| main |
宝塚市で「矢野ゆたかさん」講演会がありました
 東京都狛江前市長、4期16年間、日本共産党市長として市民生活優先・クリーンな市政実現された、矢野ゆたかさんです。
 宝塚市では来年市長選挙です。市民派市長「中川ともこ市長」の再選にがんばる、明るい宝塚民主市政をつくる会が主催した、矢野ゆたかさんの狛江市再生の「市民が主人公のまちづくり」をお聞きしました。共産党の市会議員6期務めてからの、市長です。共産党であるゆえに、市幹部からの反発や保守系議員からの妨害がありましたが、市民とともに歩むまちづくりを徹底して貫き、〆討喇埔融が生まれない仕組みつくり。➁市民生活優先への転換。をすすめました。
 長時間のお話でしたが、矢野前市長の奮闘ぶりが目に見えるようでした。話に吸い込まれていきました。
 矢野ゆたかさん 

 狛江市の財政再建のために行革は「社会的に弱い立場の人々に最大限配慮する」ことに一線を引きました。苦しい財政の中でも、‖針爐任禄蕕瓩峠学前までの乳幼児医療の無料化・中学卒業までの子ども医療の無料化。➁多摩で2番目に学校司書全校配置。小学校6校に対し11施設の学童クラブの配置。を実現しました。今では子育て世帯の居住が増えています。
 国立市元市長の上原公子さんもあいさつ

 中川宝塚市長も駆けつけられました
 中川市長のざっくばらんな人柄に、驚きました。市民に安心して自分をさらけ出している感じに好感が持ちました。この市長はきっと非常時には、いち早く、適切な指示を出すんだろうなと思いました。熊本地震でも、宝塚市民病院の医師2人、看護師5人の救急チームを派遣したそうです。さすがです。

 尼崎からは私と川崎議員が参加しました。ちなみに尼崎市も熊本地震の救助隊として、いち早く救急隊員・保健師・家屋の倒壊診断をする専門家を熊本に派遣しています。全国から救助隊が熊本に結集しています。
 

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER