| main |
TPPについてと交通公園の今後のあり方について質問しました。
 TPP参加は、今後の日本の動向が問われる、大変重要な制度改悪です。TPP参加は農産物の輸入の完全自由化による農林漁業と国民の食料危機、「非関税障壁」の撤廃による、食、医療、公共事業の発注、労働などあらゆる分野で規制緩和が行なわれます。

「食料自給率を大幅に低下する問題」「TPP参加による国土の崩壊」「食の安全はどうなるのか」「金の切れ目がいのちの切れ目、医療崩壊」「公共事業は国際入札となる、地域経済への影響」「ISD条項の危険性」を項目別に尼崎市にどのような影響があるのか、質問しました。
 TPP参加で地方自治体や国民の暮らしに、「百害あって一利なし」です。「尼崎市として政府に、TPP参加反対の意思書を提出してほしい」と要望しました。
 副市長は「尼崎の中小企業は輸出にかかわる部品も作っている。そんな企業にはメリットになる。意見書の提出はしない」との答弁でした。
 会場からは「そんなことは、首相に言え!」などのヤジがとびました。
私は、地方議会でも議論し、その是非は、政府に意見を言うべきだと思います。
 
 西武庫公園の移譲に関して、兵庫県はH23年度末に、尼崎市に移譲をしていきたいといってきています。今、交通機能や管理棟の改修の協議中です。地域住民は「市民参加でどんな公園にするか検討してほしい」と要望しています。
 私は‘崎市は、住民合意が得られない限り、県立公園としての存続を求めるべきである。地域住民とどんな公園にしていくのか、話し合いをもち意見を聞いてほしいと希望している。と質問しました。
 当局は「移譲時期については、県と協議中である。市民の意見は聞いていきたい」との答弁でした。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2011 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER