| main |
夏休みが終わり、学校が始まりました。
 街中を自転車で走っていると、大きな袋を抱えた小学生の姿が。夏休みの宿題を抱え、学校に登校する姿です。
 例年より1週間早く2学期が始まりました。学校にエアコンの設備が出来たので夏の終わりも快適に学習が出来るから、ということです。子どもにとったら複雑でしょう。長いようで短い夏休みが終わりました。

 我が家の孫たちも、高校、中学、小学校とそれぞれ、朝から大忙しです。宿題はちゃんと終わったのかな?聞くと心配が増えるので聞かないことにしました。
 お兄ちゃん、お姉ちゃんたちが学校に行き、取り残されたのが、支援学校に行っている小学1年生。夏休みは11時から放課後デイの車がお迎えに来ます。
 一人で家に留守番できないので、私の出番です。早朝から娘の家で、1年生の孫と一緒に過ごします。11時なったら送り出す任務を授かりました。娘の家に行ったら、洗濯ものが多いこと大人2人と子ども4人分の洗濯をします。部屋のかたずけをして、新聞を読み、テレビを孫と一緒にみたりして過ごします。孫を送り出してからの時間が私の活動の開始です。

 孫たちは楽しかった夏休みの思い出を、2学期の糧にして学校生活を楽しんでほしいと思います。心の栄養はたっぷりと補充しました。2学期の無理せず、がんばれ!

masakiichiko | - | - | - |

帰ってきました
 母の病状も安定しています。週に4日間デイサービスに喜んで行っています。同じ集落の高齢者が一緒に行っているため、仲間意識が強く自分の居場所があるようです。デイサービスに行って笑いと笑顔が増えました。そのおかげで病状が安定しています。介護保険のありがたみをかみしめています。料金も食事や入浴費用を含めて、週4回で月27000円(1割負担)です。年金が月45000円です。十分に賄えます。以前、3か月間ショートステイにお世話になった時には月12万円かかったそうです。低年金者には、ずーとの利用はできません。介護保険の2割負担なんてとても今までのような利用はできなくなるでしょう。

 90歳の母が「93歳になった」と譲りません。その意味は分からないままですが、認知症が進んでないことに安心して、帰ることにしました。兄が「大変になったら、また呼ぶから今は大丈夫やで」と言ってくれました。私も「この人は100歳まで生きるのでは・・」と思いました。幸せな母親です。母は「もう少し生きたい」と意欲満々です。

 バス停まで送ってくれました。兄と母と妹です。よく似ていると言われます。

 熊本駅でくまモンと。

 夫と娘親子と4人で帰ってきました。熊本城に行こうかと話していましたが、帰りのバスが(天草〜熊本駅まで)3時間余りかかりました。熊本城の見学は暑いし時間もなくてあきらめました。また今度。

masakiichiko | - | - | - |

とうとう小学校が廃校に
 祖父母、父母、兄弟、いとこ、甥姪、そしてその子たちが通った小学校が廃校になりました。天草市の志柿小学校です。100数十年続いた学校が、子どもたちの数が1〜6年生まで20数人になりとうとう廃校になりました。今はスクールバスで少し遠い小学校に通っています。50年前は私が通っていましたが、全校生徒は100人チョットはいましたが。長い年月が経ち子どもたちの数が少しづつ減ってきました。それでも20数人頑張っていたのに・・・。これも時代の流れです。
 近所に住んでいる甥っ子の娘たち(3・1歳)が希望の子どもたちです。近くの保育所に通っています。ここでは何人の幼児を預かっているのかな?
 私の実家は小学校のすぐ近くにありますが、すっかり小中学生の姿が見えなくなりました。以前は自転車で通う中学生や小学生が歩く姿が、元気な笑い声がよく聞こえていました。寂しい限りです。
 小学校跡地に行ってみました。校舎はまだ残っていました。校庭は草が生えていました。これが、子どもたちの姿が見えなくなる限界集落なのでしょうか? 目の当たりにして出す言葉もありませんでした。
 若い人たちは故郷を愛しています。しかし仕事がない、給料が安い、田舎では生活が出来ません。だから私と同じように、都会に出た若者は田舎には帰ってきません。
 小学校跡地には記念碑が建てられていました。

子どもの頃は大きく感じられた学校も、こんなに小さな学校だったとは。
 

masakiichiko | - | - | - |

精霊流し
 8月13日に、亡くなった方の魂を迎い入れて、15日には海に帰すという精霊流しを天草の地域の人たちと送りました。各集落から船を出します。
 灯篭・提灯で飾り、果物や野菜・お菓子等寂しくないように飾りつけをして、波止場へかついて行きます。

 台風後の波があるので、船で先導しました。

 食べ物は海の生き物のえさになるそうです。たくさんのまち中の人が波止場に駆けつけて見送りました。私は子どもの頃には毎年見送りましたが、大人になってからは久しぶりに見ました。それにしても子どもの姿が少なくなりました。私より年上の先輩方や高齢者が多い風景です。そんな中で、何人かの幼児が走り回っていました。まだまだこの街にも希望があります。子育てしている若い世帯も健在です。

masakiichiko | - | - | - |

母は健在です。
 母は、とっても元気でした。たのしんでデイサービスに行っています。孫自分の兄弟の名前を言ったりして、混乱します。昔の話しも時代が混乱して、兄から怒られて間違いを笑い飛ばしていました。明るい認知症です。
  90歳なのに、93歳と言い張る母です。
  庭の花壇の草むしりをしました。
 お墓の回りを草刈しました。
  美しい花

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER