「中学校給食基本計画」素案に対する、パブリックコメント実施中
 中学校給食の実施に対して、教育委員会は「5年後に1か所の給食センターで11000食を作る」と素案で示し、市民にパブリックコメントを募集しています。それも素案に対する市民説明会は実施していません。

 私たちは、先日は高槻市が行っている「親子調理方式」について聞き取り調査に行きました。親子方式は経験がないので、メリット・デメリットを検証するためです。高槻市では、中学校18校中、4校で自校調理方式、14校が親子調理方式を実施しています。給食実施の経緯を聞き取り調査しました。本当は現場を視察したかったのですが、急な申し入れでそれはかないませんでした。

 共産党議員団は、基本計画の素案について各地7か所で説明会を実施しています。私たちは、1っか所の給食センターで、11000食作るのは、無謀なことだと思っています。これでは大量に生産するために、オートメーション化するものです。これでは手をかけて手作りの給食を作るのでなく、工場で生産するということになり、もはや給食とは言えません。
 私たちは小学校を行なっているように自校調理方式を求めています。中学校の敷地の関係からできない中学校は、近隣の小学校で調理して運ぶ、親子方式が望ましいと思っています。
 各地の説明会でも、「5年後なんていつまで待たせるのか」「中学生に安心安全な最良の給食を作ってほしい」等の意見が出ました。
 教育委員会にパブリックコメントを送って、市民の希望にこたえた給食方法で実施してほしいと願うものです。

 ところで、最近になって教育委員会のHPで掲載されていた給食のパブリックコメント募集のアドレスが間違っていたことがわかりました。早速市民が指摘し、修正がされました。しかしこれまで送っても届かなかったという苦情がありました。共産党議員団は.僖屮螢奪コメントの期間を延期すること。➁市民説明会をいまからでも開催すること。を申し入れしました。
教育委員会に申し入れしました

 結果、「パブリックコメントの期間を延期する」との連絡が入りました。12月8日までに募集期間が延期されました。市民のみなさんが自分の意見をパブリックコメントに託して頂けたらいいと思います。
 

masakiichiko | - | - | - |

TOPへ
PROFILE CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ABOUT SITE REPORT NEW ENTRIES CETEGORIES BACK NUNBER