| main |
9月議会、文教委員会が終わりました
 9月議会の文教委員会では、中学校給食検討委員会の立ち上げに際して、条例の制定が議案にありました。11人のメンバー構成です。学識経験者3名、PTA連合会から2名、小中学校校長が各1名ずつ、小中学校教員が各1名ずつ、市民の代表2名の全部で11名。私は11名では少なすぎる、市民の代表の人数を増やせと求めました。市長の公約であり、「中学校給食を早期に実現せよ」の署名が多く集まりました。尼崎市の中学校は現在は19校、その規模からいっても、市民の期待と関心度から言っても、11名では少なすぎると主張しましたが、検討委員会を立ち上げることは私たちの希望でもあります。市民に開かれた委員会である、答申が出たら市民に説明し意見を求めるとの約束をして「賛成」しました。

 請願で「教職員の配置の充実についての請願」が兵庫県教職員組合から提出されました。趣旨は、‐学校3年生以降も35人学級の早期実現 ➁小規模な小中学校が地域住民の合意のもとに存続できるように、支援拡充を求める F段婿抉膓軌蕕亡悗垢覯断枋蠖改善の必要性。これらを国に求めよというものでした。,鉢は市教委も県や国に求めている内容であり、➁は国が一律・機械的に学校の統廃合を決めるなというものであり、私は国に意見書を出すことは「賛成」です。H28年の予算編成に間に合うように市議会としても要望書を早期に提出しようと採決を求めました。
 しかし、新政会・公明党・維新会が「初めての案件であり会派で話し合っていない」との慎重論が出ました。私は「次回までに結論を出し、採決してほしい。」と主張しました。
 文教委員3年目ですが、やっと自分なりの主張ができるようになったなと思えた委員会でした。全案件で発言することができました。でも委員会も本会議以上に緊張します。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER