| main |
「子どもの医療、中学卒業まで無料に」 子育て世帯の強い要望です。
 健康福祉委員会に、新婦人から「子どもの医療費、中学卒業まで完全無料化にすることを求める」陳情が提出され,12月12日の委員会で審議がされました。陳述では子どもの医療費を、(入院については所得制限はありますが、中3年生まで無料)通院も無料にしてほしいという、子育て世帯のお母さんたちの声が多く公表されました。若いお母さんたちの声は大きな力になります。私も委員会では、子育て中のお母さんたちの大変さを支えるのは自治体の役割、尼崎市も近隣都市に習って、子どもの医療費の無料化に頑張ってほしいと強く訴えました。
 子どもの医療費については、市長の公約になっていました。12月17日に当局の拡充内容が各会派に報告されました。20日に会派での勉強会がなされます。その提案内容があまりにも納得いくものではなく、がっかりしています。

 内容 現在は0歳は所得制限はなくすべての乳児は無料。1歳から就学前までは、所得制限(市民税課税が23.5万円未満)がありますが無料になっています。所得制限が厳しく3000人の子どもは2割負担のままです。今回は所得制限を撤廃し、2割負担のこどもたちの医療費を、窓口負担一回800円(月2回まで)にしようとするものです。予算は8100万円。ただし就学後の医療費・所得制限はこれまでといっしょ。
 内容➁ これまでは就学前までは無料、小学1年〜小学3年生までは800円月2回まで、小学4年生から中学3年生までは2割負担です。これを、小学4年生からも800円月2回までにするというものです。所得制限はこれまで通り。予算は9400万円。対象者が多いので予算は多くなりましたが、個人にしてみたら800円と2割負担というは金額的にはあまり変わらなく、窓口負担が減ったという実感があまり感じられません。それに800円は1診療科なので、例えば内科と耳鼻科に行ったら800円の2診療科分支払いがあります。また院外薬局で処方してもらったらまた800円支払いをしなくてはなりません。本当に800円というのは負担が大きいのです。
 ➁のどちらにするのか、各会派でまとめて意見を出してほしいということで、当局から話がありました。正直言って「これまで待たせて、市民からの要望も多いのに、提案があまりにも使い勝手が悪い。市民の負担を軽減するまでに至っていない」当局のやる気のなさが伺えます。


masakiichiko | - | - | - |

尼崎城を見学に行きました
会派別に尼崎城を見に行きました。昔の資料をもとに忠実に再現した尼崎城と説明を受けました。内装はほぼ終了し、現在は城周囲の公園整備が行われていました。来年の春にはオープンです。

 城はこじんまりとして、可愛い、美しい城です。後ろにそびえたつ高層マンションが気になるところです。

 4階まで上がりました。3,4階は尼崎市歴史の展示をします。1、2階はイベント会場や尼崎歴史を楽しむミュジアムになっています。

 3.4階から撮りました。レンガつくりの歴史博物館があります。向こう側には、阪神電車が絵になりました。

 昔ほんとの城が建っていたころは、庄下川がお堀の役目を果たしていたそうです。なるほど・・・

 瓦は淡路島から、石垣の石は??県から、壁は漆喰の塗り壁でした。城つくりの建築業者によって、各所に素晴らしい城にしようとこだわりがありました。今周囲の公園を整備していますが、「春になったら、桜の花見ができますか?」とお聞きしました。「若い桜なので来年の花見には間に合わないかも、でもその後は花見の名所になります」と課長さんが答えてくれました。各種イベントや花見、季節ごとの催し事が楽しみです。是非尼崎市民の憩いの場、リピーターが増えることを期待しています。

masakiichiko | - | - | - |

一般質問、園田駅東側高架下の保育園建設に意見を言いました。
 一般質問では、「高架下の保育所設置認可はするな」と訴えました。
 保育所の待機児問題が大きな社会問題になっていますが、その一方で待機児解消のためと電車の高架下に保育所を設置する動きがあります。
 専門家や保護者からは「騒音や振動で保育の質が確保できるのか」と不安の声が上がっています。国の保育基準の中には高架下保育園なんて想定されておらず、騒音や振動の基準がありません。市は基準がないなら「よし」として、保育の設置基準に違反していなかったら、保育所認可を認めるというものです。普通に考えても、無条件に高架下保育所なんて認めるべきではないでしょう。尼崎市は保育所を建てる土地がないわけでないのに、信じられない!と一般質問では猛反対しました。子どもの育ちをなんと考えているんでしょう。高架下の騒音だけではなく、周囲は交通量の多い駅前道路に面しています。
 阪急園田駅の高架下に、尼崎市内で初めて高架下の保育園が認可されました。
 私は、早速調査を行い、阪急電鉄が建設した、阪急西宮北口の今津線駅ホーム下に建てられた保育園も見に行きました。阪急宝塚線の池田市にできた高架下保育園も見に行きました。写真を示しながら、「子どもの生活の場である保育園の設置するべきでないと主張しました。
園田高架下の保育園建設の現場



左右の道路は駅前からの交通量が激しい道路、道路に挟まれた状態で保育所が建つ予定です。

 どのように思われますか?私は市が認可したことに対して、尼崎市の保育レベルが下がるのではないかと、とっても不安です。そして怒ります。

masakiichiko | - | - | - |

一般質問、「小中学校のトイレの洋式化につい」
 私が小中学校のトイレの洋式化を質問しようと思った出来事がありました。市長選挙の時、候補者と宣伝していると小学5年生の女の子3人から呼び止められました。「トイレを洋式にしてほしい。下級生が和式トイレでできずにお漏らしをする子がいてかわいそう。わたしたちも洋式の方がいい」との要望でした。
 尼崎市の洋式トイレは、小学校で62%、中学校で43%です。学校の耐震化、建て替えの工事も一段落つきました。トイレの洋式化を毎年予算化して、着実に進めていくように要望しました。
 私は、要望があった小学校に、和式トイレと洋式トイレを見に行きました。学校の努力で、トイレはきれいに掃除が行き届いていました。各学校は、一か所は洋式にしていますが、すべて洋式化は改築された学校だけです。障がい児用のトイレ以外は、まだ洋式化されていない学校が、小学校で2校、中学校で5校あります。やはり子どもたちが望む洋式化は、今では当たり前の要求です。確実に改築されるように要望しました。

 
教育委員会は、「予算の問題があり、国の臨時交付金がおりた時に、毎年一校一棟づつ、改築している」との答弁でした。満足な交付金が出ずに教育委員会も苦労しています。私は、毎年一校ずつの予算を組み、交付金が出た時に追加工事をする。そうしたら2倍の速さでトイレの改修が出来ます。行うべきと要求しました。
 子どもたちが声を出した要求です。実現できるように頑張ります

masakiichiko | - | - | - |

1か月ぶりです。お変わりありませんか。12月議会「おくやみコーナー」について質問しました。
 尼崎市長選挙が終わって、ふっと気が付くと、目の前に12月議会が迫っていました。さあー大変!ということで、またまたブログが置き去りになってしまいました。そして気が付けば、もう12月「今年もおわりかー」何と慌ただしい1年間なのでしょう。
 昨日やっと一般質問が終了しました。今回は共産党議員団からは3人が一般質問に立ちました。徳田みのる議員、松沢ちづる議員、そして私です。
 私は、「国による学童保育の職員基準の改定」「阪急園田駅東側高架下の保育園建設」「公立小中学校のトイレの洋式化」「おくやみコーナー」の4つのテーマにしました。いずれも市民の相談からのテーマです。市民の声を届けられてよかったと思いました。今回は「おくやみコーナーについて」を掲載します。

『私は、市民から「尼崎市もおくやみコーナーを設けてほしい」という相談を受けました。Iさんは奥様を脳腫瘍で亡くしました。病気により突飛な行動に出られるために、Iさんはずーっとケアに付き添っておられました。その奥様が死亡され葬儀を済ませ、市役所に手続に来ました。初めての経験で何から始めたらいいのかわからず、市民課、国保課、介護保険課、年金事務所等に足を運び、それも何回も、何日も。疲れ果てたそうです。
 一つ一つ抹消手続きする中で、「死亡手続きは妻を2度死なせること、自分が妻を社会的抹消していくんだと思った。妻の死亡を再確認する辛さと、とてつもない淋しさを味わった。対応してくれる職員さんの接遇が重要。寄り添ってほしい」特に年金の抹消は、大変つらかった涙が止まらなかったと。愛する人を亡くし死亡の手続をする人でないとこの思いは想像できないでしょう。
 Iさんは、死亡手続きについて〕莉蠎圓梁臉擇平佑鯔瓦した気持ちを察して寄り添ってほしい、と接遇への要望。∋毀渦櫃琉豎僂縫廛薀ぅ丱掘爾守れる、おくやみコーナーを設置してほしい。手続きの一覧表が欲しい。話を伺う中でこの人にはどんな手続きが必要なのか丁寧に教えてほしい。ぜ,呂匹鵑兵蠡海と必要書類は何かおしえてほしい。ソ侏茲譴舒豎腓能侏茲觴蠡海は、各課を回るのでなく、係の人がコーナーに出向いてほしい。など、多くの要望を出されました。
 尼崎市は年間約5000人の方が亡くなられます。月〜金曜日まで週5日手続き行うとして一日20人以上の来所者に対して、丁寧な対応というのは大変なことです。

高齢者の死亡、手続きするもの高齢者がこれから増えてきます。必要な手続き「ワンストップ窓口」等の対応について、Iさんのような市民の要望にどのように応えますか。見解をお示しください。

 市民から相談があった後、NHKのニュースで大分県別府市の「おくやみコーナー」の報道がありました。その取り組みを紹介します。
 まず、来所者が死亡手続きに行くと、パーテーションで仕切られたスペースがあり、必要な手続きについての説明が丁寧に行われます。お客様シートに亡くなった方の名前や住所、口座番号など必要な項目を記入します。職員がその内容をパソコンに入力すると、10の手続が必要なら10枚の書類が自動的に印字され出てきます。
 来所者は二通りの手続き手順を選べます。一つはおくやみコーナーに担当職員の方から来てもらう。二つ目は自分で各窓口を訪ねますが、おくやみコーナーから各担当者に事前に連絡がいき情報を伝え、書類も整っているので待たされることなく、印鑑を押すだけで手続きを済ませることが出来ます。
 報道後に別府市には問い合わせや視察等が殺到したそうです。兵庫県三田市も今年7月からコーナーを設け実施しています。

質問します
尼崎市はこれまで「おくやみコーナー」の設置を検討されたことはありますか。


 別府市ではおくやみコーナー一元化の取り組みは、若手職員11名による「住民サービス向上のためのプロジェクトチーム」で検討され、窓口業務に焦点を当て、特に煩雑な死亡時の手続に関して専用コーナーの設置を提言しました。これを受け総務課の係長が中心に急ピッチで進め、1か月後にコーナーを開設できたそうです。これは市職員の連携によるものであり、市民サービスに応えようとする職員の情熱がこのスピード感のある取り組みとなりました。
 始まる前は、かえって窓口業務が増えるのではないかと職員の不安もありました。でも導入してみると、手続きがスムースに進むため、すぐに職員の間にも好意的な受け止めが広がったそうです。住民サービスの向上を目指した取り組みが職員の負担軽減につながるという、まさに一石二鳥の結果になったと報道されました。

 市長にお聞きします。
大きな予算を伴うものでもありません、市長のめざす住民サービス一つとして、導入されるお気持ちはありますか。




 今回、身内の死亡時の手続き、おくやみコーナーの要望をテーマにしたのは、私ともう一人の議員二人でした。このテーマは今回が初めてでしたが、別府市や三田市のおくやみコーナーがテレビ、新聞で報道され全国で注目されています。当局は当初「市民からの苦情も要望もない」と突っぱねていましたが、私の質問は市民の声を入れているので突っぱねるわけにもいかず、市民課も関心を持ってくれました。引き続き頑張ります。市民の声をしっかり届けていきます。

 友達が「いっちゃん、ブログが書かれていないから、何かあったのか?と心配したよ。元気」と山口県から電話がありました。大丈夫だよー。凹むこともあるけど、結構いい質問が出来たので元気になりました。議会はあまり得意ではないけど、今回は楽しかったです。やっぱり議会が好きです!。まだまだ12月議会が続きます・次のブログでは「トイレの花子さんのはなし」(小中学校のトイレの洋式化)をします。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER