| main |
今年一年、お世話になりました。
 今日は、大晦日。私はここ20年間ほどは、大晦日は仕事をお休みして「おせち料理」を作っています。と言っても、自己流の好むものばかりですが。年に一度はレシピを見ながら作るものいいものです。しかし最近は同じ料理ばかりで作るのが飽きてきました。来年からは洋風のおせちにしましょうか。でも、ゴボウやレンコンや大根を見たら煮物を作りたくなります。

 今は、恒例の紅白歌合戦を見ながら、今年はどんな年だったかなと反省したり、思い返したりしています。なんといっても今年は、尼崎市議選では7人全員の当選、参議院選挙での日本共産党の国会議員を増やしていただいたことが、なによりうれしいことでした。私も2期目をスタートしました。来年はもっともっと頑張らなくてはいけないなと思います。
 来年もよろしくお願いします。

 今年の紅白は、若い人たちの活躍がすごいですね、私はなかなかついていけません。「あまちゃん」のメロデェーがよかったです。出演者総出でしたね。
 泉谷しげるの「春夏秋冬2013」に何か感動しました。ドリカムも良かった
です。励まされる思いでした。高橋まりこの「フォ・ユウ」も良かった。

masakiichiko | - | - | - |

特定秘密保護法は廃止に!
 今年最後の、「特定秘密保護法は廃止に」の署名宣伝を、阪急塚口駅で行いました。とっても寒い中でしたが、多くの地域の同志と一緒に元気よく行いました。
 徳田議員と一緒に宣伝

 私も訴えをしました

 署名は一時間で60筆程集まりました。この運動は同じ時間、阪神尼崎駅とJR尼崎駅でも行われました。若い人たちや子ども連れの人たちが、よく署名をしてくれました。関心の高さがうかがわれます。
 特定秘密保護法が発令される前に廃止にしなければとの思いで、年末の迫った中での行動でした。
 終わった後、塚口駅のカレー専門店でおいしいカレーを食べました。ホットするひと時です。
 昼からは、武庫之荘に帰って党活動をしました。成果はありませんでした。いろいろ大変です。

masakiichiko | - | - | - |

「とことん共産党」がおもしろい
 日本共産党のホームページが大好きでよく見ています。動画の「特定秘密保護法」の演説もいいですが、今一番はまっているのが、とことん共産党の動画がおもしろい。12月の参議院議員の新議員、倉林さん、たつみコータローさん、吉良さんを迎えての新鮮な国会情報がおもしろくて、2・3回見てしまいました。1時間18分もあるので、2回目からは少し飛ばしましたが、3人のコメントは感動します。
 新人ながら、国会で大活躍です。新人議員の国会質問は、緊張感が伝わります。見ているほうも緊張します。国民の声をまっすぐ国会に届けているという思いが伝わってきます。
 12月26日は今年最後の放送です。小池あきらさんが出演します。たのしみです。
 そして、仁比参議院議員の「特定秘密保護法の反対討論」は満身の怒りを込めた討論には、何回見ても心が震えます。
 

masakiichiko | - | - | - |

寒い中、行なわれた「反貧困よろず相談会」
 毎年、年末になったら「反貧困よろず相談会」。今年も阪神尼崎の中央公園で開かれました。
 事前に配布したビラを持って、相談に見える方がおられました。そんなに多い数ではなかったけど、真剣に相談を受けておられたのが印象的でした。弁護士や司法書士、市会議員、あすひらく会や民商、年金組合など、どんな相談にも対応できるように協力を求めたものです。
 私も、健康チェックのお手伝いをしました。あったかいぜんざいを頂いた後に血圧を測ります。お酒が好きな人や高齢者など血圧を測り気になっている健康相談などに応じました。みなさんとっても喜んでくれました。
 寒い中だったので、ぜんざいを食べてホッとする方々が多くおられました。みんなで持ち寄って提供された、手袋や洋服なども持って帰っていただきました。短い時間でしたが、善意のある人々が集まっての有意義な時間でした。

 夕方から、武庫之荘事務所で後援会の忘年会をしました。温かい鍋を囲み楽しいひと時をみんなで楽しみました。

masakiichiko | - | - | - |

12月議会が終わりました。
 議会中は、本会議や常任委員会など次々と課題をこなしていかなければならず、緊張の毎日でした。どれも力を抜くことが出来ない、市民の代表として発言をしなくてはとのプレシャーで押しつぶされそうになります。
 「中学校給食の実施を求める」運動はまだまだ続きます。これからの頑張りが実施を左右する重要な局面に差し掛かりました。力抜くことなく市民のみなさんと頑張ります。

 今日は、団ニュースの新年号を完成させました。新年になったらニュースをもってあいさつ回りをします。あっという間に12月が過ぎ1月になります。1月中旬になったら、次は2・3月議会の準備に取りかからなくてはなりません。年4回しかない議会に追われています。そんなことを話し合いながらニュースを仕上げました。
 12月も中旬に差し掛かり、今年も終わりが近づいています。こんな時期には「あぁ、大掃除をしなければ…」という強迫観念に襲われます。今年は小まめに掃除をしたのであまり汚れてはいないように思いますが、日頃目につかないところも掃除をしたいと思います。大切な我が家、快適に過ごすために大切にしないとね。やることがいっぱいで気持ちだけが焦っています。

masakiichiko | - | - | - |

民商の婦人部総会に招かれました
 民商の婦人部総会で「中学校給食の現状」を話してほしい。との依頼があり出席しました。バスから降りたら道筋を間違ってしまい、かなり遠回りして着きました。すでに始まっていて松村議員がお話をされていました。
 私もその後に話をさせていただきました。豪華なお弁当をごちそうになりました。そのあとは、ちぎり絵を皆さんと一緒に体験しました。
 お猫がかわいい、ちぎり絵です。

 見本のちぎり絵、素晴らしい作品でした。

 私も、初めて作りました。つい夢中になり最後まで楽しく作りました。
 私の作品、クリスマスカードです

 色紙(新聞のカラー部分)を自分の感性で手でちぎり貼っていきます。つい夢中になります。作品が出来上がったらとってもうれしくなります。そして自分だけの作品がとっても愛しく思います。出来上がりはともかく・・・

masakiichiko | - | - | - |

山下よしき参議院議員を迎えて
 今日は、山下よしきさんとの集いが開かれました。会場のいすに座りきれないで立ち見の人も多く、今の国会の状況をリアルに聞こういう人たちでいっぱいでした。リアルなうえに熱弁で迫力がありました。笑いもあり会場が熱気であふれていました。おもしろいばかりでなく、未来の展望が開けるような話が良かったです。
 熱弁、山下よしき参議院議員

 こんなに多くの人が聞き入りました。

 会場からの質問も、興味深いものでした。最後に山下さんと握手して帰りました。そしたら「いちきさん」と山下さんに言われました。えっ、覚えていてくれてはったんですか?でも「いちき」ではありません。「いちこ」です。と言いませんでしたが…

 昨日は、4人の孫を預かりました。ママが忘年会で、パパが夜勤だったので、お泊りをしました。
 ご飯食べて、風呂に入れそれは大変でした。夜の9時にみんなを寝かしつけようと部屋を暗くしていたら、寝てしまいました。下の子に寝る前にミルクを飲ませるのをわすれて、夜中に空腹でぐずりました。子育ては大変だとつくづく実感しました。私も通ってきた道ですが、もう一度やれと言われても出来ません。

 ミルクを足で持って飲んでいます。びっくりしました。
 つかまり立ちができるようになりました。

 朝、ママが迎えに来て嵐のように帰っていきました。孫は来るときもうれしいけど、帰るときもうれしいです。

 

 

masakiichiko | - | - | - |

文教委員会で中学校給食の審議をしました。
 昨日は、文教委員会でした。陳情が2つ出ていました。
 1、教員加配を維持した少人数学級の推進及び義務教育費国庫負担制度充実についてに陳情。
 2、中学校の完全給食の実施についての陳情。
 1については、教育委員会も少人数学級と教員加配の実施が望ましいとの見解でした。教育委員会の希望を支えるためにも、市議会としても国に意見書を提出しましょう。と提案しました。結局は継続審議になりましたが、次回の委員会では採択できるように、各会派で意見をまとめてくるということでした。
 2については、市議会として中学校給食実現に向けた検討委員会を立ち上げるようにと採択を求めました。他会派(緑のかけはし、公明党)は採択しようという意見が出ましたが、新政会・市民グリーン・維新の会は次回までに会派の意見をまとめてくるということになり、継続となりました。もうすこしで採択になりそうだったのに残念です。次回こそ文教委員会の総意で賛成できたらいいと思います。次回の文教委員会は1月31日(金)です。

 2.3日前から風邪をひいてしまって、今日は一日家でゆっくりと静養しました。おかげで元気になりました。

masakiichiko | - | - | - |

怒りの特定秘密保護法制定
 昨日の国会での特定秘密保護法の採決に強い不安と怖さを感じます。
 何回も日本共産党のホームページで、反対討論に立った仁比聡平議員の訴えを見ています。怒りがこみ上げてきます。
 国民に事実を伝える、私たち議員の役割はどうなるのでしょうか?
 反対討論で『日本共産党は広く国民各層と手を結んで、憲法を高く掲げ、米軍とともに海外で戦争する国に変える企てと断固としてたたかう』と言っていました。運動を高めていかなければならない責任は重大です。
 国民が知らないうちに戦争する国に変えられ、いつの間にか徴兵制が牽かれる、そんな国を子どもや孫に継がせるわけにはいきません。廃案を求めて、これからが正念場です。与党はなんと大変な法律を通してしまったのか。怒りでいっぱいです。そして不安でいっぱいです。

masakiichiko | - | - | - |

特定秘密保護法案、絶対に廃案に!
 今日の参議院特別委員会で、特定秘密保護法案が通ってしまいました。明日にでも本会議で決まってしまいそうです。今、世論が全力で暴挙を許さない講義をしています。
 昨日は尼崎市でも「特定秘密保護法案の衆議院強行採決に強い怒りをもって抗議し、法案の廃案を求める抗議行動」のデモ行進に参加しました。

 日本共産党議員団と緑のかけはしの議員の紹介されました。「一緒に頑張りましょう!」

 250人の抗議行動

 抗議集会の後、阪神尼崎から三和商店街をデモ行進しました。

 今日、一般質問で田村議員が、「稲村市長に特定秘密保護法案の見解を問う」質問をしました。
稲村市長の答弁
『一人の政治家として、ご答弁申し上げます。
お尋ねの、いわゆる特定秘密保護法案につきましては、たとえ、現在の法の制定者が、恣意的な運用や、言論の自由を萎縮させる意図を持っていないとしても、本当に将来にわたり、わが国の民主主義の根幹を揺るがすことはないと言えるのか確信を得られない法案だと思います。
 国会において、慎重に審議がなされることを願っておりますが、現在の内容並びに審議状況での法の制定には、私は反対の立場でございます。』

masakiichiko | - | - | - |

中学校給食の早期実施を求めました。
 一般質問の初日、私は「中学校給食の実施を求める」質問を行ないました。
 市長と教育長の答弁は、なかなかいい答弁はもらえませんでした。でも、給食実施を追及することが出来ました。内容は以下の通りです。会派の先輩から「端的でいい質問だったよ」褒めていただきました。

日本共産党議員団のまさき一子です。今日は「中学校給食の早期実施」について質問をします。
≪注文弁当事業の行き詰まり≫
教育委員会が2012年10月からスタートした「中学校注文弁当」について、
当初の目的は、「家庭から弁当を持参できない日、菓子パン等で昼食を済ませている子どもたちに、食育および子育て支援の観点から、安価でごはんを主食とし、栄養価があってバランスのとれた弁当を提供する。」としています。

1、まず、最初に質問します。
|輅己枦方式を導入して、パン食ですませる子どもに対してどれくらい効果がありましたか?
効果のあるなしをどのような方法で調査をしたのですか?

注文弁当事業は2012年に3校で実施し、目標10%の利用率をめざしていましたが、今年度に入って1%を超したのは4月・5月のみ、その後は0.7~0.4%。そして10月は0.5%、11月の利用率は0.6%まで落ち込んでいます。各学校一日に2〜3人の注文しかありません。
今年7月から5校が追加されましたが、当初は5校平均4.8%でした。9月2.3%、そして10月・11月の利用率は2%の利用にとどまっており、各学校一日平均12人程度の利用状況です。
教育委員会は、利用率アップのために,竿咾領未鯊臉垢蠅鯀べるようにする。⊃醜用紙を1回毎とまとめて注文できる方式にする。K莢麒枦の実物の写真を撮って、フェイスブックに掲載する。だ古未龍擬爾龍瓩で注文受付をする。ダ古未琉娶ポストを設け、リクエストをメニューに反映する。などの工夫を凝らしてきました。
また、「当日申し込みができないために、注文数が伸びないのではないか」という分析のもとに、日新中学校では、試験的な試みとして、1週間の限定で、弁当事業者の協力のもと、教育委員会事務局で事前に毎回30個を申込み、それを回す形で当日受付を行いましたが、子どもたちの注文数は伸びませんでした。結局は当日注文ができないから弁当を希望しないと言いうのは、注文が減った原因ではないことがわかりました。
教育委員会は、利用率アップの努力をしたと言いますが、これまでの実績から見て中学校注文弁当方式は、じり貧事業であると言わざるを得ません。

2、質問します。
教育委員会にお聞きします。昨年開始した3校と今年から拡大した5校の状況は、それぞれどのように評価されていますか?

≪弁当事業の費用対効果、低下の一方≫
 尼崎市は先細りの注文弁当事業に、人件費を除く2012年度決算で518万円、2013年度予算では1534万円を計上しました。その内訳は空き教室の配膳室への整備・改修等の工事費や冷蔵庫・温蔵庫や弁当箱の備品購入費等の初期投資と業者委託料のランニングコストとなっています。
注文弁当事業、10%目標に1%程度にとどまっているような、じり貧の利用状況のもとで、予算を使うのは問題があると考えます。
それでも市は、来年度は新たに5校増やして、計13校に拡大する予定のようです。

3、質問します。
,海譴泙任亮太咾ら「注文弁当事業」は費用対効果が低いという実情について、教育委員会としての見解をお聞かせください。

△海了業は失敗だったと言わざるを得ません。このような状況で来年から事業を拡大するつもりですか?

奈良市では、尼崎市と同じように家庭からの弁当持参を原則に、2006年から2校の学校で「弁当選択制」を導入しました。07年新たに4校、08年にさらに5校拡大し11校で実施されました。しかし利用率は1.4%にすぎませんでした。
 そして09年市長選挙で「中学校給食の実施」を公約に掲げた候補者が当選されました。
これを受けて「中学校給食導入検討委員会」を立ち上げ、計8回の議論がされ、「食育」「地産地消」「防災」「食の安全」「コスト」など、十数項目の視点から実施方式が検討され、中学校給食の未実施校すべてで「自校調理方式」で実施することが望ましいとの意見書が提出されました。今年から中学校2校をモデル校として給食が開始され、来年にはさらに4校で実施予定となっています。

4、質問します。
尼崎市も奈良市のように、早期に方針の切り替えが必要と思いますが、いかがですか?

    これで第1問目を終わります



第2登壇
≪兵庫県、急速に広がりみせる中学校給食≫
 中学校完全給食は、全国では82.4%の公立中学校で実施されています。兵庫県では41市町あります。その中で全校で実施しているのが29市町、一部実施が3市、未実施が9市町で全体の53.4%、全国ワースト4位の実施率です。特に阪神間の都市部での遅れが目立っています。学校数が多い神戸市や尼崎市が未実施なのが、実施率が低い理由です。
しかし、近年多くの市民から「中学校給食を実施してほしい」と望む声が高まってきました。本市にも昨年と今年、多くの署名とともに陳情が提出されました。
とりわけ近年には、首長選挙の公約に掲げたことが機会になり、給食実施の取り組みのきっかけとなっている市町が多いようです。
遅れていた阪神間都市でも、全国の実施にならって中学校給食への取り組みを始めています。
芦屋市は、地域性にこだわった自校調理方式で、2015年1校からスタートするとして各学校に調理場を作る計画を立てています。中学生・保護者・教員・市民の4000人アンケートを実施し、「芦屋市立中学校の昼食を考える懇話会」を設置し、その答申に基づいて実施を決断したものです。
明石市では、一般市民・小中学生・小中学生の保護者を対象に、住基台帳から無作為に抽出した6000人を対象に、アンケートを実施。「明石市立中学校給食検討委員会」を立ち上げ、10回の会議を重ねてきました。報告書に基づき〃从兩安定的な安全・安心で質の高い給食を提供する、としてセンター方式で、2015年からスタートします。
神戸市では、2012年から「神戸市立中学校の昼食のあり方検討会」を開催し、「教育」「健康増進」「経済的困窮対策」「子育て・子育ち支援」「男女共同参画」の5つの側面から 給食の意義や重要性を認めた意見書が出され、具体化しています。
伊丹市と川西市は、給食実施を踏まえたアンケートの実施と検討会が開かれているところです。
西宮市、宝塚市、猪名川町では、ご存じのとおりとっくの昔に完全給食が実施されています。阪神間では尼崎市を除く自治体で中学校給食が急速に進み始めました。

阪神間だけではなく、兵庫県全体でも中学校給食が広がっています。未実施の高砂市や稲美町、一部で実施の加古川市や加西市も全校実施を検討し実施予定が決まりました。
兵庫県内で完全給食の実施予定がないのは、公立中学校349校中、尼崎市19校と上郡町1校、姫路市家島2校の22校だけになります。
5、質問します。
兵庫県でも今、計画されている自治体が全部施行となると、公立中学校は93.7%の実施率となります。これでは「中学校給食のない街、あまがさき」という、レッテルが貼られます。市長、それでいいのですか
≪市長公約、注文弁当事業のバージョンアップ≫

2010年、「注文弁当のバージョンアップ」を市長公約に掲げて当選された稲村市長です。
たしかに、今回の注文弁当は、メニューの改善や温蔵庫・冷蔵庫、カラフルな弁当箱などの設備の改善がされました。
しかしその結果は、利用率の低さを改善することはできませんでした。やはり小学校と同じ給食の実施が必要なのです。学校給食法に基づいた「学校給食実施基準」では、〆濆酸諺完を給食の対象とする。⊇毅飢鷦損椶垢襦児童生徒に個々の健康や生活、地域の実情などに配慮する。こ惺撒訖に供する栄養内容の基準を定める。としています。この条件を満たす給食実施を目指して、検討に入るべきと思います。

6、市長に質問します。
中学校給食は、市長公約に入っていません。しかし注文弁当がじり貧状況のもと、市長の任期中に給食実施を見据えた方針に変える考えはありませんか?

≪給食実施を前提にした、検討会の取り組みが急がれる≫

私は、これまでも繰り返し中学校給食の早期実施を求めてきました。そのたびに財政難を理由に「学校耐震化を最優先に行っている。」との答弁を繰り返し聞いてきました。
教育委員会は、学校耐震化工事の終了後はエアコンの設置、学力向上、老朽化施設の改修という多くの課題を抱えています。どれも待ったなしの問題です。しかし、中学校給食の実施をするという決断は極めて大切です。

今年5月に市長に当選された、伊丹市の藤原市長は「都市間競争の時代にあって、子育て世代は、中学校給食のあるなしが住む町を選ぶ際の視点の一つになっている。中学校完全給食の実施に向けた検討をしていく」と見解を述べておられます。
また10月13日付けの読売新聞の記事に「食育の取組み強化や育ち盛りの中学生に温かくて栄養バランスのよい昼食を提供する意義、共働き世帯の負担軽減などから、全国的に中学校に導入しようという動きになっている。給食があるかが、子育て世代の転居先の判断材料の一つになっている」とありました。
稲村市長は、施政方針の中で「住民福祉の支え手となる現役世代の定住・転入の促進、健康で自立した生活の確保、税収の安定・向上につながる取組みなどにより、都市の体質転換をめざします」と言われています。
どこの自治体でも財源が苦しい中、決断をしました。それは、学校給食は「未来を担う子どもたちへの投資」という考えからです。
 尼崎市は過去の大型公共事業の多額の借金返済に苦しんでいます。そして市民もまた、サービスを削られ続け我慢をしてきました。

7、市長に質問します。
未来を担う子どもたちへの投資と考え、また子育て世代から定住・転入を選ばれる街づくりを行なう上でも、子育て世代が一番望んでいる中学校給食実施の決断を今こそするべきです。その上で検討会を立ち上げるべきと思います。いかがですか?

これですべての質問を終わります。ありがとうございました。


 市長の答弁は、「小学校が行っているような給食が必要なのはよくわかるが、学校耐震化工事が終わったら、クーラーの設置、学力向上、老朽化施設の改修などやることが多くある。給食を最優先にすることはできない」と苦しい答弁でした。しかし中学校給食も待ったなしの課題です。周囲の自治体はすべて給食を実施する方向に進んでいるんですから。尼崎市だけいつまでも弁当というわけにはいきません。財源が苦しい町というのはたいへんです。なんか切なくなります。でも、多くに市民が望んでいることです。陳情も出ています、文教委員会で審議したいと思います。

masakiichiko | - | - | - |

本会議の初日、特定秘密保護法案に反対意見書提出を提案しました。
 特定秘密保護法案に反対する意見書を、市議会として政府に提出しようという提案をしました。残念ながら、否決されてしまいました。
 賛成は日本共産党議員団7名、緑にかけはし6名、新風グリーン4名でした。
 反対が、新政会10名、公明党9名、維新の会4名、無所属1名でした。17対24で否決されました(議長は裁決に加わらず)
 以下は田村議員の賛成討論です。

 「特定秘密の保護に関する法律案」に対する意見書の賛成討論
                  2013年12月3日 田村征雄
日本共産党議員団の田村征雄です。
「特定秘密の保護に関する法律案に対する意見」に賛成の討論を行います。
臨時国会の審議では、いわゆる秘密保護法案の危険性が次々と明らかになり、国民の反対の声が日に日に広がる中で、11月21日、日比谷野外音樂堂で行われた反対集会は1万人の人々であふれました。
しかし11月26日、自民、公明の与党と「修正」に合意したみんなの党で「特定秘密の保護に関する法律案」を衆院特別委員会で強行採決し、衆院本会議を通過させる暴挙が行われました。 
 この秘密保護法案は国民にほとんど知らされないまま突然国会に提出され、衆院特別委員会での質疑に対しては、担当大臣と他の大臣の答弁の食い違いが何度もあり、世論調査では、国民の圧倒的な多数は、今国会での成立は急ぐべきではないという結果が出ています。
また、衆院特別委員会の採決の前日、25日に福島県で開かれた地方公聴会では、与党の推薦を含め7人の公述人全員が法案に反対あるいは慎重審議を求めました。公聴会はやったというアリバイづくりのためで、国民の意見ははじめから聞く気もない、成立ありきという与党の異常な姿勢でした。
法案は、政府が「安全保障」に妨げがあると判断すれば、軍事、外交、スパイ防止、テロ対策など広範な行政情報を「特定秘密」と指定できる仕組みです。「安全保障」とさえいえば「秘密」の範囲はどこまでも広がる仕掛けで、審議の中では原発事故の情報や環太平洋連携協定(TPP)などの外交交渉さえ、「特定秘密」に指定される危険が明らかになりました。 
公聴会で福島弁護士会の槇副会長は「政府や企業にとって秘密でも、国民の生存に切実な情報は公開すべきだとし、政府や東電の事故対応を批判したうえで、法案の厳罰化による萎縮で原発情報の開示が妨げられる可能性がある」と指摘しています。
また「特定秘密」を取り扱う公務員は家族まで調査され、故意ではなく過失でも秘密を漏らせば厳罰です。国民もなにが秘密かわからないまま「秘密を漏らせ」と働きかけたとか「知ろうとした」とか疑いをかけられ、犯罪者にされる恐れがあります。実行しなくても、未遂や共謀、教唆、扇動したとみなして逮捕される危険があります。
 さらに、秘密保護法案の参議院での審議が始まり、新たな問題点も浮かび上がってきています。
 法案は、「行政機関の長」が勝手に指定した「特定秘密」について、他の行政機関などへの提供は「安全保障上必要がある場合」に限定し、立法権を担う国会や司法権を担う裁判所に対しては、「公益上の必要」があっても、提供をきびしく制限しています。
 法案には国会などに「特定秘密」を提供するのは、あくまでも「安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認めたとき」と明記されています。法案を担当している森雅子大臣は、外国から秘匿が求められたような「特定秘密」は提供しないと明言しました。行政府が国会に提供しない「秘密」を認めるなどというのは、国民主権の議会制民主主義をないがしろにするものです。
 「特定秘密」を国会に提供する場合も、委員会を議員以外の傍聴を認めない秘密会にし、「特定秘密」は非公開にすることが条件です。行政府が立法府の活動に一方的に制約を課すなど、国会を「国権の最高機関」と明記した憲法をふみにじるものです。
 憲法62条は、国会議員の国政調査権を保障し、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる、としています。ところが、政府が求める条件に従わなければ「特定秘密」を国会に提出しないというのはまさに本末転倒です。
 秘密会では、国会議員が「行政機関の長」から提供を受けた「特定秘密」を秘書や所属政党の役員に報告し、議論することもできなくなります。万が一、国会議員が「特定秘密」を漏洩(ろうえい)すれば、5年以下の重罰が科される恐れもあります。国会の国政調査活動が大きく損なわれ、立法権そのものが侵害されることは明らかです。
 これらは、それぞれの政党の地方議員が国会議員と連携し、調査活動を行う場合にも制限があることを示しています。
 衆院特別委員会での強行採決のあとも、廃案を求めて国会には多くの国民が詰めかけています。廃案を求める声は、労働者、市民、学者・研究者、弁護士、ジャーナリスト、演劇人など広範な国民に広がっています。ノーベル賞受賞者の益川敏英、白川英樹両氏を含む著名な31人の学者が、秘密保護法案の衆議院での強行採決を批判し廃案を求める声明を発表しました。
 「特定秘密保護法案に反対する学者の会」は11月28日、東京で記者会見を行い、300人(28日現在)を超える学者から賛同がよせられ、現在も増えつづけている」と報告しました。同会は、益川氏や白川氏のほか、哲学の内田樹(たつる)神戸女学院大学名誉教授、政治学の姜(かん)尚(さん)中(じゅん)聖学院大学全学教授、歴史学の加藤陽子東京大学教授など多彩な分野の学者からなります。
 声明は、成立を強行しようとする与党の姿勢を「思想の自由と報道の自由を奪って戦争へと突き進んだ戦前の政府をほうふつとさせる」と批判。「『秘密国家』・『軍事国家』への道を開く」法案に「学問と良識の名において」反対するとしています。
 また、司法の面では、秘密保護法で逮捕された国民は、何が秘密か知らされないまま逮捕され、裁判では、裁判官も弁護士も知り得た秘密の内容を漏洩すれば逮捕されるという、憲法の基本的人権がまもられる現在の裁判制度、司法のありかたからみれば無茶苦茶といってもいい内容であることが明らかにされました。
また、沖縄の米軍基地やオスプレイの飛行ルートなどの取材や原発の実態や原発事故の実態などの自由な取材が制限されることで、国民の知る権利が奪われます。
 だから、日本弁護士連合会・日弁連も自由法曹団も日本ジャーナリスト会議、日本新聞協会、外国特派員協会、日本ペンクラブ、著名なテレビキャスターなどが一斉に、秘密保護法案の廃案を求める意思表示を行い、国民に廃案にしようとよびかけています。
 全国でそして国会周辺で連日のようにくり広げられる反対運動で、「悪法を廃案にせよ」と叫んでいるまさにその時、自民党の石破幹事長がブログに「主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。」と書き込んだことが明らかになりました。
 これに対する批判があがる中で「テロと本質的に変わらない」という部分を撤回し「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思う」に改めました。
 石破発言に対して「デモに参加している人は犯罪者、と聞こえる」あるいは「市民を威嚇している」と、参議院特別委員会で野党議員が批判しました。
今朝の毎日新聞では「政府がテロの定義を拡大解釈し、秘密保護の名目で憲法が保障する表現の自由を侵害しかねないとの疑念を招いたと報道しています。まさにその通りです。
審議中の参議院でも強行採決が繰り返されれば、それこそ国会の自殺行為になります。
この法案が、国民の知る権利と言論・表現の自由を奪い、日本国憲法の国民主権、基本的人権、平和主義など憲法の基本原理に反することが明らかになっています。
 参院本会議では、仁比聡平議員が「政治的立場は違っても、国民を代表し行政権力に迫ってこそ、国会議員ではないか」と訴え、党派を超えた大きな拍手が沸き起こりました。
国民の目、耳、口をもふさぎ、民主主義を委縮させる社会にしようという企てを許してなりません。国会内外の大きな力で希代の悪法を葬るべきです。
憲法の基本原理に反する悪法を制定しないよう求める意見を、この尼崎市議会から政府に突きつけていこうではありませんか。
以上、議員のみなさんのご賛同をお願いしまして賛成討論を終わります。

masakiichiko | - | - | - |

明日の12月議会本会議で・・・
 本会議では、「特定秘密保護法案」に対する、反対・廃止する意見書を提案します。日本共産党議員団と緑のかけはしで共同の意見書提出の提案を出しました。新風グリーンも賛同してくれていますが、新政会と公明党、維新の会がどんな態度に出るのか?   反対多数で否決しそうな感じです。
 日本共産党議員団の田村議員が、「賛成討論」を述べます。ぜひ聞きに来てください。
 特定秘密保護法案は今、参議院で審議がされていますが、世論が反対の声が強まっています。参議院で通してはなりません。参議院の良識が問われています。
 
 私は、4日(水)の11時10分ごろから一般質問します。「中学校給食の早期実現」を求めます。30分ほどです。聞きに来てください!
 12月5日は、田村議員が11時30分からです。。丕庁仄凖餌爐留洞舛砲弔い騰企業立地促進条例の見直し5賚働福祉会館の使用についてぢ斥杆発電の普及についてです。
 12月6日は、徳田議員がが10時45分からです。|楼莊从竸橋修砲弔い騰⊂暖饑婆簑蠅砲弔い騰市税徴収についてです。
 同じ日の16時10分からは、松沢議員が介護保険の見直しについてです。
 最後は12月9日は松村議員が.曄璽爛譽控鐶霾欷遒砲弔い騰∪験菠欷酲_正について生活保護単身高齢者の援助についてを質問します。
 今回は、4日間あります。いつもは3日間ですが、発言議員がおおくて4日間になりました。みんなはりきっています。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2013 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER