| main |
自治体学校に行って、学習しました




先日、県の自治体学校に行き、学んできました。半日の参加でしたが・・。
「政権交代のもとでくらしと地方自治はどうなる」立命館大学教授 加茂利男先生
の話でした。
 先生は今は講義するのを引退したので、講義方法を忘れてしまいましたと、冒頭で言われましたが、乗ってくるとわかりやすくとても興味深い内容でした。
 政権交代の中、自民党の組織、基盤の解体:派閥も後援会も政財官システムもいったんバラバラに。簡単に復元しそうにない。民主党のマニフェストが新政権への支持を膨らませ、求心力をつくった。しかし期待は大きく、実現は難しい。小泉改革によって踏みつけにされた国民生活が、劇的な選挙結果となった。
 民主党のマニフェストの矛盾:新福祉国家化、ニューバージョンの新自由主義か、「生活第一」のキャッチフレーズ、小さな政府・公務員批判の思想など、     々餡噺務員20%減、比例代表定数80%減、ダム凍結、事業の仕分け
∋劼匹蘯蠹て、高校無料化、農家個別補償、医師1.5倍増、後期高齢者医療制度の廃止
入り混じる構造改革路線と「友愛」路線:戦略としての是々非々
「構造改革」による国民の貧困化、様々な難民達が生まれている。今年も「年越し、派遣村」ができる。
地方自治改革:平成の合併により、この日本から過疎の村が消える。都会でもシャッター通りとなっている。道州制はいったん後退した。

先生は、今大阪の岸和田市長選挙に注目しているそうです。市役所の職員が市民と再生ネットワークを懇談してきました。【財政改革を市民から提案された】職員と市民の連帯で出来た、市民ネットワークから市長候補者(民主・共産党が推薦)が生まれました。大変期待をしていると言われました。
世の中の転換期にある今、希望を持ってワクワクしながら動向に注目していきたいと思います。先生は、民主党政権への、期待と危機感をわかりやすく話をして頂きました。私達は市会議員として、しっかりと市民の暮らしを支え、守る方向で頑張っていきたいと思います。

昼のシンポジュームにも参加したかったのですが、「9条の会・尼崎ネットワーク 結成4周年記念の集い」に参加をしました。アコーデオン演奏がすばらしく、庄本えつこさんとよしむらたまみ議員の歌声がうつくしかった。感動しました。被爆体験の紙芝居には悲しくて涙がでました。
記念講演の「今こそ平和憲法を守れ」弁護士の中北龍太郎さんの話は、アメリカいいなり戦争協力でなく、今こそ憲法の大切さ、9条を持つ国としての声を上げていくべきだと、強く感じました。有意義な1日でした。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER