バスケットコートが復活し、子どもたちが楽しんでいました。
 ブログで10月の初めに、バスケットコートが壊れていると報告しました。公園課に直してほしいと要望すると「子どもたちから直接電話がありました。壊れないバスケットにするよう、業者に頼んでいます」との返事でした。
 壊れたバスケット(武庫川河川敷)

 それから3週間くらいたって、「バスケット直っているよ。子どもたちがよく遊んでいる」との近所の人が伝えてくれました。
 修理したバスケット、子どもたちが大喜び!

 バスケット一つでも、子どもたちはルールを決めて遊んでいます。
 私が写真撮りに行くと、「おばちゃん、近づいたら危ないで〜。どいて」と言われました。私は「ごめんごめん。一枚だけ写真撮らせて」といいました。
 子どもたちはバスケが直るのを心待ちにしていたんだろうな。と思いました。公園課にはたびたび修理をお願いしています。籠にぶら下がらないようにしましょう。(今バスケットの試合でも、それが主流になっているので仕方ないとも思いますが・・・)
 この場所は市の政策でもある「青少年の居場所つくり」にもなっています。良いところです。このバスケットコートが出来たのは、14年くらい前の中学生の奮闘があったからです。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER