| main |
インフルエンザワクチン接種費用緊急要望


インフルエンザワクチン接種を、生産が追いつかないために、国はリスクに高い妊婦、基礎疾患のある方、幼児などワクチン接種の優先順位を決めています。
あわせて生活保護、中国残留邦人、住民税非課税世帯、公害病患者については無料接種と決めました。
しかし、助成対象者以外の方たちは、2回6,150円、1回3,600円の負担です。
新型インフルエンザは、感染力が強いのが特徴です。学級閉鎖も相次いでいます。学校運営にも影響が出ています。優先接種の対象とされていても、経済力によりワクチンをあきらめざるを事態を生まない対策が求められています。
要望事項
1、無料接種の所得制限の緩和、接種費用の軽減など市独自の助成を行なうこと

市長に、要望書を提出しました。あいにく直接面談をすることは出来ませんでした。
毎日のようにしんぶん報道に、インフルエンザによる死亡報道がされています。多くの人が合併症で苦しんでおられることが想像できます。
インフルエンザに感染しても、健康な体に回復できるように、一刻の早く予防接種が出来、安心してくらせるようにしたいものです。お金のあるなしで、人の命が脅かされてはいけないと思います。

masakiichiko | - | - | - |

映画「沈まぬ太陽」を見ました。




映画の写真がありません。昨日、COCOEで「沈まない太陽」原作、山崎豊子
航空会社で働く労働組合の委員長が会社によって、海外に左遷される。それでも会社と労働者、航空の安全を守るため、自分の信念を曲げない男の映画でした。日本航空の墜落事故とからませてのドラマでした。最初から緊張感があり、3時間半の大作でおもしろかったです。渡辺謙がステキでした。

写真の車椅子は、ずいぶん長いこと使って、もう捨てる寸前だったのが持ち主が現れ、このだび新しいもち主にお嫁入りすることになりました。
錆がしどくて、これでは気持ちよく使用できないと思い半日かかって、錆をみがきどうにかきれいになりました。しんどかったけど、きれいになったらとってもうれしくて、いとおしくなりました。大切にされることを期待したいけど・・・
やっぱし、新しいものには負けてしまいます。
次の持ち主さんのために、心を込めて磨きました。

masakiichiko | - | - | - |

秋はイベント満載です。











この土日は、各地で多くのイベントが行なわれました。招待があったらできるだけ参加しようと、自転車で走り回りました。

 イベントに楽しく参加しました。実行委員会の方は参加者を楽しませるために、頑張っておられます。高齢者の方の踊りには、感動しました。私もこんな風に年を重ねて行けたらいいなと思いました。

 私は、2回の市政報告会を開きました。初めての報告会で人が集まるか心配でした。でもたくさんの人が参加してくれて、大成功でした。
多くの方に支えてもらいながら、私がここに立ってていることを、実感しました。
 先輩議員が応援に駆けつけてくれ、私のつたない報告をしっかりフォローして頂きました。感謝感謝です。質問に答えてくれる先輩を、見ていてまだまだ全くわかっていない自分を戒めました。
 夕方、「塚口病院の存続と充実を求める会」で宣伝や総会に参加しました。地域の健康と命を守る運動です。会場からの活発な意見、提案がなされたとっても充実した会となりました。疲れていて、参加をためらっていましたが出席してよかった。得した気分で家に帰りました。

masakiichiko | - | - | - |

東北へ視察に行きました






 初めて東北に行きました。写真,論慌の北上川につながる中津川です。もうすぐ鮭が卵産みに登ってくるそうです。卵生んだ後は鮭の死骸でいっぱいになります。とっても美しい川でした。
 △鰐声44年に造られた、岩手銀行です。国の重要文化財です。赤いレンガが美しい建物でした。今も銀行として使われていました。
 は十和田市役所前の町並み道路です。町全体がアートです。近くには美術館があり、街中は馬のモニュメントがあちこちに建っており、桜と松の木が側道に立ち並んでいました。春になるととっても美しく桜が咲き、観光客でいっぱいだそうです。少し離れた、閑散とした駅前とシャッター通り商店街とは格差がありました。郊外に大型ショッピングセンターが出来て、多くにお店が閉まっていったそうです。
 今日は仙台市役所で、市営バス、宮城交通バス、仙台市地下鉄の敬老乗車証制度について、学習してきたことを報告します。
 H14年から第1種:年間のフリーパスを、生活保護、非課税世帯の方は1000円。その他の方は5000円でパスを購入する。
第2種:利用上限10000円までの使用を限度として、無料でパスを交付します。年間使用で上限を越えたら、後は実費負担となります。
この2つの制度を選ぶことが出来ます。全対象者の72%の方に交付しています。利用者から、外出意欲が喚起されるとの意識が強く、日常的に乗車証を利用して外出することが健康つくりの面で好影響であるとして、制度継続を希望する声が多いとの評価でした。
 第1種、2種の比較は、1種が多いものの近年では、2種を選択する利用者が増加傾向にあるとの見解でした。
 近年では、利用者の3人に1人が第2種乗車証を選択されている。そのため、
利用者負担金収入(総額の半分は市の一般会計に充てる、残りの半分は各交通事業者に配分)についても、交付対象者の伸びと比較して伸び率が鈍化している。ここ数年、予算時における歳入見込みを決算時下回る実績となっているそうです。
 市の考え方として、健康寿命を伸ばすため、高齢者に対しても引き続き外出援助を促進していく必要があると判断し、低所得者に利用しやすいサービスを提供するという考え方で実施されているのが、うれしく思いました。そして市は、市営バスも民間バスも存続運営ができるように、協議をしながら勧めていました。そこがすばらしいと思いました。

masakiichiko | - | - | - |

鳥取県水木しげるロードをたずねて






24日に久しぶりの夫婦旅行に行きました。子どもが水木しげるロードに行って来たと聞いて、「私達も行きたい」と一致して、今の時期に行こう(議会の選挙の終わって一息ついた時期です)という事になりました。いつもは夫のことを放っているので、悪いなと思っていました。そんなことで今回は2人で小旅行と言うことになりました。

夕方かた夜にかけての山道の高速は、トンネルが多く、ライトはないし少しこわかったけど、無事鳥取に到着しました。

水木しげるの生誕地は、町全体が鬼太郎ワールドの観光地です。観光客も多くにぎわっています。小雨の中たくさんの妖怪たちに出会いました。資料館にもいきました。水木しげるさんは大正生まれで、瀕死の状態で戦場から唯一生き残って帰ってきた人です。小さい時からおばあさんに妖怪の昔話を聞いて育ったそうです。若いときは売れない漫画家で貧しい暮らしをされていました。晩年はあのユニークな正義の味方の妖怪たちを、海外でも描き鬼太郎ワールドを作った人です。その中には平和を願い、日本の文化を愛した人生がありました。

日本海のおいしい刺身を食べて、温泉に入り日ごろの緊張感から開放された一日でした。

masakiichiko | - | - | - |

道路のくぼみが補修されました
  

  

水堂町のJR高架下の車道の、くぼみが補修されていました。10月11日のブログに乗せました。道路整備課にあぶないのですぐになおしてくださいとお願いしたものです。
欲を言うなら、もっときれいに補修してほしかったのですが、まずは安全な道路になったことが、うれしいです。
なによりも、すぐに対応していただいたのが、誠実でいいなと思っています。

私が、市会議員になって5ヶ月、生活相談も35件になりました。仕事がない、生活が大変、とうい切実な相談が多いです。転びそうな危険な道路をなおしてなど、解決できることからなかなか複雑なことまで、悩みはいろいろありますが、誠実に答えていこうと思います。解決できたときの、うれしい「ありがとう」がなによりの糧です。

地域で頑張っている、同士からFAXが届きました。「議員らしくなった」とほめてもらいました。とってもうれしいです。(同士の目はたいへん厳しいものがあります)まさきいちこ、今日もがんばります。

masakiichiko | 地域の要望 | - | - |

cocoe内覧会に行きました






JR尼崎駅から直結している、COCOEは阪神百貨店が入っている、高級感ある、ショッピングセンターです。10月20日にOPENです。
もちろん百貨店には、タイガースコーナーもありました。雑貨や小物、ファッションと目を奪われそうです。
デパ地下やスポーツクラブ、映画館もありました。
若いファミリーがターゲットだそうです。夕方のニュースでも放映していました。
あまがさき緑遊新都心なので、みどりを探しましたが・・・。駅からの通路においてあるプランタンの鉢植えしか、見当たりませんでした。

masakiichiko | - | - | - |

岡山・鳥取めぐりに行きました






 治安維持法国賠同盟の尼崎支部の研修旅行(?)に参加しました。
 研修と慰安をかねた、楽しい旅行でした。バスで岡山県奈義町で共産党の町会議員のMさんに旅の案内をしていただきました。
 まずは片山潜の生誕地、美作をたずねました。片山潜の資料館がありました。慰霊碑と共に親族の方がしっかりと守っておられました。
 片山潜は、在米日本人社会主義グループの結成、アメリカの反戦活動家と一緒に活動をし、ロシア革命とその指導者レーニンの「国家と革命」に学んで共産主義者となり、アメリカ共産党、メキシコ共産党の創立に力を尽くしました。その後モスクワに渡り、1922年にはコミンテルンの執行委員会幹部会員に選ばれ、日本共産党の設立や綱領作成など。日本の共産主義運動を指導した人です。
 湯原温泉で日ごろの疲れを癒し、25名の仲間と語り合い(衆議院兵庫8区候補者庄本えつこさんも一緒に)楽しいひとときをすごしました。
 2日目は蒜山高原、大山のふもとで名物のソフトクリームを食べ、名産の漬物や野菜を買い込んでを、鳥取の花回廊に行きました。真っ赤なサルビアのじゅうたんの向こうに見える大山が見事でした。
 はじめての参加でしたが、初めての方も和気藹々に仲良くさせてもらって、来年も行こうねと約束して、楽しい2日間が過ぎていきました。
 案内していただいた、M町会議員さん、奈義町では唯一の共産党町議です。町民のための政治を頑張っておられる姿に、勇気を頂いた旅行でした。
 

masakiichiko | - | - | - |

国保制度の改善を求める交渉



 尼崎民主商工会が、国保課と国民健康保険制度改善を求める要望書を提出し、懇談会を開きました。私はそのようすを傍聴させていただきました。
1、払える国保料にするため、国保料を引き下げること。
2、加入者の窮状に配慮した、使いやすい市独自の減免制度を創設すること。
3、「資格証明書」や「短期保険証」の交付を行なわず、全世帯に無条件で正規の国保証を発行すること。
上記のことを、市長宛に要望しました。

 ある高齢者の方は、「年金では生活費、医療費に使ったら食事費が出せない。医療費の200円を出すために、食費を削っている。弁当を一個買って、3回に分けて食べている。」
「どうにかして保険料は払っているけど、おなかが痛くなっても、医療費の窓口で払うお金がなくて病院に受診できない。これじゃ、何のための保険料かわからない」と訴えておられました。

 民商の会員さんは、商売人や零細業者の人たちが多く、商売が苦しい上に国保料の負担が重たく、のしかかってきています。そんな実情を知りながらも、国保料を払えない人たちに、短期保健証から資格証明証を発行しなければならない、国保課の職員さんもつらそうでした。
 市の財政が苦しいということは、弱い立場の人のサービスを削る、非情なことだと身にしみました。今こそ、国に地方交付税を増やすように求めることが必要です。
 尼崎に住んでる市民の暮らしを守るため、草の根の戦いが始まっています。たいへん勉強になりました。

masakiichiko | - | - | - |

新婦人フェステイバル、楽しかった


 新婦人のフェスティバルに参加しました。400人以上の参加でした。多くの女性の大会です。若い人から高齢の婦人、子育て中の人、働く人、地域を守っている人、趣味を生かしている人、みんな生き生きしていました。
 楽しくて、昼からは尼崎の市民祭りに行こうと思っていましたが、出し物を見たり、食べたり、手作りの品をみたりして最後まで参加しました。
 新婦人は、女性の視点で安心して子育てが出来るように、働けるように、弱い立場の人が暮らせる様にと、助け合い、また行政に要求したり署名運動したりと目的意識を持って、地域に根ざしている草の根の活動です。
 とっても意識の高い女性の集まりです。趣味も多彩なものがあります。
詩や童話の朗読、着物、手芸、絵手紙、ダンスなどなど。私も何か趣味を持ちたいと思いました。
 夜はお月見に参加しました。地域の共産党後援会で毎年行なっています。
手作りの料理がおいしくて・・・。アコーデオンの伴奏で歌って、三味線と歌で踊って、楽しいひとときでした。準備が大変だったと思います。本当にご苦労様でした。美しい満月と涼しい風が平和っていいなと思いました。
 今日は楽しい一日でした。また明日から頑張ろう。

masakiichiko | - | - | - |

ちょっと感動でした

 私が感動したのは、美しい夕日ではありません。
 『しんぶん赤旗』です。新人議員になって、新しい制度がどんなものかをインターネットで調べたり、当局の人に聞いたりしていますが、『しんぶん赤旗』に知りたい内容が載っていたときの感動があります。
 議会質問の時にはインフルエンザの厚生労働省の方針。先日は健康福祉委員会の時には、離職者の住宅費支給制度、職業訓練中の支援制度のこと。昨日は出産一時金が医療保険から医療機関に直接支払う制度のこと、公契約条例制度について載っていました。
 新人議員にとって、党の方針、内容の問題点や課題が明快のわかるので、まさしくテキストとなっています。
これまでは目に入らなかった記事が、目にとまるようになりました。まだまだまだ極一部ですが・・・
 市会議員団の会議と新聞の内容(国の制度)が結びついていることが、私にとってはとっても新鮮です。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2009 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER