| main |
「生活保護問題議員研修会」in長野、参加しました。
 長野県の信州大学キャンパスで行われた研修会、大変有意義なものでした。ほぼ毎年参加していますが、今回は参加人数が多かったようです。全国から集まった地方議員の研修会です。
 相対的貧困率が16.1%(H24年)から15.7%(H27年)に下がったと言いますが、景気回復の実感は全くありません。特に高齢者の年金が年々減らされ、年金では生活できない最低生活基準を下回る下流老人が増えているというのが、日々の生活の中では実感しています。
 会場は超満員の研修会でした。大成功です。

 1日目は、基調報告「生活保護の動向と生存権の保障」、講演1「メディアから読み取る生活保護と子どもの貧困」、講演2は「医療現場からみえる子どもの貧困、特別報告1「当事者の声を聞く、生活保護実態調査をふまえて」、特別報告2「私のまちの生活保護、議員としてのチェックポイント」
 盛りだくさんのスケジュールで、聞く方もちょっと疲れました。どれもリアルな実態、当事者の声を反映させた取り組みで、問題を提起されており、時々は感極まってジーンとくる場面もありました。高齢者の問題は、これからどれだけの年金を支給されるかわからない私のくらしにとっても、他人ごとではありません。我がこととして高齢者の生活によりそえる議員でありたいと思いました。

 わが町でも頑張ってくれている生活保護課の職員に、エールを送ります。つい先日、電話がありました。若いころから頑張って働いてきた元大工さん。年とともに仕事がなくなり、シルバーの仕事と貯金を取り崩して生活してきましたが、年金を賭けて来なかったため、生活できなくなりました。保護課に行くとその日に申請を受理してくれました。諸手続きが終わり、「生活保護費が入りました。ありがとう」という電話でした。当事者の生活に寄り添って頂いた、職員に本当に感謝です。当事者は真面目で明るい人です。これからは孤独・孤立しないように見守っていきます。

 1日目の講演では、医療の現場からの子どもの貧困を話していただいた、民医連小児科の医師の報告が良かったです。医療の現場では貧困が見えそうで見えない、いや医療者は見ようとしていないのかもしれません。とくに定期受診しない子どもに対しては「親が悪い」の一言で済ましてしまいがちです。なぜ受診しないのか、症状悪化で夜中に受診せざるを得ない、子どもになぜ?と問いかける勇気が必要だと教えられました。そこから見えてくる真実が解決の一歩です。
 一人の医師として頑張るのではなく、スタッフがそれぞれの立場で支援すること。見えにくい子どもの貧困は、見ようとしたら、疑問に思ったら、必ず見えてくる。そこに解決策が見えてきます。
 その先生が「すべての子どもが、ちゃんと治療ができるように、所得制限なし、窓口負担なしの医療費の無料化が必要です」ときっぱり言われていました。

 2日目は分科会で、私は「自治体で考える住宅セーフティーネット」に参加しました。
 生活相談で高齢者の住宅確保できず、自分の無力を経験したからです。国や市の制度で、低所得者(生活保護者には住宅扶助がありますが)の住宅家賃の補助制度があったら、この高齢者は救われたからです。
 そしてH29年4月26日に国会で「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律」ができ、公布されました。国は今動いています、市も市民にとって有効な法律はどんどん利用して、困っている市民を救うべきです。
 制度は、―斬雎諒殕彷枸玄垳け賃貸住宅の登録制度、➁登録住宅の改修や入居者への経済的支援、住宅確保要配慮者の居住支援の、3つの柱から成り立っています。この制度をどうしたら利用して、住宅費が高いと悩む市民、エレベーターがないと困っている市民、住宅が狭いと思っている市民の悩みに寄り添えるのか、解決に向けて制度の導入を自治体として向き合っていかないといけないと思いました。

 帰りに女性議員で記念写真を。

 長野駅がとっても素敵だったので、掲載しました。
 
 一泊二日の研修は、めいっぱいの講義と片道30分の徒歩で疲れました。たくさん学んだあとの、夕食は美味しかったです。
 金曜日の夜、ホテル近くの繁華街は、食事する店がお客さんでいっぱい。何件か訪ねてやっと高級?居酒屋さんで6人で夕食をしました。昼食は時間がなく駅前の立ち食いソバ屋さん(信州そばでとってもおいしかった)でした。お腹ペコペコでした。出てきた食事があっという間になくなるという勢いで、食べました。イワナの塩焼きが美味しかったです。
 長野までは、名古屋まで新幹線、その後は特急「しなの」で行きました。しなのの片道3時間はちょっときつかったです。改めて長野は大きな県だと実感しました。車窓から見える、山並みと麓の街、段々畑と果樹園の風景が美しく、素敵でした。

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER