| main |
自治体学校に参加しました。
 7月26・27・28日の3日間、仙台市で行われた、自治体学校に共産党尼崎市議団5人で参加してきました。連日の猛暑で疲れていた体に、北国のしばしの涼しさを体感することが出来ました。
 仙台市は、宮城県の県庁所在地であり、政令都市です。人口は100万人を超え、由緒ある東北大学が広々と建てられ、学生さんや若い人が多く街中を歩く姿が目立つ、緑豊富な大都市でした。まだあちこちで震災復興の整備工事が行われていました。

 1日目は、早朝に伊丹空港の兵庫県の参加者は集合し、飛行機で仙台市へ、午後の講演開始にぎりぎり間に合いました。一橋大学名誉教授 杉原泰雄氏の「日本国憲法の地方自治 ―この「多重危機」のなかで考える― の講演からスタートしました。
 日本国憲法は平和憲法ともいわれ、戦争の反省をもとに非武装と非戦の立場から作られました。しかし憲法において2つの問題が軽視されてきたと、先生は言われます。
 まずは「戦争の放棄」です。憲法が出来てからわずか3年で、警察予備軍ができ保安隊・警備隊になり、1954年には陸上・海上・航空の3自衛隊が設けられました。1960年には日米安保条約によって日米の軍事協定と自衛隊の強化、日米の経済協力の促進を約束しました。そして、近年では国防支出の総額が世界第5位の軍隊になり、イラク戦争に戦時出兵するまでになっています。

 そして2つ目の憲法軽視の問題は、「地方自治」です。なかなか難しく理解が出来ていません。地域社会・地方公共団体の集まりが日本です。日本の発展のためには、地方公共団体における生活・産業・文化の発展に関わっています。そのためには地方自治の充実と活性化が必要です。しかし憲法学界では憲法制定の当初から地方自治については消極的でした。今でも地方自治が憲法研究の主題のなっておらず、取り組んでいる学生はごく少人数の状態が続いています。
 国民の政治意識も、中央政府の政治こそが政治の中心的問題で、地方自治の重要度は低いものと考えられています。

 杉原先生の講演

 福島県浪江町長、馬場有氏の講演
 町長さんは、震災当時は東電からの情報が伝わらず、混乱の中放射線汚染を避けるために避難したのが、放射線量は高いホットスポットであったということがあとで分かった、取り返しのつかない健康被害を負わせることになった。と悔しそうに話されていました。最後の「原発の再稼働は、絶対にダメ。二度と原発事故は起こしてはならない」ちからをこめていわれていました。

 震災直後から大槌町の町民の命を守るためにほんろうした、保健師の岩間順子さんの話
 40人が犠牲になった、大槌町の職員として「住民の命を守る。住民の奉仕者」として働き続けた思いが聞いている人たちの胸に突き刺さりました。


 河北新報の報道部、震災取材担当の小島直弘氏のお話
 震災直後から、情報が全くななく不安で避難されている人たちに、情報を伝え続けた新聞の果たした役割を話されました。

 東日本大震災から3年たって、初めて被災地で開催された自治体学校、あの事故を風化させてはならないという主催者の思い、東北の決意を胸に刻んだ研修会となりました。
 2日目以降の学びは明日のブログで・・。

masakiichiko | - | - | - |

赤ちゃんがいっぱい
 今日は、以前から約束していた「赤ちゃん大集合」の会を開催しました。
 今年の3月・4月・5月生まれで、お友達に孫が出来ました。初めての子どもで新人ママさんが、子育てで何かと不安もあるのでは・・・とばあば達が計画しました。赤ちゃんはすくすく育っており、ママたちも元気です。心配していた夜泣きもなく活発に育っていました。

 1ヶ月ちがいの赤ちゃん、少しずつ大きさが違います。みんな生まれた時は小さ目でしたが、成長しています。3人とも男の子です。

 3歳のお姉ちゃんも今日は夏風邪で、保育園をお休みしました。4人でハイチーズ!

 新人ママさんたちも、子育てに一生懸命でした。

 お昼はそうめんを食べながら、子育ての楽しみや不安を聞きました。3人のばあばはお友達なので、話に花が咲きました。ママたちは初対面で少し打ち解けるのに時間がかかりました。新人ママさんも子どもの成長と同時に、素敵なお母さんに成長しています。この子たちに平和な世の中をバトンタッチしたいと思います。

masakiichiko | - | - | - |

最高の気分転換になります。
 外に出て自転車走らせるだけで、汗が滝のように流れます。そんな日は涼しい室内で過ごす時間は至福の時です。しかしそんなことは言ってはおられません。 7月は「躍進月間」です。なかなか成果が上がらずに、気分が落ち込みやすくなります。そこで、1か月に1回新婦人で集まって、「やりたいことをしよう」。
 7月21日は、2回目の絵手紙をしました。6人でおしゃべりしながら、真剣に描きました。

 食べたくなるようなトマト。ミョウガが雑になってしまいました。
 緑のオクラがうまく描けました。赤いのもオクラです。赤いオクラは初めて見ました。

 みんなの作品です。素晴らしい出来栄えでした。

 クーラーの効いた部屋で集中してできるので、書いた後は気分がスッキリします。次回も「手紙をしよう」ということになりました。はまりそう!

 23日は文教委員会でした。7月に新しい委員が改選されて初めての委員会でした。文教委員会だけは、耐震化工事に伴う小学校に建て替えで、事業者が決まりました。承認してくださいという議案が出ました。議案や協議会に多くの質問や意見が出ました。私も頑張って発言しました。
 行政視察の内容や日程についての採決では少しもめることになりました。共産党議員団は行政視察を「2泊3日」と一律に決めることには反対の立場です。行きたい場所がなかったら、やめることもいいと思っているし、議員活動に必要なところがある場合は1泊でもいいかなと思っているからです。今はインターネットで必要な情報はとれます。
 どうしても実際に見てこなければと思うところは行ったらいいと思いますが。初めから2泊3日ありきの行政視察はどうかなと思っています。旅費は大切な税金です。
 というわけで、包括的議決には反対の立場から退席しました。(すでに議運で賛成多数で決まっていましたから、反対はできませんでしたので退席という行動になりました)
 委員会が終わってやれやれです。

 今日は、孫2人が熱を出して娘の代わりに子守をしました。小学生2人が夏休みで、4人の子どもが家の中にいます。小学生は、プールや公民館で宿題したりしっかり親の言うこと聞いて、計画的に夏休みを過ごしていました。
 娘のところに行ったら掃除・洗濯などやることがたくさんです。まぁ、洗濯物が多いこと・・。

masakiichiko | - | - | - |

「日本共産党兵庫県地方議員研修会」に参加してきました
 7月18日・19日とたつの市で、議員研修会に行ってきました。毎年この時期に開催される研修会です。記念講演は中央自治体局次長の金子邦彦氏の、「国政と地方政治をめぐる動向と地方議員活動」のお話でした。
 兵庫県下の共産党議員団が集い、地域での活動を報告し、今後の議員活動の糧とするもので、大変はげみとなります。毎年各地域で頑張っている仲間との出会いを楽しみにしています。

 一番前にすわった、松村議員と松沢議員

 なぜか離れた席に座る、川崎議員

 徳田議員と私。まじめに勉強しました。

 みんな揃って記念写真。中央が辻議員

 翌日早朝に、国民宿舎の周囲を散歩しました。もみじの新緑に日頃のせわしさを忘れホッとしました。
 午前中はそれぞれが分科会に分かれ、学習をしました。私は「情報発信の質と効果を高めるメディア戦略」と言って、要するにFacebookやツイッターなどの効果的な活用を学びました。これからどのように活用していくかを考えるいい機会となりました。楽しい研修会でした。
 
  帰りに駅に向かう途中で、大きな木へと進化しているサボテンを見かけました。

masakiichiko | - | - | - |

「難波の梅」小学校の改築工事の議案がでました。そこで・・・
 市役所の近くにある、北難波小学校と梅香小学校が統合したのは、今年4月です。子どもたちは現在は梅香小学校を「難波の梅小学校」と改名し、通学しています。今回、北難波小学校を全面改築をして、H28年4月予定で新難波の梅小学校として移転することになります。その工事案件が文教委員会に付託されまし
た。
 私は2年目の文教委員として、議案の審議を行ないます。そこで「難波の梅」という名称の由来を知りたくて、熊野神社に行ってきました。

 熊野神社の境内で記念写真

 「しだれ梅」

 いろいろな種類の梅の木が育っています。

 天正の時代に仁徳天皇が度々おとずれになり、見事な梅の木を見て歌を詠まれたそうです。それを受けて、昔は盛大な文化行事が行われていたと伝えてあります。境内には、多く二種類の梅の木が植えられていました。初春の頃は花が咲き香りが漂っています。私もまた初春の頃に、この熊野神社に参拝したいと思いました。
 蒸し暑い日でしたが、尼崎の歴史・文化に触れたようでさわやかな思いで参拝をしてきました。

 難波の梅の記念碑、佐藤栄作総理大臣の参拝記念に建てられたようです。

 熊野神社の近所に建っている、「難波の梅小学校」の門前で。

 この小学校は、改築工事が終了し学校を移転するまでの仮の校舎です。移転後は取り壊し、尼崎養護学校(尼崎特別支援学校)と公民館・集客施設として、生まれ変わる予定です。

masakiichiko | - | - | - |

どこに行っても、集団的自衛権行使容認は反対!撤回を!
 昨日は、「尼崎借地借家人組合」の総会に出席しました。この組合は阪神大震災の時、住む家をなくして途方にくれる人、借家を追い出された人の住まいを保障しようと「住まいは人権」「住宅は福祉」を原点にした、住まいを保障しようと立ち上がった運動団体です。全国組織ですが尼崎がその先頭に立っています。
 立ち退きや借家のトラブル、転居時の金銭的なトラブル等解決してくれます。私も何回か相談を、解決していただきました。
 借地借家人組合があるところは、古いプレハブで、天井はトタン張りで太陽の熱がそのまま室内の温度になり、クーラーが効きません。でもたくさんの人が集まってきました。結成されてからほぼ20年がたちます。


  狭いホールにたくさんの人が集まり、床が抜けないか心配しました。

 総会の後、日本共産党女性後援会で「集団的自衛権行使容認の閣議決定撤廃」の宣伝を行ないました。
 JR尼崎駅前で、女性4人が宣伝とビラ配りをしました
 引き返してビラをとりに来る人や、集団で歩いている中でビラを受け取ってくれる人、マンガで表現したビラを見てとってくれる若い人など、用意したビラが全部なくなりました。女性の人や若い人が良く受けっ取ってくれたように思います。
 JR尼崎の後も、武庫之荘に帰って、地元の支部と「集団的自衛権行使容認の撤廃を求める」宣伝を各地4か所で行いました。
 みなさん、この危機的状況に何かしなければと思っています。私がマイクもって宣伝している間に、各戸にビラを入れてくれました。

 今日は、朝は地元の団地をあいさつ回りをしました。昼からは西宮勤労会館ホールで「宇都宮健児講演会」がありました。テーマは「押し寄せる貧困と戦争への道」〜安倍政権の暴走をストップさせ、憲法改悪を許さないために〜。主催は憲法を生かす阪神連絡会です。


 会場は参加者400名で、熱気にあふれていました。

 宇都宮弁護士の話はとっても分かりやすかった。すべてに共感します。宇都宮さんの見解と日本共産党の方針がぴったしでした。宇都宮さんも「しんぶん赤旗」を読んでおられるのだ(?)と思いました。
 仝業の再稼働・原発の輸出  ⊆匆駟歉磴硫悪  8柩冉鵬の問題 ぃ圍丕个悗了臆叩 ´ス餡叛鑪特区構想  Χ軌蕕糧親芦重。 
 そして何といっても 改憲をめぐる情勢、集団的自衛権行使容認のアメリカとともに戦争ができる体制づくり。 自民党改憲草案の危険性  安倍政権の暴走をストップさせ、憲法改悪を許さないために。
 会場からの質問もあり、夢中で聞いてしまいました。共産党の経済政策、雇用や教育問題もいつもしんぶん赤旗に書いてある内容なのでとってもよくわかりました。参加者に知った顔があまりいなかったので残念です。政治的立場・イデオロギー的立場をこえてつながることの重要性、「同質の集団の集まりは和にしかならないが、異質の集団の集まりは積になる」と言われました。この会は異質の集まりで積になったと思います。 集団的自衛権行使容認の撤回を求める共同の輪を広げ、運動を高めていくことが必要である。と心底思いました。
 
 
 

masakiichiko | - | - | - |

あっ!セミの声
 梅雨の真っただ中、今日の蒸し暑いこと! 台風が近づいているせいでしょうか。
 今日自転車で、山手幹線を走っていると、セミの声が・・・いよいよ夏だな、と感じさせる風物詩でした。私はセミ一番の声には敏感です。昨年も「あっ、梅雨も終わりだな」と思ったことを覚えています。しかし今年は、大きな台風が日本に来ています。どんな大雨が降るのか不安です。

 そんな中、今日は広島に向かう平和行進の出発式がありました。今日は西宮に向かいます。稲村市長も激励に来られていました。「集団的自衛権行使容認の撤回を求めて声をあげていきましょう」と力強い挨拶されました。

 あいさつに立たれた稲村市長

 来賓を代表して、宮田県会議員があいさつを

 たくさんの人が行進に加わりました

 保育園の子どもたちも、一緒に歩きました。

 行進の先頭に

 市会議員は議会があるので、100mほど行進しました。暑くて、湿度が高くて汗が噴き出ました。今日の行進は、大変そうです。熱中症に気をつけて、暑くてもがんばれ!

 議会は、昨日新議長が決まったので、今日は新議長の下監査・農業・阪神水道議会や競馬議会などの、5つの委員会のポストを各会派話し合いで決めるのですが、なかなか話し合いが進まず、夕方まで待機の状態が続きました。
 明日も、常任委員会等の役職を決めます。

masakiichiko | - | - | - |

平和行進が尼崎入り
 今日から、7月議会が始まりました。7月議会は今年度の新しい議会の始まりです。それぞれの役割が新しくなります。
 今日は新議長と副議長を決めました。議長は公明党の杉山議員、副議長は新政会の上村議員に決まりました。共産党議員団も立候補を立てましたが、選挙で負けてしまいました。残念です。
 
 今日は平和行進が、尼崎入りしました。行進は伊丹から尼崎にバトンタッチして繋げました。
 
 長堀公園から市役所を通過したちばな公園で小休憩

 阪神尼崎に向かって行進します。
 
 私も、議会が終わって一緒に歩きました。蒸し暑い中汗が噴き出ます。

 阪神尼崎に着き、日本縦断をしてこられた4名の有志に激励

 平和を愛する人たちが集いました

 平和が危ぶまれている今、全国に平和・憲法9条を守っていくという行動は大切です。街頭からも激励の声を頂きながら、平和の旗を掲げながら、ひたすら歩きました。
明日は、たちばな公園で出発式を行い、西宮へと行進します。

masakiichiko | - | - | - |

楽しかった、赤旗まつり
 兵庫の「赤旗まつり」が神戸のメリケンパークで盛大に行われました。
 阪急三宮駅から徒歩で15分ほどで、メリケンパークに到着する予定が、道を間違えて、1時間半かかってやっと到着しました。神戸の街を一周するほど歩きました。到着したのが11時、すでにお祭りは人でいっぱいでした。
 
舞台ではたのしい催しが出演されていました

 一緒に行ったWさん

 田村議員と元議員の菅村さんと一緒に。

 会場でやっと会うことが出来た、仲間たち

 山下書記局長の記念講演には、人だかりができていました。

 途中で雨が降ってきましたが、小ぶりで涼しく感じました。
 山下書記局長の話は、集団的自衛権行使容認の閣議決定がされた、国会内外でのリアルな出来事を話していただき、これからも決してあきらめずに、閣議決定撤回を求めて運動を高めようと、勇気と希望が湧いてくるお話でした。

 来年の「いっせい地方選挙」の候補者のみなさんが舞台に並びました。兵庫県の期待を背負って、自信に満ちた姿が大変印象的でした。

 参加したみなさんの楽しそうな笑顔がステキな一日でした。家に帰り着いたら足が棒状態になっていました。ゆっくり風呂に入って、疲れを癒しました。1時間半、神戸をさまよったのがこたえました。

masakiichiko | - | - | - |

集団的自衛権行使容認の閣議決定に、怒りの訴え
 昨日7月1日に、自民党・公明党の密室審議の中で、閣議決定が決まりました。大変なことです、憲法9条をないがしろにして「海外で戦争する国」になってしまう。子どもたちや孫たちに安心して住める平和な日本をバトンタッチできないと思いました。でもまだ決まったわけではありません。これからがたたかいに正念場です。世論に訴えて反対の声を出していかなければ・・・
 今日は、志位和夫委員長の「集団的自衛権行使容認の撤回を求める」声明を何回も読んで、頑張ろうと思いました。
 平和だからこそ、人の自由・民主主義が発揮できます。自由を守れ! 民主主義を守れ! 平和を守れ! 暗黒政治は真っ平です。


 突然の宣伝行動に8人が集まりまり、ビラ配布をしました

 私の演説にたまりかねて、今西前市議が助っ人に入ってくれました。

 私の訴えは、力が入りすぎました。反省しています。駅前のビラ配布も受け取りが良かったようです。

この子らに明るい未来を・平和な日本を!

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER