の中でひっそりと台風が過ぎるのを待っていました。
  台風一過の六甲山に広がる、夕焼け

 テレビでは関東地方の台風直撃の状況が報道され、1か月前に被害があったばかりで、また台風被害が・・・心を痛めながらテレビを見て心配していました。
 そして一夜が明けて、大きな川の堤防が決壊、越流し広範囲に浸水被害に唖然としました。大雨で千曲川や多摩川が決壊するなんて・・

 しんぶんでは建物の倒壊、浸水状況が・・しかし実際はもっと大きな被害になっています。

 私たちも他人ごとではありません。尼崎市も藻川と武庫川に囲まれています。南の方は地盤が低い。川が決壊したら大変なことになります。尼崎全域に大きな被害になるでしょう。
 千曲川の決壊被害の様子がテレビで写されています。まだまだ被害が広がると報道されています。
 今、私たちに何が出来るか? 早急な救援募金の活動を行うしかできません。共産党の後援会の人たちに呼びかけます。

masakiichiko | - | - | - |

後援会事務所の看板を新しいものに代えました。
 事務所には大きな看板があります。スローガンを掲げているのですが、ユポ紙が劣化でボロボロでした。事務所がみすぼらしくこれでは市民の方が立ち寄ってくれないな。との思いから、新しくすることにしました。今度は劣化を防ぐために、防水加工の化粧板ベニヤに直接文字を入れました。
 文字を書いてくれたのは、県会候補だった高橋しょうごさんにお願いしました。ペンキでの作業にたいへん苦労をかけました。(しょうごさんは、水彩画や水彩絵の具での文字が得意書きが得意な方です)大変きれいに書いていただきました。

 こんなボロボロの看板でした。

 素晴らしい看板に大変身!

 裏表に2枚貼りだしました。

 看板をとり替え作業は、素人4人(一人はセミプロです。その人のご指導をあおりながら)の大奮闘して、こんなに立派に張り替えることが出来ました。週末は台風が来るので、しっかりと固定して、雨風に負けない程、立派で頑丈にしました。
 まだ、ベニヤと化粧板の間を防水にする仕事が残っています。台風の前に雨が入らないように防水のワックスを入れ込まないといけません。またまた大仕事です。

masakiichiko | - | - | - |

「ときめきフェスティバル」楽しかった!
 新婦人が日頃活動している、絵手紙やちぎり絵、親子リズム、フラダンス、コーラス等の習い事を披露する、お祭りが「ときめきフェスティバル」です。その腕前はプロ級です。
 めだかコーラス 歌声が素晴らしい

 もくせい一座の寸劇、フェスティバルのおなじみ一座です。

 毎年参加していますが、今年は午後からの参加でした。日頃から腕を磨いて取り組んでいる技を、舞台で披露します。とっても楽しい会です。私も何かお稽古事をしたいと思いました。着物の着付けと小物つくり等をしたいと思いました。着物は浴衣も着れないので、何とかしたいと思います。

 女性の感性で、「子や孫を戦場に送るな」親が戦場に行った最後の世代として、聞いてきた戦争の悲惨を子や孫に伝える役割。戦争は絶対ダメということを運動する団体として、新婦人の一員として頑張りたいと思いました。

masakiichiko | - | - | - |

楽しい「日本共産党のつどい」でした。
 10月5日に行われた「日本共産党のつどい」大阪の元衆議院議員の宮本たけしさんを迎えてのつどいは面白かった。大阪はお笑いの発祥地とあって、真面目な話でも笑いを取る。ということが大阪の醍醐味だそうです。
 森友問題でも、リアルな裏話が大変面白くて、話にのめりこんでしまいました。ダイナミックな宮本さんのはなしは、多くの人に聞いてほしいと思いました。会場いっぱいの内輪だけではもったいないと思いました。

 宮本たけしさんの話に会場が沸きました。

 本気の野党共闘のために、自ら国会議員を降りて、補欠選挙に出るとは、共産党の本気度が改めて浮き彫りになった大阪12区の衆議員補欠選挙でした。

 不祥事が発覚しても、政党から離党をしても、国会議員は辞職をしない。そんなニュースを見ていると、この方たちは何のために国会議員になったのだろうと思います。国会議員はそんなにおいしい仕事なのでしょうか。
いつでも真面目に全力投球している共産党の国会議員の苦悩を見ていると、大変な仕事なのだと思います。
 次期衆議院選挙で、再び宮本たけしさんが国会でがんばれるように、尼崎市からエールを送ります。そして尼崎からも野党共闘の国会議員を誕生させるために頑張らなあかんと、改めて決意しました。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER